水野芳正 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~20件を表示(30件中) 1/2ページ目

  1. 【課題】ワイヤーハーネスを曲げて配設することを可能にする技術を提供することを目的とする。【解決手段】ワイヤーハーネス20は、電線22と、前記電線22が固定されたシート30と、を備え、前記シート30は、前記電線22の延びる方向に沿って間隔をあけて設けられた第1シート及び第2シートを含み、前記第1シート及び前記第2シートの間に前記電線22が曲る経路曲げ部が設けられている。

    ワイヤーハーネス

  2. 【課題】配線部材において線状伝送部材の周囲全体を保護することができるようにすることを目的とする。【解決手段】外装部材付き配線部材は、配線部材と外装部材とを備え、前記配線部材は複数の線状伝送部材とベース材とを含み、前記複数の線状伝送部材は並んだ状態で前記ベース材に固定されており、前記外装部材は取付部を含み、前記取付部が前記配線部材のうち幅が縮められた領域に取付けられてお...

    外装部材付き配線部材及び外装部材付き配線部材の製造方法

  3. 【課題】ドアパネルへ配線部材を組付ける作業とドアパネルに形成された作業用開口を塞ぐ作業との容易化を図ることができる技術を提供することを目的とする。【解決手段】ドア用配線モジュール30は、車両のドア10に組込まれてドアパネル12に形成された作業用開口15を塞ぐことが可能なドア用面状部材32と、前記ドア用面状部材32に取付けられた配線部材50と、を備え、前記ドア用面状部材...

    ドア用配線モジュール

  4. 【課題】ドアと車体との間の配線部材を少なくすることを目的とする。【解決手段】車両ドア20における給電システム30は、非接触で電力供給を受ける非接触受電部32と、前記非接触受電部32が受電した電力によって充電されるように、前記非接触受電部32に接続されたバッテリ34と、少なくとも非接触受電部32が受電していない状態で、前記バッテリ34から給電されるように、前記バッテリ3...

    車両ドアにおける給電システム

  5. 【課題】本開示は、配線部材を曲げた状態で容易に保持できるようにすることを目的とする。【解決手段】配線部材一体型モジュール20は、配線部材30と、配線部材30の一部を保持する配設対象部50を含む第1ベース部材40と、配線部材30のうち配設対象部50から延出する部分を、配設対象部50の延長上において保持する第1状態から配設対象部50に対して曲った状態で保持する第2状態へと...

    配線部材一体型モジュール

  6. 【課題】ドア用の面状部材にドア用の配線部材を取付けるための新規な技術を提供することを目的とする。【解決手段】ドア用配線モジュール20は、車両のドアパネル12に組込まれるドア用面状部材22と、前記ドア用面状部材22における主面上に配設された配線部材40と、前記ドア用面状部材22における前記主面及び前記配線部材40を覆いつつ少なくとも前記ドア用面状部材22における前記主面...

    ドア用配線モジュール及びドア用配線モジュールの製造方法

  7. 【課題】回転可能に連結される2部材間に配設される電線の可動量を小さくすることができる技術を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材の配設構造10は、第1部材20と、前記第1部材20と回転軸P回りに回転可能に連結される第2部材30と、少なくとも前記第1部材20及び前記第2部材30間に配設される部分を有する複数の電線40と、を備え、前記複数の電線40のうち前記第1部...

    配線部材の配設構造

  8. 【課題】固定対象からの突出高さを抑えつつ、分岐部を含むワイヤハーネスをコンパクトな状態で挿通保持することができる、新規な構造のワイヤハーネス用プロテクタを提供すること、およびそれを用いたワイヤハーネスの配索構造提供すること。【解決手段】ワイヤハーネス46を構成する複数の電線が小分けされて収容される複数の電線挿通部58を有し、複数の電線挿通部58が並列配置されている一方...

    ワイヤハーネス用プロテクタおよびそれを用いたワイヤハーネスの配索構造

  9. 【課題】電線が固定される第1シート部材に第2シート部材を重ね合せてしっかり固定できるようにすることを目的とする。【解決手段】積層シート30は、第1シート部材32と、前記第1シート部材32の他方主面側に固定された第2シート部材36と、を備え、前記第1シート部材32と前記第2シート部材36との一方に、他方が溶けて充填可能な空間38が形成され、第1シート部材32と第2シート...

    積層シート

  10. 技術 配線部材

    【課題】コネクタを相手側コネクタに接続する作業を、ロボットで行うのに適した配線部材を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材20は、線状伝送部材(例えば、電線22)と、保持部材(例えば、シート部材30)と、コネクタ40Aとを備える。保持部材は、線状伝送部材を2次元的に位置決めした状態で保持する。コネクタ40Aは、線状伝送部材の端部に取付けられる。コネクタ40Aに...

