川上修平 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 作業車両

    【課題】整地装置による未整地領域の有無を事前に把握する事ができると共に、圃場の整地性が向上する作業車両を提供する。【解決手段】走行車体と、前記走行車体に連結され、圃場に対し所定の作業が可能な作業装置と、前記圃場を整地する整地装置と、前記走行車体の位置情報を取得する位置情報取得装置と、前記位置情報取得装置により取得された前記位置情報と、所定の走行経路情報とに基づいて、前...

    作業車両

  2. 技術 作業車両

    【課題】簡素な制御で自動旋回を行うこと。【解決手段】実施形態に係る作業車両は、走行車輪と、ステアリング装置と、モータと、位置取得装置と、制御装置とを備える。走行車輪は、走行車体に取り付けられる。ステアリング装置は、走行車輪の操舵量を調整する。モータは、ステアリング装置を駆動する。位置取得装置は、測位手段から測位情報を受け取り、受け取った測位情報に基づいて機体の現在の位...

    作業車両

  3. 技術 作業車両

    【課題】簡素な制御で自動旋回を行うこと。【解決手段】実施形態に係る作業車両は、走行車輪と、ステアリング装置と、モータと、位置取得装置と、制御装置とを備える。走行車輪は、走行車体に取り付けられる。ステアリング装置は、走行車輪の操舵量を調整する。モータは、ステアリング装置を駆動する。位置取得装置は、測位手段から測位情報を受け取り、受け取った測位情報に基づいて機体の現在の位...

    作業車両

  4. 技術 移植機

    【課題】 n(≧2)個の植付けユニットを有する従来の移植機に関しては、作業者はn個の苗箱の内のどの苗箱が詰まっているのかを容易に認識することができない。【解決手段】 4個の植付けユニット110を備えた移植機であって、対応する植付けユニット110へ苗箱211をそれぞれ搬送するための動作を行う、4個の苗箱搬送ユニット220と、対応する苗箱搬送ユニット220の動作状態を...

    移植機

  5. 技術 作業車両

    【課題】作業走行中に機体に異常が生じると、自動操舵を停止して、苗の植付不良を防ぐことができる作業車両を提供する。【解決手段】圃場10を自律走行する作業車両1であって、ステアリング装置150と、位置情報取得装置450と、経路算定部482と、異常検出部460と、自動運転制御部480とを備え、自動運転制御部480は、ステアリング装置150を制御して、経路算定部482によって...

    作業車両

  6. 技術 作業車両

    【課題】トラニオンアームの位置を正確に検出すること。【解決手段】実施形態に係る作業車両は、走行車体と、作業機と、操作部材と、静油圧式の無段変速機構と、制御部と、トラニオン検出部材とを備える。走行車体は、駆動源から動力が伝達可能な走行車輪を有する。作業機は、走行車体に設けられ、駆動源から動力が伝達可能である。操作部材は、走行車体に対する停止を含む車速調節を行う場合に操作...

    作業車両

  7. 【課題】再実行する機能を選択しやすい履歴表示を提供することを目的とする。【解決手段】機能が実行された際のジョブ設定と、機能が実行された際のジョブ結果と、を基に、文書画像を生成する。機能の履歴として、ジョブ設定と、文書画像と、を表示する。

    画像形成装置、情報処理方法及びプログラム

  8. 技術 施肥装置

    【課題】試し繰り出しに掛かる手間を低減する施肥装置を提供する。【解決手段】肥料を貯留する貯留部と、貯留部の下方に設けられ、貯留部から肥料を繰り出す繰出部と、繰出部を回転させて肥料の散布を行う第一動力源と繰出部を回転させて肥料の試し繰り出しを行う第二動力源Bを設け、第一動力源から第二動力源Bへ及び、第二動力源Bから第一動力源へは回転動力は伝達をせず、第一動力源は機体の走...

    施肥装置

  9. 【課題】作業車両が圃場を自律走行中に作業をすることが困難になっても、容易に作業に復帰することができる作業車両の自律走行システムを提供する。【解決手段】作業車両100が自動運転ECU302と、センサ異常検出部308と、作業走行を中断して機体を所定位置まで退避させる退避手段とを備え、自動運転ECU302は、位置情報取得部301により自機の位置情報を取得しながら圃場13の内...

    作業車両の自律走行システム

  10. 技術 作業車両

    【課題】作業性を向上させる作業車両を提供すること。【解決手段】実施形態の一態様に係る作業車両は、走行車輪の舵角を調整するステアリング装置と、ステアリング装置を操作する第1モータと、主変速機構を操作する第2モータと、自動旋回制御を実行する制御装置とを備える。制御装置は、所定旋回条件を満たす場合に、走行車体が直進状態となるように第1モータを制御し、走行車体が後進状態となる...

    作業車両

  11. 技術 苗移植機

    【課題】部分条クラッチの誤操作を防止すること。【解決手段】実施形態に係る苗移植機は、植付装置と、部分条クラッチと、指示部と、制御部とを備える。植付装置は、3つ以上の複数であり、走行車体の左右方向に並び、圃場に苗を植え付ける。部分条クラッチは、複数であり、それぞれ対応する植付装置に対する動力伝達の入切を行う。指示部は、複数であり、それぞれ対応する部分条クラッチに対する入...

    苗移植機

  12. 技術 作業車両

    【課題】変速レバーに設けられた切替スイッチの誤操作を防止出来る作業車両を提供すること。【解決手段】走行車体2に搭載されたエンジン20と、走行車体2に連結され、圃場に対し苗の植付作業が可能な植付装置52と、エンジン20からの動力の前輪10及び後輪11への伝達を制御するHST23と、HST23の出力を切り替える切替操作を行う主変速レバー33と、を備え、主変速レバー33には...

    作業車両

  13. 技術 作業車両

    【課題】安全で容易に変速操作することのできる作業車両を提供すること。【解決手段】エンジンから入力される動力を変速して出力するHSTと、エンジンの回転数のみを変更するスロットル調整を行う第1の走行モードと、第1の操作具81または第2の操作具29のいずれか一方の操作により車速調整を行う第2の走行モードとを、モード切替スイッチの操作に応じて選択的に切替えて走行車体の走行を制...

    作業車両

  14. 技術 作業車両

    【課題】円滑な自動走行による作業を行わせるとともに、圃場を荒らし難くした作業車両を提供すること。【解決手段】作業車両は、位置情報取得装置により取得した自車位置情報に基づき、走行車体を自動走行させる走行処理を実行するとともに、作業装置を駆動しての作業処理を実行する制御装置を備え、制御装置は、走行車体を圃場の外周を周回させることで、圃場の外形を導出可能な圃場位置情報を取得...

    作業車両

  15. 技術 作業車両

    【課題】燃料切れを事前に防いで、効率よく作業できる作業車両を提供する。【解決策】走行車体100の自己位置を測定する測位装置174と、予め設定された予定走行経路R1に沿って自律走行させる制御部150と、燃料タンク60内の燃料残量を検出する燃料残量センサ61と、自律走行の開始を指示する自律走行開始指示手段110を備え、前記制御部150は、自律走行の開始が指示されると、燃料...

    作業車両

  16. 技術 作業車両

    【課題】作業者の誰もが容易に変速操作することのできる作業車両を提供すること。【解決手段】作業車両の走行車体は、エンジンから入力される動力を変速して出力するHSTと、レバー型の第1の操作具およびペダル型の第2の操作具と、第1、第2の操作具のいずれか一方の操作により車速調整を行い、いずれか他方の操作によりスロットル調整を行う第1の走行モードと、第1の操作具または第2の操作...

    作業車両