早川泰久 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題・解決手段】記憶された周囲状況を用いて駐車目標位置への自動駐車を実行する際に、記憶装置に記憶された周囲状況における自車両や物標の位置を精度良く推定することができる自己位置推定方法を提供する。記憶された周囲状況を提示するステップ(S24)と、記憶された周囲状況と、自車両及び自車両の周囲に存在する物標の少なくとも一方との位置関係を設定する操作を受け付けるステップ(S...

    自己位置推定方法及び自己位置推定装置

  2. 【課題・解決手段】駐車支援方法では、周囲状況検出センサ(4)により検出した車両(1)の周囲状況に基づいて車両(1)の目標駐車位置を設定し、車両1の外で操作者の操作を受け付けて操作に応じた指示信号を送信する操作装置(7)と車両(1)に搭載されて指示信号を受信する通信装置(6)との間の通信状況を判定し(S1)、操作装置(1)において目標駐車位置を手動で調整する操作を通信状...

    駐車支援方法及び駐車支援装置

  3. 【課題・解決手段】自車両(1)を目標駐車位置まで目標の駐車経路(2)に沿って移動させる駐車支援(ECU)を用いて実行する駐車支援方法であって、自車両(1)の目標駐車位置までの残距離(L)の減少に応じて、目標の駐車経路(2)に対する自車両(1)のヨー角の制御量を大きくする。

    駐車支援方法及び装置

  4. 【課題・解決手段】自車両の車外で検出された検出物が前記自車両の障害物であるか否かを所定の判定基準に基づいて判定するコントローラを用いて実行する障害物の判定方法であって、自車両の車外で検出された検出物が自車両の乗員であるか否かを判定し、その検出物が自車両の乗員ではない場合には、第1の判定基準に基づいて、その検出物が自車両の障害物であるか否かを判定し、その検出物が自車両の...

    障害物判定方法、駐車支援方法、出庫支援方法、及び障害物判定装置

  5. 【課題・解決手段】自車両(1)を出庫開始位置から目標出庫位置まで出庫経路に沿って移動させる出庫支援コントローラを用いて実行する出庫支援方法であって、出庫開始位置に隣接した駐車スペース(9)に隣接の駐車車両(2)が存在するか否かを判定し、隣接の駐車車両(2)が存在しない場合には、隣接した駐車スペース(9)を含む出庫経路を生成する。

    出庫支援方法及び装置

  6. 【課題】リモートコントロールによる駐車に要する時間を短縮することである。【解決手段】車両Vの外の操作者Mから取得した操作指令に基づき算出された駐車経路RTに沿って車両Vを移動させる制御命令を実行する駐車制御方法であって、操作者Mの第1高さ位置と車両の第2高さ位置との相対高度を検出し、相対高度に基づき第1高さ位置が第2高さ位置よりも第1所定値以上高いと判断された場合には...

    駐車制御方法及び駐車制御装置

  7. 【課題】車外の者に車両Vが移動を開始することを報知する。【解決手段】駐車経路を車両Vに移動させて駐車させる駐車制御方法であって、車両Vが停止している第1状態から移動が開始された第2状態に移行する際に、車両Vの操舵装置50に操舵命令を実行させる。

    駐車制御方法及び駐車制御装置