瀬尾伸城 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】液冷ジャケットの接合強度を高めることができるとともに、低コストで製造することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】ジャケット本体2と、ジャケット本体2の開口部を封止する封止体3とで構成され、ジャケット本体2と封止体3とを摩擦攪拌で接合する液冷ジャケットの製造方法であって、第一本接合工程において、ジャケット本体2の底部10と封止...

    液冷ジャケットの製造方法

  2. 【課題】液冷ジャケットの接合強度を高めることができるとともに、低コストで製造することができる液冷ジャケットの製造方法を提供する。【解決手段】回転ツールFの攪拌ピンF2のみを封止体3の表面3aに挿入し、平坦面F3を封止体3のみに接触させるとともに、突起部F4の先端面を周壁部11のみに接触させた状態で周壁部11に沿って封止体3の表面3aの外周縁部を相対的に一周させて第一突...

    液冷ジャケットの製造方法

  3. 【課題】液冷ジャケットの接合強度を高めることができるとともに、低コストで製造することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】液冷ジャケットの製造方法であって、攪拌ピンF2の平坦面を封止体3及び周壁部11に接触させるとともに、突起部の先端面を周壁部11のみに接触させつつ、ショルダ部F1の底面を少なくとも封止体3の表面3aに接触させた状態で...

    液冷ジャケットの製造方法

  4. 【課題】液冷ジャケットの接合強度を高めることができるとともに、低コストで製造することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転ツールFの先端側ピンF3を第一突合せ部J1に挿入し、先端側ピンF3の平坦面F4が封止体3及び周壁部11に接触するとともに、突起部F5の先端面を周壁部11のみに接触させた状態で第一突合せ部J1に沿って封止体3及び...

    液冷ジャケットの製造方法

  5. 【課題】液冷ジャケットの接合強度を高めることができるとともに、低コストで製造することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転ツールFの攪拌ピンF2のみを第一突合せ部J1に挿入し、攪拌ピンF2の平坦面F3を周壁部11及び封止体3に接触させるとともに攪拌ピンF2の突起部F4の先端面を周壁部11のみに接触させた状態で第一突合せ部J1に沿っ...

    液冷ジャケットの製造方法

  6. 【課題】熱交換器を低コストで製造することができる熱交換器の製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転ツールFの攪拌ピンF2を押出多孔管2の外周面11fに挿入し、攪拌ピンF2の外周面を蓋体3の段差傾斜面23bにわずかに接触させつつショルダ部F1の底面F1aを押出多孔管2の外周面11fに接触させた状態で、隙間に第二アルミニウム合金を流入させながら、突合せ部J1よ...

    熱交換器の製造方法

  7. 【課題】熱交換器を低コストで製造することができる熱交換器の製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転ツールFの先端側ピンF3を押出多孔管2の外周面11fに挿入し、先端側ピンF3の外周面を蓋体3の段差傾斜面23bにわずかに接触させつつ基端側ピンF2の外周面を押出多孔管2の外周面11fに接触させた状態で、隙間に第二アルミニウム合金を流入させながら、突合せ部J1よ...

    熱交換器の製造方法

  8. 【課題】熱交換器を低コストで製造することができる熱交換器の製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転ツールFの攪拌ピンF2のみを押出多孔管2の外周面11fに挿入し、攪拌ピンF2の外周面を蓋体3の段差傾斜面23bにわずかに接触させた状態で、隙間に第二アルミニウム合金を流入させながら、突合せ部J1よりも押出多孔管2側に設定された設定移動ルートL1に沿って所定の深...

    熱交換器の製造方法

  9. 【課題】材種の異なる金属を好適に接合することができるとともに、回転ツールの通過位置を把握することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転する回転ツールFの攪拌ピンF2の先端を段差底面12aと同一の深さか、それよりもわずかに深く挿入し、ショルダ部F1の底面F1aを封止体3の表面3aに接触させつつ、攪拌ピンF2をジャケット本体2の少なく...

    液冷ジャケットの製造方法及び摩擦攪拌接合方法

  10. 【課題】材種の異なる金属を好適に接合することができるとともに、回転ツールの通過位置を把握することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転する回転ツールFの先端側ピンF3の先端を段差底面12aと同一の深さか、それよりもわずかに深く挿入し、基端側ピンF2の外周面を封止体3の表面3aに接触させつつ、先端側ピンF3をジャケット本体2の少なく...

