平井宏樹 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】配線部材と被着体とが簡易に固定されることを可能にする技術を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材の固定構造10は、少なくとも1本の線状伝送部材22を含む配線部材20と、粘着層32、発熱層34及び接合層36を含む接合部材30と、前記配線部材20が固定されている被着体40と、を備え、前記発熱層34は誘導加熱によって発熱可能な層であり、前記粘着層32と前記発...

    配線部材の固定構造及び接合部材付き配線部材

  2. 【課題】配線部材と被着体とが簡易に固定されることを可能にする技術を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材の固定構造10は、少なくとも1本の線状伝送部材22を含む配線部材20と、前記配線部材20の周囲を囲むように設けられた発熱層30と、前記配線部材20が固定されている被着体40と、前記発熱層30と前記被着体40との間及び前記発熱層30と前記配線部材20との間の少...

    配線部材の固定構造及び発熱層付配線部材

  3. 技術 配線部材

    【課題・解決手段】配線部材における所定の位置を認識しやすくできる技術を提供することを目的とする。配線部材は、配線体とパターンとを備え、前記配線体は複数の線状伝送部材とベース材とを含み、前記複数の線状伝送部材は並んだ状態で前記ベース材に固定されており、前記パターンは前記配線体に設けられて、前記配線体において前記ベース材に係る部分の少なくとも一部の2次元的位置を認識可能にする。

    配線部材

  4. 技術 配線部材

    【課題・解決手段】配線部材の形状が所定の形状からずれた場合でも、配線部材における所定の位置を認識することを可能とする技術を提供することを目的とする。配線部材は、複数の線状伝送部材と、前記複数の線状伝送部材を扁平に保持するベース部材とを含む扁平配線体と、前記扁平配線体に設けられ、前記扁平配線体の3次元的な姿勢を認識可能なパターンと、を備える。

    配線部材

  5. 【課題】誘導加熱によって配線部材と被着体とを固定する場合において、固定のための加熱を効果的に行えるようにすることを目的とする。【解決手段】配線部材付被着体の製造方法は、(a)少なくとも1本の線状伝送部材22を含む配線部材20と、被着体40の固定面41との間に、誘導加熱によって発熱する発熱体31が設けられた状態とするステップと、(b)磁場発生源52を前記配線部材20に対...

    配線部材付被着体の製造方法

  6. 【課題・解決手段】配線部材を部品に固定する構成において、配線部材を固定するための孔をなるべく少なくできるようにすることを目的とする。配線部材一体型組込部品は、組込部品(例えばドア用樹脂部品)と、配線部材とを備える。組込部品は、一方主面に配線部材収容溝が形成され、ボックス状部材の内外を仕切るように前記ボックス状部材に組込まれる部品である。配線部材は、延在方向の少なくとも...

    配線部材一体型組込部品

  7. 【課題・解決手段】電線の絶縁被覆をなるべく変形させずに電線とシート材とを熱加工できる技術を提供することを目的とする。ワイヤーハーネス(10)は、芯線(22)と芯線を覆う絶縁被覆(26)とを含む電線(20)と、樹脂製の主面(33)上に前記電線が配設されており、前記主面において前記電線と接触する部分が前記電線の前記絶縁被覆と熱加工されて電線固定部(34)に形成されているシ...

    ワイヤーハーネスおよびワイヤーハーネスの製造方法

  8. 【課題】電線束と被着体とが強固に接着されることを可能にする技術を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材の固定構造10は、電線束20と、前記電線束20に外装された外装部材30と、平面である主面41を有する被着体40と、を備え、前記外装部材30は平面である外面31を有し、前記電線束20が前記被着体40の前記主面41上に配設された状態で、前記外面31と前記主面41と...

    配線部材の固定構造及び配線部材

  9. 【課題・解決手段】基幹ケーブル12の電力用基幹導体30と分岐ケーブル13の電力用分岐導体37とは、第1基幹側バスバー56、ヒューズ及び第1分岐側バスバー60によって電気的に接続されている。基幹ケーブル12の信号用基幹導体31と分岐ケーブル13の信号用分岐導体38とは、中継バスバー64によって電気的に接続されている。

    フレキシブルフラットケーブルの接続構造

  10. 【課題・解決手段】基幹ケーブル12は、シールド層35によって電磁的にシールドされた信号用基幹導体31を有する。分岐ケーブル13は、シールド層42によって電磁的にシールドされた信号用分岐導体38を有する。信号用基幹導体31と信号用分岐導体38は、ベースシールド部材65とカバーシールド部材27とによって電磁的にシールドされた中継バスバー64によって、電気的に接続されている。

    フレキシブルフラットケーブルの接続構造

  11. 技術 配線部材

    【課題・解決手段】配線部材(10)の組付け性の向上を図ることができる技術を提供することを目的とする。配線部材(10)は、配線体(20)と、形状維持部材(40)と、を備える。配線体(20)は、シート状部材(22)と、前記シート状部材上に固定された線状伝送部材(30)とを含む。形状維持部材(40)は、前記シート状部材(22)よりも高い剛性を有するシート状に形成され、前記配...

    配線部材