後藤多加志 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~12件を表示(12件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】周囲の物標に応じた運転支援制御を実行する車両制御装置において、物標が多数存在しても計算負荷の増大を抑制することが可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】第1運転支援制御処理(自動速度制御処理)と、第2運転支援制御処理(自動ブレーキ支援制御処理)とを並列して実行する車両制御装置10であって、車両1の周囲に存在する物標の中から、車両1と物標の間の距離と、車両に対...

    車両制御装置

  2. 【課題】周囲の物標に応じた運転支援制御を実行する車両制御装置において、物標が多数存在しても計算負荷の増大を抑制することが可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】ECUは、所定の対象物の周囲に相対速度の許容上限値Vlimの分布を規定する速度分布領域を設定し、許容上限値Vlimを超えないように車両1の速度制御(エンジン制御,ブレーキ制御)及び/又は操舵制御(ステアリング...

    車両制御装置

  3. 【課題】周囲の物標に応じた運転支援制御を実行する車両制御装置において、物標が多数存在しても計算負荷の増大を抑制することが可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】ECUは、所定の対象物の周囲に相対速度の許容上限値Vlimの分布を規定する速度分布領域を設定し、許容上限値Vlimを超えないように車両1の速度制御(エンジン制御,ブレーキ制御)及び/又は操舵制御(ステアリング...

    車両制御装置

  4. 【課題】様々なモードでの運転支援が実行されている状態において、運転者に違和感を与えにくい車両制御装置を提供する。【解決手段】車両制御装置は、周辺物標検出部10bと、目標走行経路算出部10cと、この目標走行経路を補正する補正走行経路算出部10fと、車線逸脱の可能性を判断したとき、車線内を走行するよう補助する自動操舵制御部10eと、を有し、補正走行経路算出部は、回避すべき...

    車両制御装置

  5. 【課題】様々なモードでの運転支援が実行されている状態において、運転者に違和感を与えにくい車両制御装置を提供する。【解決手段】車両制御装置は、周辺物標検出部10bと、車両の目標走行経路を算出する目標走行経路算出部10cと、この目標走行経路を補正した補正走行経路を算出する補正走行経路算出部10fと、を有し、補正走行経路算出部は、周辺物標検出部によって回避すべき周辺物標が検...

    車両制御装置

  6. 【課題】様々なモードでの運転支援が実行されている状態において、運転者に違和感を与えにくい車両制御装置を提供する。【解決手段】車両制御装置は、周辺物標検出部10bと、車両の目標走行経路を算出する目標走行経路算出部10cと、この目標走行経路を補正した補正走行経路を算出する補正走行経路算出部10fと、を有し、補正走行経路算出部は、周辺物標検出部によって回避すべき周辺物標が検...

    車両制御装置

  7. 【課題】適切な時期に警報を発生することが可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】車両制御装置(ECU)は、車両の目標走行経路Rを繰り返し更新する走行経路制御部と、障害物との衝突回避のための自動衝突防止制御処理を実行する自動衝突防止制御部を備える。走行経路制御部は、障害物が検出された場合に、この障害物を回避するように目標走行経路Rcを算出する。自動衝突防止制御部は、予...

    車両制御装置

  8. 【課題】障害物回避時を含み常時、目標走行経路を計算しつつ、確実に障害物回避可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】車両1の目標走行経路Rを更新する走行経路制御部10aと、障害物との衝突回避のために所定の制御システムを自動的に作動させるための自動緊急回避制御処理を実行する自動緊急回避制御部(10b,10e)を備える。走行経路制御部10aは、目標走行経路Rを補正して障害...

    車両制御装置

  9. 【課題】障害物回避時を含み常時、目標走行経路を計算しつつ、確実に障害物回避可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】車両1の目標走行経路Rを更新する走行経路制御部10aと、障害物との衝突回避のための自動衝突防止制御処理(S14)を実行する自動衝突防止制御部10bを備える。走行経路制御部10aは、目標走行経路Rを補正して障害物を回避する複数の補正走行経路を算出し、所定の...

    車両制御装置

  10. 【課題】障害物回避時の目標走行経路を適宜に調節可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】車両1の目標走行経路Rを計算する目標走行経路計算部10aを備えた車両制御装置(ECU)10であって、目標走行経路計算部10aは、障害物検出時、この障害物を回避するように目標走行経路Rを補正する(S14)。目標走行経路計算部10aは、走行経路補正処理において、目標走行経路Rを補正して...

    車両制御装置

  11. 【課題】複数の走行モードに対して、障害物回避時の目標走行経路を単一の計算処理を用いて計算可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】複数の運転支援モードから選択された運転支援モードに応じて、車両1の目標走行経路Rを計算する目標走行経路計算部10aを備えた車両制御装置(ECU)10である。目標走行経路計算部10aは、障害物検出時、この障害物を回避するように目標走行経路Rを...

    車両制御装置

  12. 【課題】緊急時及び通常時における障害物回避において、運転者に違和感を与えることのない目標走行経路を計算可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】車両1の目標走行経路Rを計算する目標走行経路計算部10aを備えた車両制御装置(ECU)10である。目標走行経路計算部10aは、障害物が検出された場合に、目標走行経路Rを補正する。目標走行経路計算部10aは、障害物に対する車両1...

    車両制御装置