柿田健一 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 冷蔵庫

    【課題】野菜室内の湿度環境から間接的に野菜の鮮度状態を推定する方法では、実際に細胞活動している野菜の保水状態を直接検知しているわけではないので、野菜にとっては高湿状態でも乾燥気味で萎れる状況だったり、低湿状態でも過水気味で水腐れ状況の可能性があり、最適な鮮度保持制御ができない。【解決手段】野菜室107内に赤外線の水分吸収スペクトルの原理を応用した水分量検知手段131を...

    冷蔵庫

  2. 技術 冷蔵庫

    【課題】自動開扉装置で開扉できる引出し式扉において、その開扉対象扉に操作部を設ける場合、扉への電気的接続が複雑になるため、機械式スイッチを用いるのが一般で、限定された部位での操作が必要で、また構造的な凹凸のため意匠性が非常に劣る。【解決手段】引出し式の野菜室扉106aの筐体101面側に操作伝達部115を、それと対向する断熱仕切板109の部位に検知部114を設置し、野菜...

    冷蔵庫

  3. 技術 冷蔵庫

    【課題】扉を自動開閉する機能がついた冷蔵庫において、扉にかかる負荷にかかわらず、扉の開閉量、および開閉速度を安定させることを目的とする。【解決手段】断熱壁で構成された筐体11と、前記筐体11内に備えられた野菜室16と、前記野菜室16を開閉自在に閉塞する扉16aと、前記扉16aを自動開閉させる扉開閉手段とを備え、前記扉開閉手段は、前記扉16aの自動開閉量を一定にするよう...

    冷蔵庫

  4. 技術 冷蔵庫

    【課題】冷蔵庫の収納容器内に発生した結露を乾燥させるためにエネルギーを加えた際に、収納容器内部へエネルギーが伝わることで収納容器内が温まり保鮮性が悪化してしまうことを抑制し、収納容器外へ結露水を放出することができる冷蔵庫を提供すること。【解決手段】収納室8と、前記収納室8に設けられ、保存物を収納する収納容器21と、結露搬送部材28を備え、前記結露搬送部材28は、前記収...

    冷蔵庫

  5. 【課題】結露検出部の傷付き防止だけでなく、異常結露で結露検出部に水滴が過剰付着したとしても、保護カバーには水が溜まらない結露センサーを提供することを目的とする。【解決方法】上記従来の課題を解決するために、本発明の結露センサーは、配線基板上に設けた結露検知素子を少なくとも有し、前記結露検知素子を覆う素子カバーを設けるとともにこの素子カバー内に生成した結露水を通す貫通孔を...

    結露センサーおよびそれを用いた冷蔵庫

  6. 技術 冷蔵庫

    【課題】扉の自動開閉機能を備えた冷蔵庫において、扉が広く開いた状態でも自動閉扉を可能とする冷蔵庫を提供することを目的とする。【解決手段】上記目的を達成するために、本発明は、断熱壁で構成された筐体11、および扉16aによって区分けされた引き出し収納室16と、支持レール21aと、支持レール21a上をスライド動作する可動レール21bと、前記可動レール21bを直接的または間接...

    冷蔵庫