浅田宏平 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 集音装置

    【課題】装置の大型化を抑制し、かつ、より好適な態様で目的音を取得可能とする。【解決手段】複数の集音部と、長尺状の形状を有し、長尺方向に沿った互いに異なる位置に前記複数の集音部のそれぞれを支持する支持部材と、前記複数の集音部それぞれによる音響の集音結果を、当該集音結果に基づき前記長尺方向の一方側から到来する目的音を取得する信号処理部に対して、直接的または間接的に出力する...

    集音装置

  2. 【課題】聴取者の耳に装着して用いられ、装着状態においても周囲音の聴取特性を持つ音響出力装置を提供する。【解決手段】音響出力装置100は、音響を発生する音響発生部110と、音響発生部110から発生される音響を一端121から取り込む音導部120と、音導部120を他端122付近で保持する保持部130を備えている。保持部130は、珠間切痕と係合して、音導部120の他端122の...

    音響出力装置

  3. 【課題】スムーズに音声の聞き戻しを行うことが可能な情報処理装置を提供する。【解決手段】録音された記録音声の聞き戻しを開始する聞き戻し開始指示に基づいて、当該聞き戻し開始指示が入力された聞き戻し開始時刻より所定時間遡った位置から現時刻に追いつくまで再生する再生処理部を備える、情報処理装置が提供される。

    情報処理装置、情報処理システム及びプログラム

  4. 【課題・解決手段】本開示に係る音響出力装置は、一端が聴取者の外耳道入口付近に配置される中空構造の音導部の他端に出力するための音響を取得する音響取得部と、前記音導部に取り込まれる音響の頭部伝達関数を調整する頭部伝達関数調整部と、を備える。頭部伝達関数調整部により音導部に取り込まれる音響の頭部伝達関数を調整することで、音響出力装置の装着状態においても、周囲音とともに音響出...

    音響出力装置、音響生成方法及びプログラム

  5. 【課題】信号処理装置、信号処理方法、及びプログラムを提供する。【解決手段】第一のマイクロフォンに基づく第一の音声信号を、第二のマイクロフォンに基づく第二の音声信号に基づいて抑圧する第一の抑圧処理を行う第一の演算処理部と、前記第二の音声信号を前記第一の音声信号に基づいて抑圧する第二の抑圧処理を行う第二の演算処理部と、を備える信号処理装置。

    信号処理装置、信号処理方法、及びプログラム

  6. 【課題】ヘッドホン装置のノイズキャンセル処理においてパラメータ制御の処理負担を軽減する。【解決手段】例えばヘッドホン装置と通信可能な端末装置において、現在位置を検出する位置検出部と、現在位置に関する地図情報を取得する地図情報取得部と、地図情報に基づき外部環境に係るノイズキャンセル処理に係るモードを決定する制御・演算部とを設けることで、位置情報に応じたパラメータ制御が行...

    端末装置、ヘッドホンシステム、ノイズキャンセルモードによる外部ヘッドホン制御方法

  7. 【課題】頭部装着型音響デバイスの装着時においても、外部環境の環境音を、聴取者により好適な態様で聴取させる。【解決手段】外部空間を伝搬する第1の音響の集音結果を取得する第1の取得部と、内部空間を伝搬する第2の音響の集音結果を取得する第2の取得部と、第1の音響の集音結果に基づき、外部空間から外耳道内に向けて直接伝搬する第1の音響と、外部空間から装着部を介して内部空間に伝搬...

    信号処理装置、信号処理方法、及びプログラム