片岡寛暁 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】運転者の違和感を軽減しつつ、運転支援が適切に行われるようにすることである。【解決手段】本運転支援装置においては、自車両が車線内を走行するよう運転支援が行われるが、運転支援が、操舵操作値がしきい値より大きい場合には禁止される。例えば、相対位置関係が、自車両が物体Aを回避する向きの操舵操作が行われると推定される関係である物体Aが存在する場合には、しきい値が小さい値...

    運転支援装置

  2. 【課題】運転者の意図的な操舵操作に対する受容性が高い車線内走行支援装置を提供する。【解決手段】車線内走行支援装置は、運転支援ECU10を備える。運転支援ECU10は、車線維持支援制御から車線逸脱回避制御に代えて、車線逸脱回避制御を実行する場合、自車両の向きが車線逸脱方向となるように自車両の操舵ハンドルSWの操作が自車両の運転者によって行われているときには、車線逸脱回避...

    車線内走行支援装置

  3. 【課題】運転支援装置において、運転者が違和感を感じ難くすることである。【解決手段】自車両の周辺に、自車両が物体を回避する向きの操舵操作を行うと推定される物体が存在する場合に、運転者がその操舵操作を行い、かつ、自車両が車線内を走行するよう運転支援が行われた場合には、運転者は違和感を感じる。それに対して、本運転支援装置においては、操舵操作値の絶対値が禁止しきい値より大きい...

    運転支援装置

  4. 【課題】操舵操作値の絶対値が禁止しきい値以上である場合に運転支援が禁止される運転支援装置において、運転者の意図に反して、運転支援が禁止され難くすることである。【解決手段】自車両において、操舵操作部材と操舵輪とは機械的に連結されているため、路面の凹凸により操舵輪が路面から受けた路面入力は操舵操作部材に伝達される。そのため、路面に凹凸の大きさが大きく、路面入力が大きい場合...

    運転支援装置

  5. 【課題】自車両の周辺に物体が存在する場合に運転支援が良好に行われるようにすることである。【解決手段】自車両が物体を回避する向きの操舵操作が行われると推定される対象物が存在した場合において、運転者が操舵操作を行い、運転支援が実行された場合には、運転者は違和感を感じる。それに対して、自車両が物体を回避する向きの操舵操作が行われると推定される対象物が存在した場合には、その操...

    運転支援装置

  6. 【課題】自車両の周辺に物体が存在する場合の車両データを記憶装置に良好に記録可能とすることである。【解決手段】本車両データ記録装置は、周辺物体検知装置によって検知された物体と自車両との相対位置関係が特定関係である場合に、車両データを記憶装置に記録する記憶部を含む。特定関係は、例えば、物体の存在により、自車両が物体を回避する操舵操作が行われると推定される関係とすること等が...

    車両データ記録装置

  7. 【課題】運転者に車線維持支援制御の能力を過信させてしまう可能性を低くすることができる車両走行支援装置を提供する。【解決手段】車線内走行支援装置は、運転支援ECU10を備える。運転支援ECUは、車線維持支援制御から車線逸脱抑制制御に切り替えて、車線逸脱抑制制御を実行する場合において、車線逸脱抑制制御を実行している間、車線逸脱抑制制御の応答性を高めることにより車線逸脱抑制...

    車線内走行支援装置

  8. 【課題】運転者が自車両の車線変更を行おうとしたときに自車両の車線変更を行うことができる車両運転支援装置を提供する。【解決手段】車載カメラ装置により撮影された風景の画像データを用いて道路端LEoutを取得し、その道路端を自車両が逸脱しないように自車両の走行方向を制御する道路端逸脱防止制御を行う。自車両が走行している車線の隣の車線を走行する並走車が道路端として取得されてお...

    車両運転支援装置

  9. 【課題】 ドライバーに与える煩わしさを低減しつつ、自車両と道路端の立体物との衝突を低減する車線逸脱抑制制御を実施する。【解決手段】 精度演算部14は、道路認識部12が認識した白線の検出精度を演算する。LDA制御部13は、制御対象ラインが白線であり、かつ、白線の検出精度が基準レベルに達している場合には、自車両が制御対象ラインから外に逸脱することを所定の許容度合で許容...

    車線内走行支援装置

  10. 【課題】車載カメラ装置により撮影された風景画像データを用いて道路端を取得し、道路端を車両が逸脱しないように車両走行方向を制御する道路端逸脱防止制御を行う車両運転支援装置を提供する。【解決手段】道路端を取得できない場合、所定時間Tthの間、道路端を取得できなくなる直前に取得した道路端である直前道路端LEout_lastに基づいて取得できなくなっている道路端の部分LEou...

    車両運転支援装置

  11. 【課題】 車線逸脱抑制制御(LDA制御)から車線維持支援制御(LKA制御)に切り替える場合に、自車両が走行車線から逸脱することを抑制する。【解決手段】 運転支援ECU10は、LKA制御を優先的に実施するとともに、LKA制御では自車両が走行車線の外に逸脱するおそれがある場合に、LKA制御に代えてLDA制御を実施する。自車両の車線逸脱回避動作が終了してLDA制御からL...

    車両の車線内走行支援装置