村岡修 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】分子標的剤は、がん細胞において活性化している遺伝子やその産物の作用を阻害することを目的とするものであったが、抗がん剤耐性が出現するなど、臨床上重大な課題が多く、その治療効果は十分ではない場合も多かった。【解決手段】リン酸化ERKが正常の場合と比較して恒常的に多い細胞に対してリン酸化ERKおよび切断カスパーゼ3をさらに増加させ、前記細胞に選択的にアポトーシスを誘...

    アポトーシス誘導剤と癌治療剤

  2. 【課題】細胞膜に存在する糖輸送担体を介した細胞内へのグルコース輸送を阻害する生物活性を有するグルコース輸送阻害剤、前記グルコース輸送阻害剤を含有する抗がん剤、及び細胞内へのグルコース輸送を阻害する作用を奏することを特徴とするグルコース輸送阻害用の機能性食品を提供する。【解決手段】エキナコシド又は/及びアクテオシドを有効成分として含有し、細胞膜に存在する糖輸送担体を介し...