田中雅人 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】上部トレーを底上げ台として簡単に使用できるようにする。【解決手段】陳列収納箱1は,対向する天面部12および底面部14と,上記天面部12の外縁と上記底面部14の外縁を結ぶ壁面部13,15,16,17を備えるもので,上記壁面部に,上部トレー1Aの壁面部と下部トレー1Bの壁面部の一部を繋げる回転面部15cを残して上記陳列収納箱1を下向きに開口する上部トレー1Aと上向...

    陳列収納箱

  2. 【課題】光電スイッチの受光部で受光される光量に対する閾値を適切に設定可能とする。【解決手段】光電スイッチの受光部で受光された光量の時系列データを取得するデータ取得部1と、データ取得部1により取得された時系列データを示すグラフを表示するグラフ表示部2と、切り取り時間の指定を受付ける時間受付部3と、データ取得部1により取得された時系列データの上昇部分における点と下降部分に...

    調整支援装置

  3. 【課題】光電スイッチの受光部で受光される光量に対する閾値を適切に調整可能とする。【解決手段】光電スイッチの受光部で受光された光量の時系列データを取得するデータ取得部1と、データ取得部1により取得された時系列データを示すグラフを表示するグラフ表示部2と、グラフ表示部2により表示されたグラフに対し、光量位置の指定を受付ける光量位置受付部3と、光量位置受付部3により受付けら...

    調整支援装置

  4. 【課題】汎用フィードバックコントローラにフィードフォワード制御を追加適用する場合に不具合の発生を低減する。【解決手段】制御装置は、操作量MVを算出する操作量算出部1と、操作量MVに対するフィードフォワード分の加算量の目標値である操作量加算値FF_Pを取得するFF加算値取得部2と、フィードフォワード分の減算量の目標値である操作量減算値FF_Mを取得するFF減算値取得部3...

    制御装置および制御方法

  5. 【課題】汎用フィードバックコントローラにフィードフォワード制御を追加適用する場合に不具合の発生を低減する。【解決手段】制御装置は、操作量MVを算出する操作量算出部1と、操作量MVを操作量限界値(OH,OL)に基づいて制限するリミット処理部2と、リミット処理された操作量MVを制御対象に出力する操作量出力部3と、フィードフォワードを実行しない通常の制御時に適用される操作量...

    制御装置および制御方法

  6. 【課題】カスケード制御の監視作業の効率を向上させる。【解決手段】制御装置は、カスケード制御系のマスタ側の制御ループの設定値SP_Mと制御量PV_Mとを入力として、制御演算によりマスタ側の制御ループの操作量MV_Mを算出するマスタPID制御部1と、操作量MV_Mをカスケード制御系のスレーブ側の制御ループの設定値SP_Sとして受け取り、設定値SP_Sとスレーブ側の制御ルー...

    制御装置および監視方法

  7. 【課題】カスケード制御の監視作業の効率を向上させる。【解決手段】制御装置は、カスケード制御系のマスタ側の制御ループの設定値SP_Mと制御量PV_Mとを入力として、制御演算によりマスタ側の制御ループの操作量MV_Mを算出するマスタPID制御部1と、操作量MV_Mをカスケード制御系のスレーブ側の制御ループの設定値SP_Sとして受け取り、設定値SP_Sとスレーブ側の制御ルー...

    制御装置および監視方法

  8. 【課題】自立安定性の高い薄型直方体カートンを提供する。【解決手段】薄型直方体カートン1Bは,長方形の正面パネル12の短辺下縁に長方形の外側底面パネル31の長辺が,上記正面パネル12の長辺両側縁に正面パネル12よりも幅狭の長方形の左右の側面パネル11,13の長辺が,左側面パネル13の側縁に長方形の背面パネル14の長辺が,背面パネル14の短辺下縁に外側底面パネル31の内面...

    自立性薄型直方体カートン

  9. 【課題】履修者が教育過程を履修した内容及び当該履修者を評価者が評価した内容を、履修中か履修後かを問わず、当該履修者及び当該評価者それぞれに合わせて履修内容を振り返って把握できるように履修内容及び評価内容を管理する学習管理プログラム、学習管理装置及び学習管理システムを提供する。【解決手段】学習管理装置1は、教育過程を履修する学生8又は学生8の履修内容を評価する教官7a、...

    学習管理プログラム、学習管理装置及び学習管理システム

  10. 【課題】加熱時の制御対象の動的プロセスゲインとプロセス時定数との比率の変化について、その要因を推定する。【解決手段】推定装置は、加熱装置において加熱制御の過渡状態を発生させる操作量MVの時系列データとこの過渡状態における制御量PVの時系列データに基づいて加熱指標R_Hを算出する加熱指標算出部1と、加熱制御の後の冷却制御の過渡状態を発生させる操作量MVの時系列データとこ...

