田中宏樹 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】高い強度と優れた形状凍結性とを両立することができるアルミニウム合金板及びその製造方法を提供する。【解決手段】アルミニウム合金板は、Si:0.30〜1.2質量%、Mg:0.30〜0.70質量%、Cu:0.20質量%以下、Mn:0.08質量%以下を含有し、残部がAl及び不可避的不純物からなる化学成分を有している。耐力は210〜260MPaであり、結晶方位分布関数の...

    アルミニウム合金板及びその製造方法

  2. 【課題】高強度の繊維強化プラスチック成形体を成形し得る成形体用基材、および高強度の繊維強化プラスチック成形体を成形し得る成形体用基材を効率良く得ることができる製造方法を提供する。【解決手段】強化繊維と熱可塑性樹脂繊維とを含む成形体用基材であって、上記強化繊維および上記熱可塑性樹脂繊維からなる群より選択される1つ以上が、径が1μmより大きい気泡によりバブリング処理された...

  3. 【課題】本発明は、酸変性ポリプロピレン樹脂を含む繊維強化プラスチック成形体であって、より一層の強度が高められた繊維強化プラスチック成形体を提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、ガラス繊維、ポリオレフィン樹脂繊維及び非繊維状の酸変性ポリオレフィン樹脂を含む繊維強化プラスチック成形体用基材であって、非繊維状の酸変性ポリオレフィン樹脂の少なくとも一部は、ガラス繊維...

  4. 【課題】小型化を実現しつつ、精度よく広周波数帯域での音響インピーダンスの整合をとる。【解決手段】第1の電極を有した第1の部材と、第2の電極を有した第2の部材と、第1の部材と第2の部材とを支持する支持部材とにより空隙が形成されたセルを有した整合層と、印加電圧を制御して第1の部材と第2の部材とが接触する面積を変える制御部と、を備える。

    超音波送受信装置および超音波トランスデュ−サ

  5. 【課題】熱サイクルに対する耐久性に優れ、外部からの振動を効果的に減衰させることができる集電体用アルミニウム合金箔及びその製造方法を提供する。【解決手段】集電体用アルミニウム合金箔は、Fe:1.1〜1.8質量%、Si:0.30質量%以下、Cu:0.030質量%以下、Mg:0.030質量%以下、Mn:0.040質量%以下、Ti:0.050質量%以下を含有し、残部がAl及び...

    集電体用アルミニウム合金箔及びその製造方法

  6. 【課題】高い強度特性と優れた伸びとを両立し、従来よりも製造コストの低いアルミニウム合金板及びその製造方法を提供する。【解決手段】アルミニウム合金板1は、Mg:0.20〜1.5質量%、Si:0.20〜1.5質量%、Cu:0.010〜1.0質量%、Mn:0.010〜0.50質量%、Cr:0.010〜0.50質量%、Ti:0.0050〜0.50質量%を含有し、Fe:0.50...

    アルミニウム合金板及びその製造方法

  7. 【課題】セキュリティのリスクを抑えながら設定情報を保持する情報管理システムを提供する。【解決手段】本発明に係る情報管理システムは、無線LAN通信部と識別情報記憶部と設定情報記憶部とを有する通信装置と、通信装置に対して設定されたユーザIDと識別情報と設定情報とを連関させて記憶する管理情報記憶部と管理情報記憶部を制御する情報制御部とを有する情報管理装置と、を備える。通信装...

    情報管理システム、情報管理装置、通信装置、情報管理方法及び情報管理プログラム

  8. 【課題】軸力強度が高く、カール割れが発生し難いボトル缶を実現することができるボトル缶胴用アルミニウム合金板及びその製造方法を提供すること。【解決手段】ボトル缶胴用アルミニウム合金板は、0.05〜0.60質量%のSiと、0.05〜0.80質量%のFeと、0.05〜0.25質量%のCuと、0.80〜1.50質量%のMnと、0.80〜1.50質量%のMgと、Alと、不可避的...

    ボトル缶胴用アルミニウム合金板及びその製造方法

  9. 【課題】 空間フィルターの特性に起因するトナー消費量の誤差を抑制する。【解決手段】 露光装置2a〜2dは、露光信号に基づき光を感光体ドラムへ照射して静電潜像を形成させる。トナー量計算部22は、露光信号に基づいて静電潜像の分布パターンを特定し、その静電潜像の分布パターンまたは露光信号に基づいて注目画素の電界変動度を特定し、静電潜像の分布パターンにおける注目画素の値と...

