川端康晴 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】効率的な運用を行えるヒートポンプシステムを提供する。【解決手段】ヒートポンプシステム10Aは、発電に伴って温熱が生じる燃料電池12と、冷媒を循環させる第1の冷媒ラインL1、第1の冷媒ラインL1に設けられ燃料電池12で発電された電力で駆動される圧縮機22B、室外機26、膨張弁VC1、及び室内機24を有する電気式ヒートポンプ14と、第1の冷媒ラインL1の冷媒に温熱...

    ヒートポンプシステム

  2. 【課題】電力を有効利用することが可能なヒートポンプシステムを提供する。【解決手段】ヒートポンプシステム10Aは、電力を生成する燃料電池12と、燃料電池12で発電された電力、及び系統電力で駆動可能とされる電気式ヒートポンプ14と、燃料電池12、電力系統42、及び電気式ヒートポンプ14に接続され、電力系統42、及び電気式ヒートポンプ14との間で電力の入出力を制御する電力入...

    ヒートポンプシステム

  3. 【課題】温水を供給するにあたって大幅に1次エネルギー使用量を削減可能な流体を加熱する熱供給装置を提供する。【解決手段】熱供給装置10Aは、発電に伴って第1の温熱が生じる燃料電池12と、燃料電池12で発電された電力によって駆動され、第2の温熱が生じる凝縮器22を備えた電気式ヒートポンプ14と、第1の温熱と第2の温熱とで上水を加熱して温水を生成する排ガス熱交換器18と、凝...

    流体を加熱する熱供給装置

  4. 【課題】電力融通サービスを利用する需要家の需要に応じて自家用発電設備の発電量を制御し、発電された電気を電力系統経由で該当する需要家に送電する。【解決手段】通信網に接続された端末で実行される送電制御方法は、電力融通サービスを利用する各需要家が電力系統から受電する電気の量を個別に予測する処理と、各需要家の自家用発電設備で発電され、電力系統に送電される電気の量を、予測された...

    送電制御方法、送電管理システム及びプログラム

  5. 【課題】自家用発電設備の出力電力の変動に伴う温室効果ガスの削減効果を削減価値として管理する。【解決手段】温室効果ガスの削減価値を管理するシステムに接続される端末で実行される価値管理方法は、燃料を用いて発電する自家用発電設備で自家消費分を超える余剰電力を発電して電力系統に逆潮することで生じる、自家消費分に対応する温室効果ガスの排出量の削減効果を第1の削減価値として算出す...

    価値管理方法、価値管理システム及びプログラム

  6. 【課題】水素透過性に優れた水素透過膜が搭載され、燃料ガスの未反応成分の酸化反応を促進する反応装置を提供する。【解決手段】燃料ガスが供給される第1流路と、酸素を含むガスが供給される第2流路と、前記第1流路と前記第2流路とを隔て、前記第1流路に供給される前記燃料ガスに含まれる水素を前記第2流路側に透過する水素透過膜と、前記第2流路に設けられ、前記酸素と前記水素透過膜を透過...

    反応装置及び燃料電池発電システム

  7. 【課題】含硫黄化合物を、液体を利用する際に吸着または変成させて、液体の品質再生または品質向上を可能とする、液体品質再生容器の材料、構造とその利用方法および、当該再生容器の品質再生・向上性能が低下した際に、当該性能を再生させる、液体品質再生容器の再利用方法を提供する。【解決手段】含硫黄化合物を吸着または変成させる、金属微粒子を担持させた、格子網状または多孔質状のフィルタ...

    液体の品質再生方法および品質再生容器と、その再利用方法

  8. 【課題】液体の保存中に生成し蓄積される液体の品質劣化成分である含硫黄化合物を、液体を利用する際に吸着または変成させて利用できるようにする液体品質再生器具の材料、構造とその利用方法および液体品質再生器具の再利用方法の提供。【解決手段】液体保存容器2から液体を流出させる流出口に、後周期遷移金属の群より選択される少なくとも1種の金属微粒子を担持させた格子網状または多孔質状の...

    液体の品質再生方法と品質再生器具と、その保管および再利用方法

  9. 【課題】反応の促進を可能とする反応装置を提供する。【解決手段】酸素透過膜付燃焼器20は、燃料極オフガスが流入可能な燃焼空間22Aと、燃焼空間22Aの内周側に気体透過膜23を隔てて配置され空気極オフガスが流入可能な空気流路24Aと、を備え、燃焼空間22A、及び空気流路24Aは、筒軸方向に向けて螺旋状に形成されており、燃焼空間22Aでは、第2燃料極オフガス中の可燃ガスと酸...

