桑原和仁 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 注出具

    【課題】 簡単な操作でゴミを発生させることなく開栓することができると共に不正開封防止用のバージン機構をも備える注出具を創出することを課題とする。【解決手段】 内容液が充填された容器本体Cの注出孔C2に装着される注出具本体Aと、注出具本体Aに着脱可能に装着されるオーバーキャップBと、を備え、注出具本体Aは、注出孔C2から注出される内容液を案内する注出筒4と、注出筒4...

    注出具

  2. 【課題】開栓時に内容物が飛散し難く、開栓作業を容易に行うことができる容器用キャップを提供する。【解決手段】口部4に装着される中栓10と、中栓10に対して回転可能に装着されるキャップ本体30と、を備え、中栓10は、隔壁部12と、隔壁部12に薄肉破断部15を介して一体連結されて連通孔13を閉塞する密封栓16と、を有し、キャップ本体30は、注出口31が形成された頂壁32と、...

    容器用キャップ

  3. 【課題】期待する吐出量に対して押込操作の押込量を一定にし易く、もって定量の内容物を吐出し易い定量吐出容器を提供する。【解決手段】筒状の口部2a、口部2aの下端に連なる胴部2b及び胴部2bの下端を閉塞する底部2cを備えるとともに内容物を収容する容器本体2と、口部2aに取付られるとともに内容物を吐出する吐出キャップ3とを有し、胴部2bが、周方向に間隔を開けて並ぶ一対のパネ...

    定量吐出容器

  4. 【課題】 簡単な構成で摘み部を摘持可能とすることにより開栓作業を容易にできるようにした瓶口用キャップ付き容器を創出することを課題とする。【解決手段】 瓶口部21を備えた容器本体20と、上蓋部2の外周縁に垂下設されると共に上蓋部2に対して分離可能に設けられた封緘筒部3及び瓶口部21に対して着脱可能に嵌合する栓体部4を備える瓶口用キャップ1と、を有して構成される瓶口用...

    瓶口用キャップ付き容器

  5. 技術 注出容器

    【課題】容器本体内に残留する内容物の量を低減できる注出容器を提供する。【解決手段】本発明の注出容器(1)の一つの態様は、容器本体(4)と、容器本体に装着される注出キャップ(2)と、を備え、注出キャップは、注出孔(26)が形成された天壁部(22)を有する有頂筒状のキャップ本体(20)と、容器本体の内部と注出孔とを連通する流通孔(11e)が形成され、口部を閉塞する中栓部(...

    注出容器

  6. 【課題】容器から内容液がこぼれ出す不具合を防止することができるうえ、口部からの取り外しも行い易いキャップを提案する。【解決手段】本発明のキャップ1は、口部51を取り囲むとともに口部51の外周面に設けた雄ねじ部54に適合する雌ねじ部15を有する外周壁2と、外周壁2に連結するとともに上部開口52を覆う天壁3と、天壁3に連結するとともに口部51の内周面に当接する第一シール部...

    キャップ、及びキャップ付き容器

  7. 技術 キャップ

    【課題】部品点数を低減できる構造を有するキャップを提供する。【解決手段】本発明のキャップ(20)の一つの態様は、内容物が収容される容器本体(10)の口部(11)に装着され、内容物を吐出させる吐出孔(33)が設けられたキャップ本体(30)と、吐出孔(33)を開放可能に閉塞するスリットバルブ(50)と、を備え、キャップ本体(30)とスリットバルブ(50)とは、一体成形され...

    キャップ

  8. 【課題】容器本体内に残留する内容物の量を低減できる注出キャップを提供する。【解決手段】本発明の注出キャップ(2)の一つの態様は、注出孔(26)が形成された天壁部(22)を有する有頂筒状のキャップ本体(20)と、容器本体(4)の内部と注出孔とを連通する流通孔(11e)が形成され、口部(4a)を閉塞する中栓部(10)と、流通孔を開放可能に閉塞する注出弁(40)と、キャップ...

    注出キャップ

  9. 【課題】 匂い移りの抑制を簡単な構成で可能にすると共に、外観上のデザイン性を向上させる瓶口用キャップを創出することを課題とする。【解決手段】 頂壁2Aに形成された貫通孔2Bの内縁にシール筒部2Cが連設された上蓋部2及び上蓋部2の外周縁に垂下設された外周壁5に対して分離可能に設けられた封緘筒部3を備える外蓋体Aと、貫通孔2Bを塞ぐ天面部15及び天面部15に垂下設され...

    瓶口用キャップ

  10. 【課題】 不完全な状態で再閉栓(リキャップ)したとしても密封度の低下を防止することにより、瓶口部からの液漏れを抑制可能とした瓶口用キャップを創出することを課題とする。【解決手段】 上蓋部2と、該上蓋部2の外周縁に垂下設されると共に前記上蓋部2に対して分離可能に設けられた封緘筒部3と、前記上蓋部2の下面に垂下設され且つ瓶口部21に対して着脱可能に嵌合する栓体部4と、...

