濱田和彦 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】皮膚上の粉体含有化粧料に良好に塗布することができ、しかも、皮膚上の粉体含有化粧料の化粧持ちを向上させることができる、粉体含有化粧料の仕上用組成物を提供することを課題とする。【解決手段】本発明の粉体含有化粧料の仕上用組成物は、(メタ)アクリル酸アルキルエステルの共重合体と、界面活性剤とを含み、該界面活性剤は、グリセリン、ポリグリセリン、及びポリオキシエチレングリ...

    粉体含有化粧料の仕上用組成物

  2. 【課題】骨髄幹細胞を表皮細胞へ分化誘導できる骨髄幹細胞の分化誘導剤を提供すること、骨髄幹細胞を表皮に誘引して表皮細胞に分化させることによって表皮機能を改善できる表皮改善剤や皮膚外用剤を提供すること、などを課題とする。【解決手段】ニーム葉抽出物と紅茶抽出物とを含む、骨髄幹細胞の分化誘導剤を提供する。また、骨髄幹細胞の誘引剤をさらに含む、表皮改善剤や皮膚外用剤を提供する。...

    骨髄幹細胞の分化誘導剤、表皮改善剤、皮膚外用剤、及び、表皮改善方法

  3. 【課題】RhoGDIβの発生を抑制することで、皮膚の細胞の分裂の方向性を調整し、皮膚のバリア機能、保湿力を高めることのできるRhoGDIβ抑制剤及び化粧料を提供する。【解決手段】本発明のRhoGDIβ抑制剤は、炭素数16のアルキル基を有するビタミンC誘導体を含む。炭素数16のアルキル基を有するビタミンC誘導体は、炭素数16の直鎖アルキル基を有する。炭素数16のアルキル...

    RhoGDIβ抑制剤及び化粧料

  4. 【課題】表皮細胞増殖機能を高める中分子量ヒアルロン酸またはその塩を利用することで表皮の機能を十分に改善できる表皮改善剤などを提供することを課題とする。【解決手段】本発明の表皮改善剤等は、ヒアルロン酸又はその塩を含み、ヒアルロン酸又はその塩の数平均分子量は、100,000以上300,000以下であり、ヒアルロン酸又はその塩のうち、分子量が50,000以上400,000以...

    表皮改善剤、及び、皮膚外用組成物