    反応装置、及び燃料電池発電システム

  10. 【課題】低温液体燃料の冷熱、及び低温液体燃料が気化する際の膨張エネルギーの少なくとも一方を有効活用する燃料電池発電システムを提供する。【解決手段】燃料電池発電システム10Aは、温度0℃以下の低温液体燃料が供給される酸化剤ガス管P1と、低温液体燃料が気化した燃料ガスと酸素を含む酸化剤ガスとにより発電し、第1の二酸化炭素ガスを含むオフガスを排出する第1燃料電池セルスタック...

    燃料電池発電システム

  11. 【課題】発電設備を所有するが電力をあまり使用しない者も利益を享受することができるとともに、非化石価値の電力を使いたいという需要家の選択肢を拡大するシステムを実現することができるエネルギー売買装置を提供する。【解決手段】発電設備を有して発電する売電者から購入した電力量である買電量を把握する買電量把握部と、買電量把握部が把握した買電量に応じたCO2排出権を算出する排出権算...

    エネルギー売買装置、プログラム

  12. 【課題】清酒をはじめとする液体の長期保存と品質維持を可能とする液体保存容器とその製造方法および再生方法を提供する。【解決手段】液体保存容器1の底面3内側の薄膜層または容器内壁層内に、液体の品質劣化成分である含硫黄化合物を吸着または変成する効果を有する微粒子を誘導加熱により加熱し、容器内側の薄膜層か容器内壁層に一部を埋没させた状態で融着させることにより、液体保存容器に液...

    液体保存容器とその製造・再生方法

  13. 【課題】酸素透過性に優れた酸素透過膜、又は水素透過性に優れた水素透過膜が搭載され、燃料ガスの未反応成分の酸化反応を促進する反応装置を提供する。【解決手段】燃料ガスが供給される第1流路と、酸素を含むガスが供給される第2流路と、前記第1流路と前記第2流路とを隔て、前記第2流路に供給される前記ガスに含まれる酸素を前記第1流路側に透過する酸素透過膜と、前記第1流路に設けられ、...

    反応装置、及び燃料電池発電システム

  14. 【課題】燃料電池の排ガスから分離した二酸化炭素ガスを効率よく液化して液化二酸化炭素として回収することを可能とする、液化二酸化炭素回収型燃料電池発電システムを提供する。【解決手段】燃料電池発電システム10Aは、炭素化合物を含み燃料極へ供給される燃料ガスと、酸素を含み空気極へ供給される酸化剤ガスと、により発電し、オフガスを排出する第1燃料電池セルスタック12、及び第2燃料...

    液化二酸化炭素回収型燃料電池発電システム

  15. 【課題】燃料電池の発電に伴って発生した二酸化炭素を炭素にして、二酸化炭素ガスの大気放出を抑制し、輸送および固定化するプロセスを大幅に簡素化し、高効率化させることができる、炭素回収型燃料電池発電システムを提供する。【解決手段】燃料電池発電システム10は、炭素化合物を含み燃料極へ供給される燃料ガスと、酸素を含み空気極へ供給される酸化剤ガスと、により発電し、オフガスを排出す...

    炭素回収型燃料電池発電システム

  16. 【課題】効率よく二酸化炭素を回収することが可能な二酸化炭素回収型燃料電池発電システムを提供する。【解決手段】燃料電池発電システム10Aでは、空気極12Bから送出された空気極オフガスは、排熱投入型吸収式冷凍機36へ導入され、排熱投入型吸収式冷凍機36で空気極オフガスを熱源として冷熱が生成される。そして、排熱投入型吸収式冷凍機36で生成された冷熱により、凝縮器26で燃焼オ...

    二酸化炭素回収型燃料電池発電システム

  17. 【課題】簡易な調整により燃料極オフガスから高濃度の二酸化炭素を回収することができる二酸化炭素回収型燃料電池発電システムを提供する。【解決手段】燃料電池発電システム10Aでは、燃焼部22において、第2燃料極14Aから送出された第2燃料極オフガスが、酸素分離部で分離された酸素との反応により燃焼し、燃焼部22から送出される燃焼オフガスは、凝縮器26で水蒸気が凝縮により除去さ...

    二酸化炭素回収型燃料電池発電システム

  18. 【課題】発電効率を向上させつつ燃料極オフガスから高濃度の二酸化炭素を回収することが可能な二酸化炭素回収型燃料電池発電システムを提供する。【解決手段】燃料電池発電システム10Aでは、燃焼部22において、第2燃料極14Aから送出された第2燃料極オフガスが、第2空気極14Bから送出された空気極オフガスから酸素分離部で分離された酸素との反応により燃焼する。燃焼部22から送出さ...

    二酸化炭素回収型燃料電池発電システム