成松清幸 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題・解決手段】電極間に電圧を印加し、経皮的に薬剤を投与する薬剤投与装置は、設定された薬剤の投与速度を当該薬剤投与装置と他の薬剤投与装置で分担して実現するための分担された投与速度を決定し、該他の薬剤投与装置で分担する投与速度を該他の薬剤投与装置へ送信する。薬剤投与装置は、他の薬剤投与装置から投与速度を受信し、薬剤投与装置と他の薬剤投与装置の一方の装置において決定され...

    薬剤投与装置、薬剤投与システムおよびそれらの作動方法

  2. 【課題・解決手段】電極間に電圧を印加し、経皮的に薬剤を投与する薬剤投与装置は、所定の時間間隔で前記電極間の電流値を測定し、測定された電流値に基づいて、薬剤の投与速度を算出し、算出された投与速度を表示器に表示する。

    薬剤投与装置およびその作動方法

  3. 【課題・解決手段】精度の高い血管内皮機能評価を簡易な方法により実現可能な血圧測定装置を提供する。本発明の血圧測定装置100は、血管が動静脈吻合されている部位の体表面に装着され、第1の温度データを検出する調整体温検出部134と、調整体温検出部134が装着された位置よりも、血流方向の上流側の体表面に装着され、第2の温度データを検出する基準体温検出部133と、前記血流方向に...

    血圧測定装置

  4. 【課題・解決手段】手首用センサにより測定された皮膚温度と、指用センサにより測定された皮膚温度と、の差分を計算する。手首用センサにより測定された脈波と、指用センサにより測定された脈波と、から、手首から前記指までの脈波伝達時間を求める。前記差分と前記脈波伝達時間との積を、前記手首から末梢側の末梢血管抵抗として求める。

    末梢血管抵抗測定装置、及びその制御方法