    推定装置および方法

  11. 【課題】特に、ベローズ弁を扱う場合について、バルブのメンテナンス作業の効率を改善する。【解決手段】メンテナンスの候補のバルブをベローズ弁A,C,Mとする(S201)。ベローズ弁A,C,Mの開度計測値データD1および圧力計測値データD2に基づいて、ベローズ弁A,C,Mの最大摩擦力に関する情報をそのベローズ弁の診断指標Fとして算出し、ベローズの破断の疑いの有無を知らせる指...

    バルブメンテナンス支援装置および方法

  12. 【課題】特に、ベローズ弁を扱う場合について、バルブのメンテナンス作業の効率を改善する。【解決手段】メンテナンスの候補のバルブをベローズ弁A,C,Mとする(S201)。ベローズ弁A,C,Mの開度計測値データD1および圧力計測値データD2に基づいて、ベローズ弁A,C,Mの最大摩擦力に関する情報をそのベローズ弁の診断指標Fとして算出し、ベローズの変形の疑いの有無を知らせる指...

    バルブメンテナンス支援装置および方法

  13. 【課題】特に、ベローズ弁を扱う場合について、バルブのメンテナンス作業の効率を改善する。【解決手段】メンテナンスの候補のバルブをベローズ弁A,C,Mとする(S201)。ベローズ弁A,C,Mの開度計測値データD1および圧力計測値データD2に基づいて、ベローズ弁A,C,MのバルブシグネチャVS(I,II)を作成し、ベローズの破損の疑いの有無を知らせる指標として、オペレータに...

    バルブメンテナンス支援装置および方法

  14. 【課題】剛性向上に頼らずに長方形の底面の反りを無くすまたは軽減する。【解決手段】自立性薄型直方体カートン1Bは,長方形の正面パネル12の短辺下縁に長方形の外側底面パネル31の長辺が,上記正面パネル12の長辺両側縁に上記正面パネル12より幅狭の長方形の左右の側面パネル11,13の長辺が,左側面パネル13の側縁に長方形の背面パネル14の長辺が,それぞれ連設されているパネル...

    自立性薄型直方体カートン

  15. 【課題】剛性向上に頼らずに長方形の底面の反りを無くすまたは軽減する。【解決手段】自立性薄型直方体カートン1Bは,長方形の正面パネル12の短辺下縁に長方形の外側底面パネル31の長辺が,上記正面パネル12の長辺両側縁に上記正面パネル12より幅狭の長方形の左右の側面パネル11,13の長辺が,左側面パネル13の側縁に長方形の背面パネル14の長辺が,それぞれ連設されているパネル...

    自立性薄型直方体カートン

  16. 【課題】剛性向上に頼らずに長方形の底面の反りを無くすまたは軽減する。【解決手段】自立性薄型直方体カートン1Bは,長方形の正面パネル12の短辺下縁に長方形の底面パネル31の長辺が,上記正面パネル12の長辺両側縁に上記正面パネル12より幅狭の長方形の左右の側面パネル11,13の長辺が,左側面パネル13の側縁に長方形の背面パネル14の長辺が,それぞれ連設されているパネル構成...

    自立性薄型直方体カートン

  17. 【課題】広帯域化が図れ、かつ、水平方向における垂直偏波の利得を高くすることができる小型低背のアンテナ装置を提供する。【解決手段】一つ以上の金属面が接地面と直交するアンテナ装置とする。金属面には、その一部の縁にスリット111が存在するスロット110が形成されている。スロット110の内縁には第1給電部G1が設けられている。スリット111が存在するスロット120は、四つ以上...

    車載用アンテナ装置

  18. 【課題】分析に利用するデータの選別の適切性を判断する。【解決手段】データ処理装置は、制御量PVの時系列データと操作量MVの時系列データに対してローパスフィルタ処理を施すフィルタ処理部2と、所定の期間についてフィルタ処理部2によってローパスフィルタ処理された制御量PV’の極大値の出現数と極小値の出現数との総和を、制御量PV’の時系列データの上下動回数として検出するPV上...

    データ処理装置および方法

  19. 【課題】特に、バルブが高温の流体の流量制御を扱う場合について、バルブのメンテナンス作業の効率を改善する。【解決手段】少なくとも計測値データ記憶部1と診断指標算出部3と診断指標提示部4とを設ける。計測値データ記憶部1には、バルブの出口側温度を計測する温度計測部21からの温度計測値データD1が記憶される。診断指標算出部3は、温度計測値データD1に基づいてバルブのヒートサイ...

    バルブメンテナンス支援装置および方法

  20. 【課題】特に、ダイヤフラム弁を扱う場合について、バルブのメンテナンス作業の効率を改善する。【解決手段】少なくとも計測値データ記憶部1と診断指標算出部3と診断指標提示部4とを設ける。計測値データ記憶部1には、バルブの開度を計測する開度計測部21からの開度計測値データD1が記憶される。診断指標算出部3は、開度計測値データD1に基づいて、バルブが全閉とされたことを認識してか...

    バルブメンテナンス支援装置および方法

  1. 1
  2. 2