林和志郎 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】 本発明は、ビル等の免震化に適用可能な、ビル免震用水タンクを提供することを目的とする。【解決手段】 ビル等の免震化に適用可能な、ビル免震用水タンとして、一つ又は複数の屋上水タンク、ソーラーパネル、外側水タンク吊り下げ部、外側水タンク等から構成される、ビル免震用水タンクを提供する。

    ビル免震用水タンク

  2. 【課題】 本発明は、ビルの無停電化、飲み水確保を可能とする、建物利用貯水方法を提供することを目的とする。【解決手段】 既設、新築等の免震化ビル等に適用可能な、無停電化用ソーラーパネル、飲み水確保のための、屋上、左右側壁、裏側壁等に配列される、貯水管配列等を備えた、建物利用貯水方法を提供する。。

    建物利用貯水方法

  3. 技術 耐震ビル

    【課題】 本発明は、ビルの長周期振動の低減化、無停電化、飲料水、生活用水等の確保を可能とする耐震ビルを提供することを目的とする。【解決手段】 既設、新築等の免震化ビルに適用可能な、長周期振動の低減化用屋上の水タンク、ビル側面と屋上の水タンの上の無停電化用ソーラーパネル、飲料水、生活用水等の確保のための、ビル側面の複数のパイプ型水タンク等を備えた耐震ビルを提供する。。

    耐震ビル

  4. 【課題】 災害や渇水時のための生活用水を貯水できる建物、室内の保温や耐震等の効果を達成できる建物を提供する。【解決手段】 床12の下の概略全面に床下貯水プール15を有する建物1とした。壁13,14内にさらに壁内貯水プール16,17を形成するとよい。床下貯水プール15及び/又は壁内貯水プール16,17内における建物1の外壁13付近の位置にクッション材21を更に有する...

    貯水プールを有する建物

  5. 【課題】 本発明は、住宅等の建物の台風、地震対策建物に関し、屋根吹き飛ばされ、浸水、建物倒壊等の防止を可能とする、台風対策建物を提供することを目的とする。【解決手段】 住宅等の建物の屋根吹き飛ばされ、浸水、建物倒壊等の防止を可能にする、台風対策建物として、発泡ウレタン材を吹き付け、鉄板又は網体等を張り、頂上に受水槽を設け、雨樋の下側に雨水タンク、浸水防止用袋等を設...

    台風対策建物

  6. 【課題】 本発明は、住宅等の建物の台風、地震対策建物に関し、屋根吹き飛ばされ、建物倒壊防止を可能とする、台風対策建物を提供することを目的とする。【解決手段】 住宅等の建物の屋根吹き飛ばされ、建物倒壊防止等を可能にする、台風対策建物として、発泡ウレタン材を吹き付け、鉄板又は網体等を張り、頂上に受水槽を設け、雨樋の下側に雨水タンク等を設け、制震効果も期待できる、台風対...

    台風対策建物

  7. 【課題】 本発明は、河川氾濫時の洪水等、又は津波等による、家屋等への水の浸入を防ぐシート式浸水防止方法に関し、フェンスの外側において、防水シートを上げ下げ可能に設置し、防水シートにより水の浸入を防ぐことを特徴とする、シート式浸水防止方法を提供することを目的とする。【解決手段】 防水シートをフェンスの上に設けた、シート収納箱に収納して置き、水の浸入の恐れがあるときに...

    シート式浸水防止方法

  8. 【課題】 災害や渇水時のための生活用水を貯水できる建物、室内の保温や耐震等の効果を達成できる建物を提供する。【解決手段】 床12の下の概略全面に床下貯水プール15を有する建物1とした。壁13,14内にさらに壁内貯水プール16,17を形成するとよい。床下貯水プール15及び/又は壁内貯水プール16,17内における建物1の外壁13付近の位置にクッション材21を更に有する...

    貯水プールを有する建物

  9. 【課題】 避難場所の浮上の可動範囲を大きくし、建物が浮上したときの支柱の支持強度低下を防止する。【解決手段】 伸縮可能な支柱10と、前記支柱10に支持された土台20と、浮力によって前記土台20を浮上させる浮力体30を有する浮上式避難場所1である。前記支柱10は、相互にスライド可能な入れ子構造の複数の柱部材10a〜10cで構成するとよい。

    浮上式避難場所

  10. 【課題】 建物の浮上の可動範囲を大きくし、建物が浮上したときの支柱の支持強度低下を防止し、或いは、さらに建物の耐震強度を向上させる。【解決手段】 伸縮可能な支柱と、前記支柱に支持された建屋と、前記建屋を浮上させる浮力体を有する浮上式建物とした。前記土台を前記支柱に対して揺動可能に吊下する吊下部材をさらに有することが好ましい。

    浮上式建物