田中訓史 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 技術 定着装置

    【課題】無端ベルトによりゴムパッドが意図せぬ形状に変形するのを抑制すること。【解決手段】定着装置8は、上流ゴムパッドP1と、下流ゴムパッドP2と、各ゴムパッドP1,P2を保持するホルダ140と、上流ゴムパッドP1の上流側で無端ベルト130をガイドするガイド面Fgを有する上流ガイド160と、ホルダ140を所定方向に付勢する付勢部材を備える。上流ゴムパッドP1は、無端ベル...

    定着装置

  2. 技術 定着装置

    【課題】摺動シートの組付作業を容易にすることを目的とする。【解決手段】定着装置は、回転体との間で無端ベルトを挟んでニップ部を形成するニップ形成部材Nと、無端ベルトに覆われ、ニップ形成部材を支持する支持部材(ホルダ140、ステイ200)と、ニップ部において、無端ベルトの内周面とニップ形成部材との間で挟まれる摺動シート150と、無端ベルトの内周面をガイドするベルトガイドG...

    定着装置

  3. 技術 定着装置

    【課題】ベルトと摺動シートとの接触領域が変動することを抑制でき、ベルトと摺動シートとの摺動抵抗が増加することを抑制できる定着装置を提供する。【解決手段】定着装置1は、ベルト3と、弾性パッド4と、摺動シート5と、支持部材6とを備える。摺動シート5は、ベルト3と接触する表面5Aおよび弾性パッド4と接触する裏面5Bを備える。支持部材6は、ホルダ7と、ステイ9と、下流ガイド1...

    定着装置

  4. 【課題】ニップ部に対応する領域に潤滑剤を良好に保持しつつ、ニップ部に対応しない領域における摺動シートと無端ベルトとの摺接部分の摺動抵抗を低減することを目的とする。【解決手段】定着装置8は、ヒータ82と、ヒータ82によって加熱される回転体(加熱ローラ81)と、無端ベルト83と、回転体との間で無端ベルト83を挟んでニップ部NPを形成するニップ形成部材(加圧パッド85)と、...

    定着装置および搬送装置