林守男 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】 表面硬度が高くて耐凹み性、耐クラック性に富み、メラミン樹脂含浸紙上にSBR系接着剤を介し突板が強固に接着されてキャスター性能にも優れた、特に床材として最適な建築板を得ることができる建築板製造方法を提供する。【解決手段】 合板1の上にメラミン樹脂2を含浸させた紙33を介層して突板4をホットプレスすることにより、同メラミン樹脂2を硬化させて合板1と突板4とを...

    建築板製造方法

  2. 【課題】 耐磨耗性及び耐傷性に優れ、しかも、人間の健康に有益なワックスおよびそれを用いた木質床材を提供すること。【解決手段】 水性樹脂系ワックスとトルマリン微粉末とを混合させて成る。このワックスを用い、木質基板1の表面に塗料を塗装して形成された塗膜層2の表面に塗布して表面保護層3を設けて成る。これにより、水性樹脂系ワックスとトルマリン微粉末とを混合させて成るワック...

    ワックスおよびそれを用いた木質床材

  3. 【課題】 機能性粉末と、樹脂系ワックス中に界面活性剤が配合されてなる主剤とを、使用者が使用する直前に混合することができ、その結果、機能性粉末が主剤中に均一に混合された機能性粉末含有ワックスを得ることが可能な機能性粉末含有ワックス収容セットを提供すること。【解決手段】 樹脂系ワックスに機能性粉末11、界面活性剤が配合されてなり、建築部材等に塗布されてマイナスイオンを...

    機能性粉末含有ワックス収容セット

  4. 【課題】 薄くて吸湿による寸法変化や反りが生じ難く、かつ材料損失が少ないことによる低コスト化が可能な繊維板20を用いた建築用基材1の製造方法を提供する。【解決手段】 型35内に木質繊維5と樹脂接着剤10とを混合充填して加熱圧縮することにより平板状の繊維基板15を形成し、繊維基板15を所定の厚みに裁断して繊維板20を形成した後に、繊維板20と合板30とを接着する建築...

    建築用基材の製造方法

  5. 【課題】 接着剤の塗布がしやすく、一定の施工品質を有する実接着構造を実現可能とする床材の施工方法を提供すること。【解決手段】 本実施例の施工方法は、長板状の床材3に設けられた実どうしを接着接合する実接着施工用床材の施工方法において、床材3の長手方向の雌実31を上側に向け、床材3の表面又は裏面の平面を合わせ複数枚重ね、平面側に全体を傾斜させた状態でこれら床材3を保持...

    床材の施工方法

  6. 【課題】 簡易な構成で、化粧板の表面に現れる裏面溝による影写りを目立たないようにでき、外観性を向上させること。【解決手段】 基材2上に化粧板3が積層されてなる置敷床材1である。化粧板3の表面3aにその長さ方向Aに沿って表面溝4を設けると共に、表面溝4と対向する基材2の裏面2f位置に幅反り防止用の裏面溝5を設けた。表面溝4の真下位置に限定して裏面溝5を切り込むことに...

    置敷床材及びこれを用いた床施工構造

  7. 【課題】実接着施工で施工される床材で、実結合部に接着剤を充分に行き渡らせることができる実結合構造を提供すること。【解決手段】長板状の板材1の対向辺の端面に本実を形成し、実結合により複数枚を連結可能とした床材4の実結合構造において、雄実2は、その付根部分から先端側に上下の傾斜面を先細りに形成され、雌実3は、その先端部分から板材1の内部方向に向け上下の傾斜面を先細りに形成...

    実結合構造

  8. 【課題】 木目模様以外の表面模様を現出するために、簡単な処理にて表面を凹ました、建築材及び建築材の製造方法を提供すること。【解決手段】 サンダー処理により凹凸の設けられたクロス合板2の表面に、該凹凸が現出するよう樹脂シート3を圧着し接着させる。また、クロス合板2の表面に凹凸のあるゴムロール4又はパット用いたサンダー処理により凹凸を設ける工程と、同クロス合板2表面に...

    建築材及び建築材の製造方法。

  9. 【課題】優れた温熱効果を消費電力を抑えて達成できるとともに、快いリラックス感が得られる電気こたつを提供する。【解決手段】アルミ箔11の表面に粉末トルマリンを含有する塗膜12を設層するとともに、該粉末トルマリン含有塗膜12を保護するように低温火傷防止用ネット13が設けられた遠赤外線発生部1をこたつの内部に設け、加温下に遠赤外線を発生させることを特徴とする電気こたつA。好...

    電気こたつ

  10. 【課題】 電気式絨毯などの加熱手段と一緒に用いてもクラックの生じにくい床材とその床材の製造方法を提供すること。【解決手段】 方形であって表層の木目方向を長手方向とする合板1上に、突き板2の木目方向を合板1表層の木目方向に揃えて貼着し未塗装床材4を得る貼着工程(A)と、該未塗装床材4の含水率を低下させることにより突き板2の表面にクラック3を発生させる含水率低下工程(...

    床材及びその製造方法

  11. 技術 建築板

    【課題】 化粧シートを基材の状態によらず耐凹み性及び耐傷性に優れた建築板を提供すること。【解決手段】 表面に模様付けを施したシート体1の表面に、厚さ300μm以上の、PET樹脂からなる透明な硬質保護層2を設け加飾体3となし、該加飾体3表面に艶消し処理を施すとともに、加飾体3を基材4上に貼着してなる建築板5である。

    建築板

  12. 【課題】 実部が膨潤したり、端部から水が浸透して床材全体が膨潤することを防止できる安価な床材を製造し、床材の製造を簡略化する。【解決手段】 木質繊維材からなる板状主材9にて主体を構成した床原板11を切断して複数枚の小割り板13を形成する。この後各小割り板13の端部に実部2を形成することで、床材1を複数枚製造するにあたって、板状主材9の片面における前記床原板11から...

    床材の製造方法

  13. 【課題】作業性よく釘を打ち込め、かつ、木膨れによる嵌合不良を防止して雄実部と雌実部とをしっかりと結合できる建築用板材の実構造を提供する。【解決手段】雄実部1と雌実部2とからなり、該雄実部1の雄実11が該雌実部2の雌実21に嵌合する実結合において、上記雄実11が突設される基端部の上部垂直面12に木膨れ吸収用溝部13が凹設される。好ましくは、上記木膨れ吸収用溝部13は、そ...

    建築用板材の実構造