浅野能成 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】ハイブリッド界磁フラックススイッチングモーターにおいて、コイルエンドの大型化を避けつつスロット内における電機子巻線の導体断面積を増やせるようにする。【解決手段】界磁巻線(23)を配置する界磁スロット(213a)及び電機子巻線(24)を配置する電機子スロット(213b)が形成された固定子コア(21)を設け、界磁スロット(213a)内に永久磁石(22)を配置する。...

    回転電気機械

  2. 【課題】回転電気機械の制御を多様化させる。【解決手段】外側界磁巻線(23)は、固定子コア(21)において永久磁石(22)よりも径方向の外側に設けられ、直流の外側界磁電流(i23)が供給されて永久磁石(22)を通過する外側界磁磁束(M23)を発生させる。内側界磁巻線(24)は、固定子コア(21)において永久磁石(22)よりも径方向の内側に設けられ、直流の内側界磁電流(i...

    回転電気機械装置

  3. 【課題】ハイブリッド界磁フラックススイッチングモーターにおいて、固定子コアの強度確保しつつ漏れ磁束の増大抑制を図る。【解決手段】界磁スロットと、電機子スロットと、磁石スロットとがそれぞれ周方向に並んで複数形成された円環状の固定子コア21を設ける。磁石スロットと界磁スロットとの間には、両者を分離する壁面を設ける。永久磁石22の磁極面と磁石スロットの対向面との隙間W1は、...

    回転電気機械

  4. 【課題】ハイブリッド界磁フラックススイッチングモーターにおいて、コイルエンドの小型化を図る。【解決手段】界磁巻線(23)を配置する界磁スロット(213a)及び電機子巻線(24)を配置する電機子スロット(213b)が形成された固定子コア(21)を設け、界磁スロット(213a)内に永久磁石(22)を配置する。永久磁石(22)は、外周側及び内周側の両方から直接または前記固定...

    回転電気機械