畑中廣美 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】AI判断で化粧のり度合を指数表示で表わす化粧画像機及び計測方法を提供する。【解決手段】AIの時代に入り、AIを化粧のりに活用する手段として、AIで画像処理のソフト又はアプリを搭載した、カメラ機能付きパソコンやスマホ又はタブレットの媒体と、化粧画像機に代わることで、従来の化粧方法に代わりAIの判断で化粧する画像機器へ転換する。

  2. 【課題】今の医療用画像スキャンの診察は医師が目視で判断し、患者又は検診者が医師の言いなりに聞いている現状の検査方法に疑問あり、医科学的な手段で判断する必要があり求められていた事からAIの活用で診察するのが課題であった。【解決手段】本発明の医用画像スキャンを機械学習させたAIと組合せ症状度合いを数値で判断し画像に表示する検査方法は、近代的医科学に基づく正確な診察は時代の...

  3. 【課題】脂肪やコレステロールなどを体外に排出する働きがあり、更に肥満につながる糖質が体の中に吸収される速度を遅らせ、急激な血糖値の上昇を抑える働きもある蕎麦をラーメンとミックスさせた蕎麦風味ラーメンの製麺方法の提供。【解決手段】蕎麦粉に長芋・山芋・布海苔、つなぎ、水及び鶏卵をミキシングして作成した蕎麦の麺帯と、又、小麦粉にかん水と天然着色料に水を加えてミキシングさせた...

  4. 【課題】医用画像を用いてAIが診断する診断方法を提供する。【解決手段】医療用画像撮影装置(「モダリティ」と呼ぶ)で撮影された画像スキャンの診断において、目視と読影診断に加え、人工知能(以下「AI」という)を活用して診断を行う。医用イメージング形態毎に過去の症例画像データを基に、専門医師(以下「教師」という)が操作により撮影画像の症状部位を円形状に囲み、その部位に進行度...

  5. 【課題】今の自動車における、操作機能は英語の記号が多く使用され簡単明瞭さは評価されるが、ドライバーが健常者に限る場合を想定した仕組みであり、高齢ドライバーが増加する昨今では、誰もが自然体で焦らずに操作が可能なシステムを求めており、表示方法を時代の変化に適応した機能に改善することが課題であった。【解決手段】 本発明の自動車用表示盤による文字図形...

    自動車用表示盤による文字図形で喚起する表示方法。