    画像形成装置およびトナー量算出方法

  10. 【課題】 注目画素の周辺画素の静電潜像の分布パターンからその注目画素の電界変動を得るための空間フィルターの調整作業を低コストで行えるようにする。【解決手段】 露光装置2a〜2dは、露光信号に基づき光を感光体ドラムへ照射して静電潜像を形成させる。トナー量計算部22は、露光信号に基づいて静電潜像の分布パターンを特定し、その静電潜像の分布パターンまたは露光信号に基づいて...

    画像形成装置およびトナー量算出方法

  11. 【課題】 画像形成装置において、トナー消費量算出の処理速度を高くする。【解決手段】 エッジ強調量特定部33は、空間フィルター処理で、エッジ効果に対応するエッジ強調量を特定する。トナーカウンター39は、画像処理単位となるブロックの非ブロックエッジ画素については、エッジ強調量を含むトナー消費量をカウントし、ブロックエッジ画素については、エッジ強調量を含まないトナー消費...

    画像形成装置およびトナー量算出方法

  12. 【課題】 正確にトナー消費量を計算する画像形成装置を得る。【解決手段】 基本トナー量特定部31は、階調補正が実行されていない画像データの画素値に対応する、エッジ効果を考慮していない基本トナー量を特定する。レーザープロファイル適用部32は、基本トナー量に対して、露光装置2a〜2dのレーザープロファイルに対応する第1空間フィルター処理を実行する。エッジ強調量特定部33...

    画像形成装置およびトナー量算出方法

  13. 【課題】正確にトナー消費量を計算できる画像形成装置を提供する。【解決手段】基本トナー量特定部31は、階調補正が実行されていない画像データの画素値に対応する、エッジ効果を考慮していない基本トナー量を特定する。レーザープロファイル適用部32は、基本トナー量に対して、露光装置のレーザープロファイルに対応する第1空間フィルター処理を実行する。エッジ強調量特定部33は、第1空間...

    画像形成装置およびトナー量算出方法

  14. 【課題】 正確にトナー消費量を計算する画像形成装置を得る。【解決手段】 基本トナー量特定部31は、階調補正が実行されていない画像データの画素値に対応する、エッジ効果を考慮していない基本トナー量を特定する。レーザープロファイル適用部32は、基本トナー量に対して、露光装置2a〜2dのレーザープロファイルに対応する第1空間フィルター処理を実行する。エッジ強調量特定部33...

    画像形成装置およびトナー量算出方法

  15. 【課題】筆記用具を用いて筆記用紙に筆記する場合の集中力を高められる筆記用紙の提供。【解決手段】少なくとも一方の表面に繰返し周期の凹凸を有する筆記用紙であり、凹凸の高さをフーリエ変換して周波数解析曲線を得た場合に周波数解析曲線が下記式(1)を満たす筆記用紙;ノート;手帳;セット。式(1) σA2/σR2≧2.0式(2) σR2=σT2−σA2式(1)および式...

    筆記用紙、ノート、手帳およびセット

  16. 【課題】引き違いをすることが可能な障子用アシスト装置を提供する。【解決手段】操作部11は、少なくとも一部が障子内に収納された収納位置と当該収納位置より障子から突出した突出位置との間で変位可能である。これにより、利用者は、引き違い時に操作部11を収納位置とすれば、引き違いをすることができ得る。操作部11の変位作動は、第1押圧機構15及び第2押圧機構17により変換されて押...

    障子用アシスト装置

  17. 【課題】トナーかぶりに起因するトナー使用量を含め、トナー消費量またはトナー残量を正確に特定する。【解決手段】 非画像トナー量特定部41は、画像形成前の帯電バイアスおよび現像バイアスの上昇時、並びに画像形成後の帯電バイアスおよび現像バイアスの下降時の少なくとも一方において感光体ドラム1a(1b,1c,1d)に付着した非画像トナーを、中間転写ベルト4に1次転写させ、セン...

    画像形成装置

  18. 【課題】 余計なトナー消費を抑制する。【解決手段】メンテナンストナー供給処理部41は、非画像形成時に感光体ドラム1a,1b,1c,1dにトナーを付着させ、1次転写させずにクリーニング装置22に回収させるメンテナンストナー供給処理を実行する。非画像トナー量特定部42は、画像形成前の現像バイアスの上昇時および画像形成後の現像バイアスの下降時の少なくとも一方において感光体...

    画像形成装置