    瓶口用キャップ

  11. 【課題】蓋体をヒンジ部回りに上方に向けて回転させ、注出孔を開放するときに、蓋体を操作した指が、注出筒の上端開口縁に当るのを抑制する。【解決手段】内容物の注出孔26が形成された天壁部22、および容器本体4の口部4aに装着される装着筒部21を有する有頂筒状のキャップ本体20と、キャップ本体にヒンジ部34を介して連結され、注出孔を開閉する蓋体30と、を備え、天壁部の上面にお...

    ヒンジキャップ

  12. 【課題】容易な取り出し操作で、所定量の粒状物を高い精度で取り出すことができ、また、粒状物が過剰に出てくることも抑制することができる粒状物収納容器を提供する。【解決手段】本発明の粒状物収納容器1は、粒状物Gを収容する収容空間Sを有し、収容空間Sに連通する連通口13が設けられた本体部Aと、本体部Aを倒立姿勢とすることにより収容空間Sから連通口13を通して送出される所定量の...

    粒状物収納容器

  13. 【課題】容易な取り出し操作で、所定量の粒状物を高い精度で取り出すことができ、また、粒状物が過剰に出てくることも抑制することができる粒状物収納容器を提供する。【解決手段】本発明の粒状物収納容器1は、連通口13が設けられた本体部Aと、本体部Aを倒立姿勢とすることにより粒状物Gを保持するように構成された保持部40と、を備え、保持部40は、粒状物Gを取出すための取出し口42と...

    粒状物収納容器

  14. 【課題】製造に必要な樹脂量の削減が可能となる、新たな合成樹脂製容器、及び合成樹脂製容器の製造方法を提供する。【解決手段】本開示の合成樹脂製容器100は、筒状の口部10と、口部10の下方に連なる胴部20と、口部10及び胴部20にヒンジ部67を介して一体形成される蓋体60とを備え、胴部20は、外層体22aと内層体22bとを有すると共に口部10に連なり、内層体22bが外層体...

    合成樹脂製容器、及び合成樹脂製容器の製造方法

  15. 【課題】内容物の充填前における容器の輸送効率を向上しつつ、内容物を充填する際の作業効率を改善させた合成樹脂製容器の中間成形体、及び合成樹脂製容器の製造方法を提供する。【解決手段】本開示の合成樹脂製容器100の中間成形体101は、筒状の口部10と、口部10の下方に連なる胴部20とを備え、胴部20には、外層体22aと外層体22aの内側にガス充填層22cを介して設けられた内...

    合成樹脂製容器の中間成形体、及び合成樹脂製容器の製造方法

  16. 技術 錠剤容器

    【課題】上蓋内部の錠剤収納スペース内に一旦取り込まれた錠剤が不意に容器体内へ戻ることを防止できる錠剤容器を提供する。【解決手段】口頸部4を有する容器体2と、吐出口26付きのキャップ頂壁18の周縁から垂設させた筒壁14を前記口頸部4に嵌合させたキャップ本体12と、前記筒壁14に第1ヒンジH1を介して連結させた上蓋40とを具備する。前記上蓋40の頂板42と前記キャップ頂壁...

    錠剤容器

  17. 【課題】容器内に挿入されたストローが容器から分離しにくいカップ型容器を提供する。【解決手段】カップ型容器1は、軸方向に沿って延びる胴部11の下部が底部で覆われて胴部11の上部に開口部11aを有して有底筒状の容器本体部10と、容器本体部10の胴部11の上端部に繋がって径方向外側へ延びるストロー固定部30と、を有する。ストロー固定部30は、軸方向に貫通してストロー60が密...

    カップ型容器

  18. 【課題】空気弁に起因する音鳴りを効果的に抑制することが可能な二重容器用注出キャップ、及び二重容器を提案する。【解決手段】本発明の二重容器用注出キャップは、空気弁6aを挟んでキャップ本体8の裏面に対向して設けられ、充填空間Sと注出口8dとを通じさせる内容液用連通口5bを有する隔壁5aと、隔壁5aから起立する環状壁5fと、隔壁5a及び環状壁5fの少なくとも一方を貫通して外...

    二重容器用注出キャップ及び二重容器

  19. 【課題】部品点数を増やすことなく、抜栓部の設計に依らない吐出態様で内容物を吐出すること。【解決手段】第1吐出口11が形成されたキャップ本体10と、第1吐出口を閉塞する閉塞板42を有し、キャップ本体に対して一体に形成された抜栓部40とを備え、閉塞板は、第1合成樹脂で形成された主材層46と、主材層に埋め込まれると共に第2合成樹脂で形成され、主材層に対して剥離可能とされた中...

    抜栓付きキャップ、及び抜栓付きキャップの製造方法

  20. 【課題】スリットを備えていても、部品点数の増大を防ぐ。【解決手段】キャップ1は、内容物が収容される容器本体の口部に装着され、天壁部12に吐出孔20が形成された有頂筒状のキャップ本体11と、キャップ本体11と一体に形成され、吐出孔20を閉塞する弾性片26と、を備え、弾性片26には、弾性片26を上下方向に貫き、弾性片26が弾性変形することで開閉するスリットが形成され、弾性...

    キャップおよびキャップの製造方法

  1. 1
  2. 2