川上修平 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 移植機

    【課題】植付け条ごとの作業に利用される作業資材の作業資材残量についての利便性を向上させることができる移植機を提供する。【解決手段】植付け条ごとの植付け作業に利用される苗を保持する苗保持部105と、苗保持部105により保持されている苗の苗残量の検知を各々の植付け条について行う苗残量検知部106と、を備え、苗残量検知部106は、あらかじめ設けられた複数個の苗残量レベルに応...

    移植機

  2. 【課題】モバイル端末上で複数にわたる画面を操作する際に、ユーザの操作性を向上させる情報処理装置、情報処理システム及びその制御方法を提供する。【解決手段】情報処理システムにおいて、画像形成装置102と通信可能なモバイル端末101は、モバイル端末上でボタンが押下されると、ボタンに対応する画面をモバイル端末上に表示し、モバイル端末と画像形成装置が通信している場合、ボタンが押...

    情報処理装置、情報処理システム、その制御方法

  3. 技術 移植機

    【課題】施肥作業の前の肥料試し繰出しを行うことが望ましいため、施肥作業の前の肥料試し繰出しに関する効率性を向上させることを目的とする。【解決手段】動力を発生するエンジン(20)と、前記エンジン(20)により発生された動力を利用して施肥作業を行う施肥装置(70)と、前記施肥装置(70)へ動力を供給する第一モーター(200)と、施肥作業の前の肥料試し繰出しを行う場合におい...

    移植機

  4. 技術 作業車両

    【課題】圃場間の移動であっても安全に自動走行可能な作業車両を提供する。【解決手段】作業車両1は、昇降自在に連結された作業装置60を備える走行車体2と、走行装置5,6に動力源4からの動力を伝達する動力伝達装置7と、自車両の位置を測位する測位装置310と、走行装置5,6を操舵する操舵装置51と、自車両の移動先となる目標地点の登録を受け付ける目標地点登録部44を有するととも...

    作業車両

  5. 技術 苗移植機

    【課題】走行と反転を繰り返しながら圃場に苗を植え付ける場合に、はじめから、次に苗の植え付けを行う列の側の線引きマーカーを作用姿勢に切換えることができ、操作性の良い苗移植機を提供する。【解決手段】 苗移植機1は、走行車両と、走行車両の後部に取り付けられた、植付装置を有する苗植付部と、走行車両または苗植付部に設けられた左右一対の線引きマーカーであって、走行車両が走行する...

    苗移植機

  6. 技術 作業車両

    【課題】圃場作業等の走行負荷を受ける状況においても、静油圧式無段変速部の適切な圧抜きを可能とする作業車両を提供する。【解決手段】圃場作業の作業機4,5と内燃機関による原動部20とを備えた機体を走行車輪10,11によって支持し、前記原動部20から受けた動力を前後進調節レバー17の操作に応じて無段変速する静油圧式無段変速伝動機構23を備え、この無段変速伝動機構23の変速動...

    作業車両

  7. 技術 作業車両

    【課題】圃場における畔際近傍においても走行車体を旋回させることなく、所望する対置作業を継続させることのできる作業車両を提供する。【解決手段】走行車体2に取り付けられた作業装置67と、前記作業装置により作業を行っている間の走行距離を検出する検出部と、前記走行車体の位置情報を取得する位置情報取得部120と、前記走行車体が自動直進するように舵角を調整する舵角調整部と、前記位...

    作業車両

  8. 技術 移植機

    【課題】 従来の田植え機などのような移植機は、車体の自動旋回制御を行うことができない。【解決手段】 ステアリングモーター45にステアリングハンドル52を駆動させることにより、車体10の自動旋回制御を行う制御装置200を備え、植付け装置100が上昇された後に行われる自動旋回制御においては、ステアリングハンドル52の状態は、直進状態から旋回状態へ変化させられ、旋回状態...

    移植機

  9. 技術 移植機

    【課題】 田植え機などのような従来の移植機は、作業装置が上昇されている場合において、車体の旋回アシストの開始を許容することができない。たとえば、従来の移植機は、作業装置が下降され、車体が前進しながら作業装置による作業が行われ、車体が停止して後進し、作業装置が上昇された後に、車体が停止した場合において、車体の旋回アシストの開始を許容することができない。【解決手段】 ...

