斎藤博紀 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 包装袋

    【課題・解決手段】雰囲気調整剤が包装袋の投入部から漏れることがなく、コストの低減、製造の簡略化を図ることができ、さらに高温下でも使用可能になる包装袋を提供する。包装袋は、雰囲気調整剤が投入された投入部である上辺部を有する。上辺部は、表面と裏面の包装材の端部の位置がずれており、その相対的に突出した一の端部が他の端部の外側に折り返され溶着されて形成されている。

    包装袋

  2. 技術 作業車

    【課題】第2方向に離間する樹木同士の間の領域だけでなく、第1方向に離間する樹木同士の間の領域においても、樹木にできるだけ近づいた位置まで寄って作業を行えるようにすることが望まれていた。【解決手段】送信した検出信号に対する反射信号を取得して、予め設定された範囲に存在する物体を検出する物体検出部18と、物体検出部18の検出結果に基づいて、第1方向D1及び第1方向D1と直交...

    作業車

  3. 技術 作業車

    【課題】作業用区画に複数の物体が広い間隔をあけて並んで存在するような場合であっても、自動走行が適正に行えるようにすることが望まれていた。【解決手段】予め設定された範囲に存在する物体を検出する物体検出部18と、作業用区画P内において、物体列に沿う方向に車体2を自動走行させる走行制御部とを備え、走行制御部は、車体2が物体列における一方側箇所を第1方向に沿って走行していると...

    作業車

  4. 技術 作業車

    【課題】種々の情報を取得するティーチング処理を少ない手間で行えるようにすることが望まれていた。【解決手段】検出用範囲に向けて検出信号を送信し、検出信号に対する反射信号を取得して、検出用範囲に存在する物体を検出する物体検出部18と、第1方向及び第1方向と直交する第2方向の夫々に沿って間隔をあけて並ぶ状態で複数の位置固定の物体が存在する作業用区画において、ティーチング走行...

    作業車

  5. 技術 作業機

    【課題】斜面を走行しながら作業を行う作業機において、転倒に対応した構成を得る。【解決手段】作業ハウジング1、右及び左の第1車輪21、右及び左の第2車輪22を備える。第1フレーム部、第2フレーム部12、前後フレーム17,18及び左右フレーム19を備える。伝動ケース5とエンジン6とが、側面視で作業ハウジング1と前後フレーム17,18及び左右フレーム19との間に配置され、平...

    作業機

  6. 技術 作業機

    【課題】自律走行型や遠隔操作型の作業機、歩行型の作業機において、作業機の全体の剛性を向上させる。【解決手段】作業装置8を収容する作業ハウジング1、第1車輪21及び第2車輪22を備える。作業ハウジング1の一方側部分1b及び他方側部分1cに連結された第1フレーム部11及び第2フレーム部12は、右及び左の縦フレーム13と、上部横フレームとを備える。第1フレーム部11及び第2...

    作業機

  7. 技術 作業機

    【課題】作業機において斜面の等高線に沿って走行しながら作業を行う場合、機体が谷側(斜面の下側)に転倒し難くなるようにする。【解決手段】機体の前後方向の一方側の右及び左の第1車輪21と、機体の前後方向の他方側の右及び左の第2車輪22と、作業装置8とが備えられ、平面視で、右の第1車輪21と右の第2車輪22との間、又は左の第1車輪21と左の第2車輪22との間に、エンジン6が...

    作業機

  8. 【課題】農用の粉粒体の供給量を安定させることができる粉粒体供給装置を提供する。【解決手段】農用の粉粒体である薬剤を貯留する薬剤ホッパと、薬剤ホッパに貯留されている薬剤を収容可能な複数の収容凹部88を回転方向A1に沿って並べて有し、回転駆動により収容凹部88に収容された薬剤を落下させて下方に繰り出す薬剤繰出ロール85と、薬剤繰出ロール85の回転駆動に伴って収容凹部88か...

    粉粒体供給装置