清水俊行 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】衛生材料に用いられる吸収性物品のトップシート、バックシート又はサイドギャザー部に適したホットメルト塗工や吸収物品であるSAPの裏抜けが防止でき、生産性が良く、工程適正の良いポリオレフィン系繊維からなる嵩高柔軟不織布の提供。【解決手段】複数の層で構成されており、少なくとも1層が繊維径0.1〜3μmの微細繊維からなり、かつ、全面にわたりエンボス加工された複数のエン...

  2. 【課題】衛生材料に用いられる吸収性物品のトップシート、バックシート又はサイドギャザー部に適したホットメルト塗工や吸収物品であるSAPの裏抜けが防止でき、生産性が良く、工程適正の良いポリオレフィン系繊維からなる嵩高柔軟不織布の提供。【解決手段】全面にわたりエンボス加工された複数のエンボス部を有する不織布であって、任意のエンボス部に隣接する近い方から4つのエンボス部の非エ...

  3. 【課題】短い時間内に複数のイベントが提示された場合に、複数のイベントのうちのどのイベントに対して被験者が違和感を覚えたかを適切に判別することができる違和感対象判別方法を提供する。【解決手段】被験者の脳波を測定し(S2)、被験者に対して複数のイベントが提示された場合、脳波から被験者の違和感を検出し(S3)、違和感の検出タイミングと、複数のイベントに対応する違和感の検出精...

    違和感対象判別方法及び違和感対象判別装置

  4. 【課題】運転者と車両との一体感や運転操作に対する愉悦感を向上する。【解決手段】特定の運転者の運転技量を評価し(S4)、運転者の脳波を計測し(S1)、脳波の計測により得られた、運転者による特定の車両に対する運転操作開始時点t2の所定時間T1前の時点t1からの脳波信号の変化度合いに基づいて、運転操作に応答する車両の応答特性に対する運転者の予測性を評価し(S3)、評価された...

    運転支援方法及び運転支援装置

  5. 【課題】運転者と車両との一体感や運転操作に対する愉悦感を向上する。【解決手段】特定の運転者の脳波を計測し、脳波の計測により得られた、運転者による特定の車両に対する運転操作開始時点t2の所定時間T1前の時点t1からの脳波信号の変化度合いに基づいて(S3)、運転操作に応答する車両の応答特性に対する運転者の予測性を評価し(S4、S5)、評価された予測性に基づいて応答特性を変...

    車両制御方法、運転支援方法、車両制御装置、及び運転支援装置

  6. 【課題】脳波を測定する際の電極の配置位置のズレによる測定精度の低下を抑制する。【解決手段】被験者に装着した電極により被験者の脳波を測定する脳波測定方法において、脳波に混入する特徴信号を被験者に発生させ(S2、S7)、電極を配置すべき目標位置まで特徴信号が伝播する第1伝播程度と、電極の現在の配置位置まで特徴信号が伝播する第2伝播程度とを比較し(S4、S9)、第1伝播程度...

    脳波測定方法及び脳波測定装置

  7. 【課題】自車両の運転行動が他車両の乗員に与える違和感を低減することができる走行支援方法を提供する。【解決手段】自車両の運転行動に対する他車両の乗員の違和感を検出し、検出された違和感の情報を他車両から送信し、送信された違和感の情報を自車両で受信し(S21,S24)、受信した違和感の情報に基づき自車両を制御する(S22,S23,S25,S26)。

    走行支援方法及び走行支援装置

  8. 【課題】被験者が違和感を覚えたか否かを判別する際の判別精度を向上する。【解決手段】違和感判別方法は、被験者7に感知される感知対象の発生タイミングを検出し(S1)、被験者の脳活動を測定し(S4)、発生タイミングを検出した場合に、被験者の脳活動から違和感の有無を判別する複数の判別方法に基づいて(S3)、被験者が違和感を覚えているか否かを判別する(S5)。

    違和感判別方法及び違和感判別装置