東平知丈 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~3件を表示(3件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】造形物内のFe合金相内に点在するCu相の形状を制御し、熱伝導率についても異方性を付与した複合材料を提供する。【解決手段】基材の面上に粉末金属材料を供給しながらレーザ光を照射するレーザ・メタル・デポジションによる複合材料の造形方法であって、粉末金属材料は、Fe合金粉末とCu粉末の混合粉末であり、その混合比がCu粉末の重量%で15%以上30%以下であり、レーザ光の...

    異方性複合材料の造形方法、異方性複合材料を用いた金型

  2. 【課題】 室温以上の幅広い温度域に適応でき、多数品種を用いることを避けつつ、無毒安価な熱電変換モジュールを提供することである。【解決手段】 フルホイスラ合金を含む第1の熱電変換材料で構成される第1の部材と、フルホイスラ合金を含む第2の熱電変換材料で構成される第2の部材と、を備える熱電変換モジュールである。ここで、第1の熱電変換材料のキャリア濃度は、第2の熱電変換材...

    熱電変換モジュール

  3. 【課題】強度、熱伝導率、熱膨張量を調整することができる複合金属材料およびその製造方法を提供する。【解決手段】 複合金属材料は、Cuリッチ相と、Feリッチ相とを有する複合金属材料において、Feリッチ相はCuリッチ相の中に独立して分散している複合金属相を有する。Cuリッチ相は、Cuの含有率が85wt%を超えるものであり、Feリッチ相は、Feの含有量が50wt%を超えるものである。

    複合金属材料、その製造方法、および複合金属材料を用いた電子装置