    移植機

  10. 技術 作業車両

    【課題】後方障害物検知手段による作業機の誤検知を防止することにより、効率よく作業できる作業車両を提供する。【解決手段】 作業車両1は、走行車両2と、走行車両2の後部に取り付けられる作業機40と、作業機40に設けられ、当該作業機40の形状に関するデータを記憶する作業機制御部40Aと、走行車両2に取り付けられ、後方の障害物を検知する後方障害物検知手段11と、走行車両2に...

    作業車両

  11. 技術 作業車両

    【課題】作業性の向上や省力化を図ること。【解決手段】走行車体と、前記走行車体に装着され、圃場で作業を行う作業装置と、前記走行車体を操舵操作する操舵部材と、前記走行車体の位置座標を取得する位置情報取得装置と、前記操舵部材を作動させて前記走行車体を直進走行させる自動直進装置と、前記走行車体の直進走行の基準となる走行基準データを取得する基準位置取得部材と、各部の制御を行う制...

    作業車両

  12. 技術 作業車両

    【課題】簡素な制御で自動旋回を行うことができる作業車両を提供すること。【解決手段】実施形態の一態様に係る作業車両は、走行車体に取り付けられた走行車輪と、圃場に作業を行う圃場作業装置と、走行車輪の操舵量を調整するステアリング装置と、ステアリング装置を駆動させるモータと、モータを制御する制御装置とを備え、制御装置は、圃場作業装置が作業状態から非作業状態になった場合に、操舵...

    作業車両

  13. 技術 作業車両

    【課題】精度良く自動旋回を行うことができる作業車両を提供すること。【解決手段】実施形態の一態様に係る作業車両は、走行車体に取り付けられた走行車輪と、走行車輪の操舵量を調整するステアリング装置と、ステアリング装置を駆動させるモータと、測位手段から測位情報を受け取り、受け取った測位情報に基づいて走行車体の現在の位置情報を取得する位置取得装置と、モータを制御する制御装置とを...

    作業車両

  14. 技術 作業車両

    【課題】自動旋回における安全性を向上させることができる作業車両を提供すること。【解決手段】実施形態の一態様に係る作業車両は、走行車体に取り付けられた走行車輪の操舵量を調整するステアリング装置と、ステアリング装置を駆動させるモータと、測位手段から測位情報を受け取り、受け取った測位情報に基づいて走行車体の現在の位置情報を取得する位置取得装置と、走行車体の左右方向にそれぞれ...

    作業車両

  15. 【課題】 圃場と圃場との間の農道を安全に移動できること。【解決手段】 農道データを含む地図データと、自由移動可能な移動可能経路データとを含む経路情報を利用可能な作業車両1であって、経路情報は、分岐点及び行き止まり点同士で結ばれる経路単位で構成され、作業車両1の自己位置を測位する測位手段9と、作業車両1に連結された作業機6と、測位手段9と、経路情報とを利用して自動走...

    農道経路情報格納システムおよび作業車両

  16. 技術 移植機

    【課題】 施肥作業の前の肥料試し繰出しを行うことが望ましい。しかしながら、上述された従来の移植機に関しては、施肥作業の前の肥料試し繰出しに関する効率性が必ずしも十分ではない。【解決手段】 動力を発生するエンジン20と、エンジン20により発生された動力を利用して施肥作業を行う施肥装置70と、施肥装置70へ動力を供給する第一モーター200と、施肥作業の前の肥料試し繰出...

    移植機

  17. 技術 作業車両

    【課題】 直進走行の基準位置が誤操作で取得されることを防止できると共に、部品数の増大を抑えることができる作業車両を提供することを目的とする。【解決手段】 機体を操舵操作する操舵部材(35)と、機体の位置座標を取得する位置情報取得装置(200)と、前記操舵部材(35)を作動させて機体を直進走行させる自動直進装置(205)と、機体各部の制御を行う制御装置(100)を備...

    作業車両