    液冷ジャケットの製造方法及び摩擦攪拌接合方法

  11. 【課題】材種の異なるアルミニウム合金を好適に接合することができる摩擦攪拌接合方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転する回転ツールFの先端側ピンF3を第二金属部材2の外周面21bに挿入し、基端側ピンF2の外周面を第二金属部材2の外周面に接触させつつ先端側ピンF3の外周面を第一金属部材1の段差傾斜面13aにわずかに接触させた状態で、隙間に第二アルミニウム合金を流...

    摩擦攪拌接合方法

  12. 【課題】液冷ジャケットを低コストで製造することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】ジャケット本体2と、ジャケット本体2の開口部を封止する封止体3とで構成され、ジャケット本体2と封止体3とを摩擦攪拌で接合する液冷ジャケットの製造方法であって、第一本接合工程において、ジャケット本体2の底部10と封止体3の表面3aとを両外側から一対の保持...

    液冷ジャケットの製造方法

  13. 【課題】液冷ジャケットを低コストで製造することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】ジャケット本体2と、ジャケット本体2の開口部を封止する封止体3とで構成され、ジャケット本体2と封止体3とを摩擦攪拌で接合する液冷ジャケットの製造方法であって、第一本接合工程において、ジャケット本体2の底部10と封止体3の表面3aとを両外側から一対の保持...

    液冷ジャケットの製造方法

  14. 【課題】材種の異なるアルミニウム合金を好適に接合することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転ツールFの攪拌ピンF2のみをジャケット本体2に接触させるとともに、封止体3の側面31cにもわずかに接触させた状態で第一突合せ部J1に摩擦攪拌接合を行う本接合工程と、を含み、本接合工程では、封止体3の裏面3bの法線方向に対する側面31cの傾...

    液冷ジャケットの製造方法

  15. 【課題】材種の異なるアルミニウム合金を好適に接合することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転ツールFの攪拌ピンF2のみをジャケット本体2に接触させるとともに、封止体3の側面31cにもわずかに接触させた状態で第一突合せ部J1に摩擦攪拌接合を行う本接合工程と、を含み、本接合工程では、封止体3の裏面3bの法線方向に対する側面31cの傾...

    液冷ジャケットの製造方法

  16. 【課題】材種の異なるアルミニウム合金を好適に接合することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】ジャケット本体2に封止体3を載置することにより端面11aと裏面3bとを重ね合わせて突合せ部J1に断面V字状の隙間を形成する載置工程と、回転する回転ツールFの攪拌ピンF2を側面3cに挿入し、攪拌ピンF2の外周面を傾斜面11bにわずかに接触させつ...

    液冷ジャケットの製造方法

  17. 【課題】材種の異なるアルミニウム合金を好適に接合することができる液冷ジャケットの製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】ジャケット本体2に封止体3を載置することにより端面11aと裏面3bとを重ね合わせて突合せ部J1に断面V字状の隙間を形成する載置工程と、回転する回転ツールFの攪拌ピンF2を側面3cに挿入し、攪拌ピンF2の外周面を傾斜面11bにわずかに接触させつ...

    液冷ジャケットの製造方法

  18. 技術 接合方法

    【課題】材種の異なる支柱及び部材を好適に接合することができる接合方法を提供する。【解決手段】回転ツールFは、ショルダ部F1を備え、ショルダ部F1の底面の中央から垂下する攪拌ピンF2を備えており、攪拌ピンF2は、先細りのテーパー状となっている。接合方法は、回転する攪拌ピンF2を部材3に挿入し、ショルダ部F1の底面を部材3に接触させつつ、攪拌ピンF2の外周面を支柱段差部1...

    接合方法

  19. 技術 接合方法

    【課題】材種の異なる支柱及び部材を好適に接合することができる接合方法を提供する。【解決手段】支柱段差部17を形成する準備工程と、支柱15に部材(封止体)3を載置する載置工程と、回転する先端側ピンF3を部材3に挿入し、基端側ピンF2の外周面を部材3の表面に接触させつつ、先端側ピンF3の外周面を支柱段差部17の段差側面17bにわずかに接触させた状態で、部材3の表面に設定さ...

    接合方法

  20. 技術 接合方法

    【課題】材種の異なる支柱及び部材を好適に接合することができる接合方法を提供する。【解決手段】支柱段差部17を形成する準備工程と、支柱15に部材(封止体)3を載置する載置工程と、回転する攪拌ピンF2のみを部材3に挿入し、攪拌ピンF2の外周面F10を支柱段差部17の段差側面17bにわずかに接触させた状態で、部材3の表面に設定された設定移動ルートL1に沿って回転ツールFを移...

    接合方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3