松本雅志 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~12件を表示(12件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】回転電機ステータにおいて、渦電流損を低減するための集合導線を用いながらコスト増を抑制することである。【解決手段】回転電機ステータ20は、周方向に沿って配置される所定数のティース26、及び、隣接するティース26の間の空間である所定数のスロット28を有するステータコア22と、ステータコア22に巻回されているステータ巻線とを含む。スロット28内に配置される複数本のス...

    回転電機ステータ

  2. 技術 回転電機

    【課題】冷却液の供給が停止した後の回転電機、特にステータの冷却性を改善する。【解決手段】ステータコアの外周面であるコア外周面24aに対向する冷却液保持面36aをハウジングの側壁36に設ける。冷却液保持面36aは、横溝38によって周方向において複数の対向領域40に分割されている。コア外周面24aと冷却液保持面36aの間の冷却液44には、上側の自由表面に生じる表面張力F3...

    回転電機

  3. 技術 回転電機

    【課題】ステータコイルの温度上昇をより効果的に抑制できる回転電機を提供する。【解決手段】回転電機は、周方向に並ぶ複数のティース28を有するステータコアと、ティース28に巻回されたステータコイル34と、を備え、ステータコイル34は、ステータコアの軸方向外側において略周方向に延びるコイルエンド部と、隣り合うティース28間の空間であるスロット30に少なくとも一部が収容される...

    回転電機

  4. 【課題】ロータの磁石の冷却を効果的に行うこと。【解決手段】周縁に近い位置に複数の磁石孔が間隔をおいて配置されたロータコアと、磁石孔に挿入される永久磁石ユニット18を有するロータにおいて、永久磁石ユニット18は多孔質体82と磁石本体80とを接触するように構成し、永久磁石ユニットを磁石孔に挿入して固定する。磁石本体80と磁石孔との間には多孔質体82が介在するので、流路から...

    ロータの製造方法

  5. 【課題】ステータコアの内周側に位置するコイルを効果的に冷却すること。【解決手段】コイルが巻回されてステータ20を構成するステータコアは、円環状の磁性体板50と同じく円環状の多孔質体52とが交互に積層されて中空円筒状となっている。磁性体板50および多孔質体52は、同一形状であり、ヨーク26およびティース28の両方が磁性体板50および多孔質体52が積層されて構成されている...

    ステータおよびモータ

  6. 【課題】ステータコイルの断面積を容易に変更可能なステータの製造方法を提供する。【解決手段】絶縁紙30は、細長形状の複数の細長部34を有する。細長部34の上に、1又は複数の銅板40が揃えて重ね合わされ、積層セグメント42が形成される。複数の積層セグメント42は、ステータコア10のスロット24内に、その積層方向がステータコア10の径方向となるように並べられる。ステータコア...

    モータのステータの製造方法

  7. 技術 ステータ

    【課題】スロット内のコイル線の温度上昇を抑制すること。【解決手段】ステータコアのティースに巻回されるコイル線30がスロット内に収容される。コイル線30は、導電体によって形成されるパイプ材32と、パイプ材32中に充填され、低融点金属を用いた蓄熱材34と、を含む。パイプ材は、導電度が高い導電体、例えば銅で構成される。蓄熱材は、低融点金属、例えばはんだ合金、錫などから構成さ...

    ステータ

  8. 【課題】回転電機のステータにおいて、導体セグメントの端部を連結するカップリング部材の発熱を抑制する。【解決手段】複数のスロット18を有するステータコア11と、ステータコイル20と、を有する回転電機のステータ10であって、ステータコイル20は、スロット18に挿入される下導体セグメント31と、嵌合凹部52が形成され、スロット18の中で上導体セグメント41の先端45が嵌合凹...

    回転電機のステータ

  9. 【課題】十分な絶縁性能を確保しながら、製造コストの増大やスロットの占積率の低下を抑制できる回転電機のステータを提供すること。【解決手段】ステータ2が備える各導体セグメント31が、導体で構成された導体素線34と、その導体素線34の周囲を被覆する絶縁被膜35とを有するようにする。ステータが、絶縁被膜の誘電率及び膜厚の少なくとも一方が異なる2以上の導体セグメント31a,31...

    回転電機のステータ

  10. 【課題】コイル線に密着した絶縁被膜層の除去作業におけるレーザ照射時間を短縮することである。【解決手段】絶縁被膜層20の除去予定部22と残留予定部21とを分ける絶縁被膜層20の線状領域24を除去する分断工程と、絶縁被膜層20を透過するがコイル線10に吸収されるレーザ光41を、除去予定部22の外面側からコイル線10の絶縁被膜層20との境界に向かって照射することにより、除去...

    コイル線の被膜層除去方法

  11. 【課題】本開示は、端面板の鉄心本体に対する接合状態を良好に維持することが可能な回転体の製造方法を説明する。【解決手段】鉄心製品の製造方法は、第1の温度とされた鉄心本体の端面に、第1の温度とは異なる第2の温度とされた端面板であって、鉄心本体とは異なる熱膨張係数を有する端面板が配置された状態で、鉄心本体と端面板とを溶接して、鉄心製品を構成することを含む。

    鉄心製品の製造方法

  12. 【課題】ロータとステータ等を備え、ステータコア上部に冷媒供給管を設け、前記ステータコアの外周面に冷媒を供給することによって冷却を行う車両用回転電機において、冷媒の供給が減少した場合にステータコアの冷却が不均一となりやすい。このため、前記ステータコアの冷却の均一化が容易な前記車両用回転電機を提供する。【解決手段】ステータコア12の上部に冷媒供給管が設けられた車両用回転電...

    車両用回転電機