渡辺仁 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】被対象物の画像における外周エッジ近傍と中央部分との両方を好適に検査できる外観検査方法等を提供する。【解決手段】被検査物の画像を取得し、画像の外周エッジに近い稜線エリアと、稜線エリアより外周エッジから離れた中央エリアとを含む複数の検査エリアを設定し、稜線エリアと前記中央エリアとで、互いに異なる方法を用いて不良箇所を抽出する。稜線エリアにおける不良箇所の抽出では、...

    外観検査方法及び電子部品の製造方法

  2. 【課題】チップ部品に加えられる衝撃を均一に弱められるチップ部品回収装置を提供する。【解決手段】チップ部品が通過可能な上方への開口と、前記チップ部品が複数積み重なって形成されるチップ集積体を下方から支持して上下方向に移動する底板と、を有する回収部と、前記開口の付近に設けられ、前記チップ集積体の上端を検出するセンサと、前記センサの検出結果に応じて、前記底板を移動させる制御...

    チップ部品回収装置およびチップ部品の回収方法

  3. 【課題】電気部品や電気回路体の搭載仕様が異なっても、共通化できる部分は共通化することにより、設計・製造のコストを低減する。【解決手段】車体に固定されるアウタボックス10と、電気部品や電気回路体が装填されアウタボックスの内部に着脱自在に収容されるインナボックス30と、に分割されている。アウタボックスは、インナボックスをロックするためのロック突起13の近傍にアース接点部1...

    電気接続箱およびそのアース接続構造

  4. 【課題】電気接続箱を車体に取り付けるだけで、電気回路体のアース接続を行うことができるようにし、それにより、設計・製造・組付の各工程での工数を減らす。【解決手段】電気接続箱10Aを車体1の表面に固定することで、第1アース接点部としての車体の表面1Aに接触導通する第2アース接点部22と、電気接続箱10Aに設けられて第2アース接点部22に導通接続されたアース回路体20と、車...

    電気接続箱のアース接続構造および電気接続箱

  5. 【課題】スイッチ回路の仕様が異なる場合でも回路を標準化して汎用性を高めることができる車両用電源回路を提供する。【解決手段】車両用電源回路10は、リレー回路12の励磁コイル13に並列に配置され、正極側(一端)が複数のスイッチ回路11A,11Bの負極側(他端)にそれぞれ接続すると共に負極側(他端)が接地される抵抗器を有する。このため、複数のスイッチ回路11A,11Bのうち...

    車両用電源回路

  6. 【課題】スイッチ回路の仕様が異なる場合でも回路を標準化して汎用性を高めることができる車両用電源回路を提供する。【解決手段】車両用電源回路10は、リレー回路12のスイッチ部14の負極側と一対のバック用ランプL1,L2の正極側との間に配置され、正極側がリレー回路12のスイッチ部14の負極側に接続すると共に、負極側が一対のバック用ランプL1,L2の正極側に接続する抵抗器15...

    車両用電源回路

  7. 【課題】ワイヤハーネスの電線の長さを変更することなく電線の余長を吸収して配索することができるワイヤハーネスを提供すること。【解決手段】ワイヤハーネス(1,2)は、コネクタホルダ(40,80)と、コネクタホルダ(40,80)に保持されるコネクタ(22,60A,60B,60C)と、コネクタ(22,60A,60B,60C)から所定の配索方向(X)へ向けて延びる電線(20)と...

    ワイヤハーネス

  8. 【課題】電気接続箱をボルトで車体に取り付けるだけで電気回路体のアース接続を行うことができるようにする。【解決手段】電気接続箱1のボックス本体1Aから延ばした樹脂製の固定ブラケット5の内部に、電気回路体2上のアース部材3から引き延ばした帯状のアース用金属板6を埋設する。固定ブラケット5のボルト通し孔7に挿通させた固定用のボルト21を介して、アース用金属板6を車体にアース接続する。

    電気接続箱およびそのアース接続構造

  9. 【課題】回路基板を有する接続ユニットを多数配置する必要がある場合にも、回路基板を接地に接続させる作業を簡素にしてワイヤハーネスの組付効率を向上させることができるワイヤハーネスを提供する。【解決手段】ワイヤハーネス1の接続ユニット30には、回路基板35の下方に延在する導体部材40が設けられ、接続ユニット30を車体ボディBに設置するとき、車体ボディBのスタッドボルト(接地...

    ワイヤハーネス

  10. 【課題】選択回路線によって構成されるオプション系サブハーネスに関し事前に用意しなければならない品種を少なくしてワイヤハーネスの組付を簡素にし、且つワイヤハーネスの回路線のコネクタの移動を規制して複数の回路線を安定的に配置することができるワイヤハーネスを提供する。【解決手段】ワイヤハーネス1のプロテクタ40は、ワイヤハーネス1に選択的に追加される仕様を実現するための回路...

    ワイヤハーネス

  11. 【課題】ワイヤハーネスの配索後の保守管理性を向上させ作業の効率化を高めると共に、ワイヤハーネスの電線のコネクタの移動を規制して複数の電線を安定的に配置することができるワイヤハーネスを提供する。【解決手段】ワイヤハーネス1は、第1のコネクタ12が先端に設けられた、幹線1Aから分岐する第1の電線10と、第1のコネクタ12に接続される第2のコネクタ22が設けられ第1のコネク...

    ワイヤハーネス

  12. 【課題】選択回路線によって構成されるオプション系サブハーネスに関し事前に用意しなければならない品種を少なくすると共に、ワイヤハーネスの組付けを簡素にして作業効率を向上させることができるワイヤハーネスシステムを提供する。【解決手段】接続ユニット30は、ワイヤハーネス10に選択的に追加される仕様を実現するための回路線の一部を構成する回路網38を有する。ワイヤハーネス10の...

    ワイヤハーネスシステム

  13. 【課題】中枢神経系疾患に有用なジベンゾジアゼピン誘導体の提供。【解決手段】式(1)で表される化合物。[環Q1及び環Q2は夫々独立に置換/非置換のベンゼン環又はピリジン環;RaはH又はハロゲンで置換/非置換のC1−6のアルキル;nは0〜2の整数;mは1〜4の整数;Rbは夫々独立に、H、ハロゲン原子又はハロゲン原子置換/非置換のC1−6アルキル]。