白川英俊 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】 発泡マイカ製の振動板の音質を改善し、WF用に限らずフルレンジ用のスピーカとしても使用可能とした電気音響変換器用振動板を提供する。【解決手段】 発泡マイカ製の振動板基材の少なくとも一方の表面にスキン層を設け、各種物性を向上させ、中高域の音質を改善し、フルレンジ用スピーカにも使用可能とした。

    電気音響変換器用振動板

  2. 【課題】 電気音響変換器用磁気回路を構成するマグネットの形状を生産性の高いものとし、同時に、高い磁気特性が得られる成形法と磁石材料の採用を可能とし、高性能で安価な磁気回路を提供する。【解決手段】 磁気回路を、ポールピース11を直立させたほぼ四角形のボトムプレート12と、ポールピースの周囲に配置したほぼ四角形のマグネット13と、マグネットの前面に配置して中心孔14の...

    電気音響変換器用磁気回路

  3. 【課題】 外周が円形のコーン型振動板において、単純な形状で分割共振の周波数を分散させると共に、製造が容易な振動板を提供する。【解決手段】 外周が円形のコーン型振動板において、前記コーン型振動板2の内周のボイスコイルボビン接合部1から外周縁までの高さhが一定で、前記コーン型振動板2の内周のボイスコイルボビン接合部1から外周までの長さが連続的に変化する構成とした。

    電気音響変換器用振動板

  4. 技術 スピーカ

    【課題】 振動系に重量があっても磁気ギャップの所定位置にボイスコイルを保つことができ、振動板をピストンモーション可能に支持し、音質を良好としたフラットタイプのスピーカを提供する。【解決手段】 振動板2を平面から見てほぼ矩形状に形成する。この振動板2は側面から見ると弓状に湾曲形成され、振動モードの節をドライバ3で駆動する。また、振動板2の一端部は回動可能とし、他端部...

    スピーカ