田端淳 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】リニアソレノイドバルブの調圧状態において、リニアソレノイドバルブの振動に起因する異音の発生を抑制する。【解決手段】パイロット圧Psltの調圧範囲として異音発生調圧範囲Rslts内においては、制御指令信号Ssltとして、異音の発生を抑制する発音抑制用制御指令信号Ssltrが出力されるので、制御指令信号Ssltにおける制御電流値Isltを変更することによってパイロ...

    リニアソレノイドバルブの制御装置

  2. 【課題】自動運転中の機関の暖機期間を短縮することができる車両の制御装置を提供する。【解決手段】車両10の自動運転では、前記機関の運転点を予め設定された燃費最適運転点Nに制御し、自動運転中であってエンジン14の暖機要求時には、エンジン14の運転点が、燃費最適運転点Nからエンジン14の高回転側へ離れて設定された暖機運転点Dへ変更される。これにより、自動運転でエンジン14の...

    車両の制御装置

  3. 【課題】モータ走行モードでの走行に際して、電動式のオイルポンプが能力不足の状態であっても、動力伝達装置にて必要な流量の作動油を適切に確保する。【解決手段】モータ走行モードでの走行に際して、EOP60が能力不足の状態である場合には、両駆動モータ走行が禁止されて、単駆動モータ走行にて車両10が走行させられると共に、MOP58を回転させるように第1回転機MG1が制御されて、...

    ハイブリッド車両の制御装置

  4. 【課題】電動式のオイルポンプの高出力化を防止しつつ、作動油の温度が低い状態のときに作動油の流量を適切に確保する。【解決手段】モータ走行モードでの走行に際して、作動油温THoilが所定油温T1よりも低い場合には、MOP58を回転させるように第1回転機MG1が制御されて、MOP58によって作動油oilが吐出させられるので、EOP60によって低油温時に必要な流量の作動油oi...

    ハイブリッド車両の制御装置

  5. 【課題】車両における走行性能が制限されるときに、退避走行を適切に行う。【解決手段】S10においてフェールセイフモードが成立したと判定される場合は、S20においてフェールセイフモードの成立時に使用できるエンジンと第2回転機との状態及び車両の持つエネルギーに基づいて残走行可能距離Dfsが算出され、S30において使用可能駆動トルクTrfsが算出され、S40において自動運転に...

    車両の制御装置