田中彬夫 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~11件を表示(11件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】消波導水堤を軟弱地盤上に問題なく設置できるようにする。【解決手段】ケーソン10の内部に、港外側12と港内側14とを連通させる消波管20が形成される。この消波管20が形成された部分以外のケーソン10の内部に、ケーソン10が設置された場所の水よりも比重の小さな材料からなる充填材24が充填されている。

    消波導水堤

  2. 【課題】透水式消波堤において、波浪の反射率や透過率を大きく低減させ、低波高時の導水性能を向上させ、しかも安価に構築できるようにする。【解決手段】消波のために波浪を這い上がらせることができる傾斜面16が港外側12に形成されている。傾斜面16と港内側14とを連通する消波導水路20が、港外側12から港内側14に向けて下向きに傾斜して形成されている。

    透水式消波堤

  3. 【課題】消波型透水式防波堤において、港内側への水流を穏やかな流れにするとともに、この港内側の深い部分へも水流を導入できるようにする。【解決手段】堤体を構成するケーソン10に、港外側12からの波浪を一端側から導入可能な消波透水路24と、この消波透水路24の他端側の開口に連通された遊水部28と、一端側がこの遊水部28に連通されるとともに他端側が港内側14における水面下の部...

    導水式防波堤

  4. 【課題】消波型透水式防波堤において、港内側への水流を穏やかな流れにするとともに、この港内側の深い部分へも水流を導入できるようにする。【解決手段】堤体を構成するケーソン10に、港外側12からの波浪を一端側から導入可能な消波透水管24と、この消波透水管24の他端側の開口に連通されるとともに上部が大気に開放されずに上部工21によって閉塞された遊水部28と、一端側が遊水部28...

    消波型透水式防波堤

  5. 【課題】海面近傍の富酸素溶存海水を自然エネルギを有効に利用して恒常的に閉鎖水域に送り込み、閉鎖水域内の温度、密度躍層を解消し、海底部の水質悪化も防止することを課題とする。【解決手段】外海4と閉鎖水域3とを仕切る堤壁2aの水線位置WLで外海4の波5の水塊が打ち込む高さに導水管6を設け、該導水管6から流入する海水7を前記堤壁2a内面に設けた貯水槽8に導入し、該貯水槽8の底...

    閉鎖水域の海水交換方法

  6. 【課題】金属製まくらぎとレールとの間に介挿される軌道パッドの緩衝性を維持しながら、絶縁性も確実に確保し、特に降雨時においても絶縁性を低下させないことを課題とする。【解決手段】金属製まくらぎ7のレール座面に敷設されるゴム製板1aであって、裏面にレール5の幅方向に沿った両端を除いて前記レールの長さ方向へ沿って前記ゴム製板1aの全長に達しない長さの凹溝2…2が複数条形成され...

    軌道パッド

  7. 【課題】消波堤から流入する外海の海面近傍の富酸素溶存海水を海底へ積極的に送り込み、消波堤内の温度、密度躍層を解消し、海底部の水質悪化を防止することを課題とする。【解決手段】頂部1aが海上に露出する堤体1であって、波浪Wに対向する前記堤体の前面壁2の水線高さに海水導入開口4が設けられ、該海水導入開口4から前記堤体背面側の海底5まで導水管6が配設されてなる。

    海底導水設備

  8. 【課題】消波堤から流入する外海の海面近傍の富酸素溶存海水を海底へ積極的に送り込み、消波堤内水域等の温度、密度躍層を解消し、海底部の水質悪化を防止することを課題とする。【解決手段】波浪Wに対向する堤体1の前面壁2に堤体背面3に貫通する海水導入部4を設けた消波堤において、前記海水導入部4の背面側の水線下に、平行間隔をあけて対峙する導流板6を堤体1背面側へ延出して設けてなる。

    消波導流設備

  9. 【課題】沿岸、沖水域のいずれにも拘わらず水面近傍の富酸素溶存水を恒常的に水底に送り込み、温度、密度躍層を解消し、水底部の水質悪化も防止することを課題とする。【解決手段】浮体1内に該浮体1の喫水線Lより下部に遊水空間2が設けられ、該浮体1の喫水線Lに前記遊水空間2に連通する開口4が開口され、前記遊水空間2の底部2aに水底方向に伸びる排水口5が設けられてなる。

    水底導水設備

  10. 【課題】海面近傍の富酸素溶存海水を自然エネルギを有効に利用して恒常的に海底に送り込み、温度、密度躍層を解消し、海底部の水質悪化も防止することを課題とする。【解決手段】頂部2が海上に露出する堤体1であって、該堤体1内に底面に至る深さの遊水空間3が設けられ、波浪Wに対向する前記堤体1の前面壁1aの水線高さに前記遊水空間3に連通する海水導入開口6が設けられ、前記遊水空間3の...

    海底導水設備

  11. 【課題】ケーソンを通過する水が汚濁水である場合にこれを浄化できるようにする。【解決手段】ケーソン11内に空間19を形成する。波力により空間19に向けての汚濁水の取水とその汚濁水へのエアレーションとを施すための導水路25を設ける。空間19に、この空間19に導入された汚濁水に礫間接触酸化浄化を施すための礫30を配置する。この礫30によって浄化された水を空間19からケーソン...

    水処理機能を備えたケーソン