    配線部材

  11. 【課題】配線部材とは別に形成されたサイレンサに配線部材を容易に固定可能な技術を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材の固定構造1は、車両に配設されるサイレンサ10に配線部材20を固定するものである。サイレンサ10は、一の面が主面12に交差する差込面15とされている被差込部14を含む。配線部材20は、前記サイレンサ10の前記主面12に沿って配設されている。配線部...

    配線部材の固定構造

  12. 【課題】第1の課題は、電源ラインの総距離をなるべく短くできるようにすることであり、第2の課題は、電源用配線体で生じた熱を外部に放熱し易くすることである。【解決手段】第1の課題を実現するための配線モジュールは、一端が電源に電気的に接続される共通電源ラインと、共通電源ラインの途中に設けられた電源分岐部とを備え、電源分岐部は、共通電源ラインの途中で分岐する電源分岐ラインと、...

    配線モジュール

  13. 【課題】電線の絶縁被覆とシート材とが直接溶着されて固定されたワイヤーハーネスを薄型化できる技術を提供することを目的とする。【解決手段】ワイヤーハーネス10は、芯線22と前記芯線22を覆う絶縁被覆26とを含む電線20と、樹脂製の主面33上に前記電線20が配設されており、前記主面33において前記電線20と接触する部分が前記電線20の前記絶縁被覆26と溶着されて電線固定部3...

    ワイヤーハーネス及びワイヤーハーネスの製造方法

  14. 【課題】ドア用配線モジュールの組付け性を向上できる技術を提供することを目的とする。【解決手段】ドア用配線モジュール30は、ドア用機能性面状部材32と、前記ドア用機能性面状部材32に配線されて保持された配線部材40と、前記配線部材40のうち前記ドア用機能性面状部材32から外方に延びる部分であり、かつドア10に組込まれる部分が配線されて保持された外装部材50、51、52と...

    ドア用配線モジュール

  15. 【課題】車両のドアに配線部材を組付けやすくすることを目的とする。【解決手段】ドア用配線モジュール30は、ドア用機能性面状部材32と、配線部材40と、を備える。ドア用機能性面状部材30は、車両のドア10において、ドアパネル12と意匠トリム18との間に組込まれる。配線部材40は、前記ドア用機能性面状部材32の主面上における溝の形成されていない面状部分に配線されて、前記ドア...

    ドア用配線モジュール

  16. 技術 コネクタ

    【課題】上方に開口する溝状の端子収容室を採用した場合でも、端子収容室からの接続端子の抜け出しをハウジングの大型化を伴うことなく安定して保持することができる、新規な構造のコネクタを提供すること。【解決手段】プレート状のハウジング本体16と、ハウジング本体16の上面24に開口して複数並列配置された溝状の端子収容室26と、複数の電線12の端末に設けられて端子収容室26にそれ...

    コネクタ

  17. 【課題・解決手段】本発明の第1の課題は、電源ラインの総距離をなるべく短くできるようにすることであり、第2の課題は、電源用配線体で生じた熱を外部に放熱し易くすることである。第1の課題を実現するための配線モジュールは、一端が電源に電気的に接続される共通電源ラインと、共通電源ラインの途中に設けられた電源分岐部とを備え、電源分岐部は、共通電源ラインの途中で分岐する電源分岐ライ...

    配線モジュール

  18. 【課題】インパネ用リインフォースメントの周辺に配設されるワイヤーハーネスを構成する部品点数の増大及び組立て作業の煩雑化を抑制できる技術を提供することを目的とする。【解決手段】ワイヤーハーネスの組み付け方法は、(a)車両80のインストルメントパネル82の裏側に車両80の幅方向に延びるように配設される長尺状のリインフォースメント40の少なくとも一部に干渉抑制部材10を取り...

    配線部材の組付構造

  19. 【課題】配線部材が取付対象部材の周りに支持された際に、取付対象部材からの配線部材の高さを抑制できる技術を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材の支持構造は、取付対象部材と、前記取付対象部材に取付けられた配線部材と、を備える。配線部材は、複数の電線と、前記複数の電線を分けて保持し、前記電線に対して前記取付対象部材とは反対側に位置する天井壁を有する複数の電線保持部...

    配線部材の支持構造および配線部材

  20. 【課題】複数の電線を分けて取付対象部材に取付けることができる技術を提供することを目的とする。【解決手段】支持部材は、複数の電線を取付対象部材に対して取付けるための支持部材である。支持部材は、それぞれが電線の少なくとも一部を保持可能な電線保持部と、前記電線保持部と一体に形成された連結部と、を含む電線保持部材を複数備える。複数の前記電線保持部材が、前記電線保持部に保持され...

    支持部材及び配線部材

  1. 1
  2. 2