森田浩 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】長尺の記録材の搬送方向全域に亘って均一な濃度で画像形成することと、現像ローラや感光ドラムの劣化を抑制することとを両立させる。【解決手段】制御部は速度比を第一速度比に設定し(S3)、画像形成動作を開始する(S4)。記録材の搬送方向長さが所定長さ以上で(S5のYES)、画像比率が所定値より大きい場合(S6のNO)、副走査方向位置が変更位置に到達したら(S7のYES...

    画像形成装置

  2. 【課題】長尺の記録材の搬送方向全域に亘って均一な濃度で画像形成することと、現像ローラや感光ドラムの劣化を抑制することとを両立させる。【解決手段】制御部は、画像データに基づき1枚ごとに記録材の画像比率を算出する(S2)。記録材の搬送方向長さが所定長さ以上であり(S3のYES)、画像比率が所定値以下である場合(S4のYES)、現像コントラストを第一電位差に設定する(S5)...

    画像形成装置

  3. 【課題】異なる複数の直径のケーブルが挿入されても確実に接続が可能で、ケーブルの接続部を短くして小型の端子を提供することにある。【解決手段】端子は、前記一対のケーブルハウジングが前記本保持状態を取るときに前記ケーブルに接続されるケーブル接続部で、ケーブルの中央部をピアシングして内部の芯線を貫通して接触する、密接して段違い状に延在する一対の板状片からなる第1ピアス部を備え...

    コネクタ端子

  4. 技術 工作機械

    【課題】専用のセンサを用いることなく、工具の修正、交換の判定を行うことができる工作機械を提供する。【解決手段】工作機械1は、工具Tにより工作物Wを加工している最中に加工負荷を計測する加工負荷計測器31と、工作物Wの表面状態を表す工作物指標と加工負荷との関係情報に基づいて決定された閾値Th2であって、工具Tの修正または交換のために用いる閾値Th2を記憶する閾値記憶部34...

    工作機械