徳弘憲一 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~5件を表示(5件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】複数種の合成樹脂が混在する廃材から対象樹脂を分別・選別して再資源化するに際し、物性を改質することによって高品質な熱可塑性樹脂再生材を提供する。【解決手段】乾式法による材質識別手段を用いて、複数種の熱可塑性樹脂廃材から目的の熱可塑性樹脂を90重量%以上含有されるように選別・分別する選別・分別工程と、前記選別・分別された目的の熱可塑性樹脂とは異なる熱可塑性樹脂の種...

    熱可塑性樹脂廃材の再利用方法

  2. 【課題】低純度の再生樹脂を繰り返し利用する場合においても、家電機器に適した品質に物性回復して再利用することが可能な方法を提供することを目的とする。【解決手段】ポリプロピレン樹脂、ポリスチレン樹脂、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン樹脂のうち、少なくともいずれか2種類以上の合成樹脂が、50%以上99%未満の重量比率が含有される再生樹脂材料から成形される樹脂成形体であ...

    樹脂成形体および家電機器

  3. 【課題】近赤外線選別装置の選別感度を変更することにより、得られる低品位な再生樹脂材料の物性の向上を図ることを目的とする。【解決手段】複数の物質が混在した熱可塑性樹脂廃材から近赤外線選別システムを用いて選別したポリプロピレン系樹脂材料に、少なくとも熱可塑性エラストマー、ポリオレフィンを主鎖とするグラフトコポリマーから選ばれる添加剤、無水マレイン酸グラフト化ポリマーから選...

    熱可塑性再生樹脂材料及びそれを用いた成形体

  4. 【課題】複数種の合成樹脂が混在する廃材から対象樹脂を分別・選別して再資源化するに際し、信頼性が高く高品質な熱可塑性再生系樹脂を提供することを課題とする。【解決手段】複数の樹脂が混在した熱可塑性樹脂廃材から、材料識別装置を用いて分別回収されたポリプロピレン系樹脂の重量比率が90%以上であって、その他に、ポリスチレン系樹脂、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合樹脂...

    熱可塑性再生樹脂材料及び熱可塑性合成樹脂材料を用いた成形体

  5. 【課題】複数種の合成樹脂が混在する廃材から対象樹脂を分別・選別して再資源化するに際し、信頼性が高く高品質な熱可塑性再生樹脂を提供する。【解決手段】複数の樹脂が混在した熱可塑性樹脂廃材から材料識別装置を用いて分別回収され、混練成形されたポリプロピレン(PP)樹脂およびポリスチレン(PS)樹脂およびアクリロニトリル‐ブタジエン‐スチレン共重合体(ABS)樹脂から選ばれる一...

    熱可塑性再生樹脂及び熱可塑性再生樹脂材料を用いた成形体