嶋本敬介 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】剥落対策工の落下や垂れ下がりの心配がなく、補強後のコンクリート覆工の変状点検、変状進展の確認が容易であり、しかも、剥落対策工の背面に滞水しない、樹脂吹付けによるモルタル又はコンクリート面の剥落対策工法を提供する。【解決手段】樹脂吹付けによるモルタル又はコンクリート面の剥落対策工法において、モルタル又はコンクリート面3にプライマーを塗布し、ゼブラ配置でポリウレア...

    樹脂吹付けによるモルタル又はコンクリート面の剥落対策工法

  2. 【課題】トンネルの補強工の設計に有用なトンネル覆工の背面地山の剛性を簡単に評価することができる背面地山の剛性評価装置とその剛性評価方法を提供する。【解決手段】剛性評価装置6は、トンネル覆工T1の背面地山GL,GRの剛性を評価する。剛性評価装置6は、載荷装置2が作用させる荷重Fと、伸び検出装置4が検出する伸びu1と、変位検出装置5L,5Rが検出する変位u2,u3とに基づ...

    背面地山の剛性評価装置とその剛性評価方法、トンネル覆工の変形修復装置とその変形修復方法

  3. 【課題】ひび割れの角度を簡易に判定することができるひび割れ角度判定装置及びひび割れ角度判定方法を提供する。【解決手段】ひび割れ角度判定装置4は、物体Mの深さ方向のひび割れCとこの物体Mの表面M1とがなすひび割れ角度θを評価する。ひび割れ深さ演算部14は、ひび割れC上の物体Mの表面M1を複数の打撃位置で打撃したときに発生する振動に基づいて、各打撃位置におけるひび割れ深さ...

    ひび割れ角度判定装置及びひび割れ角度判定方法

  4. 【課題】樹脂材料を吹き付ける環境と同じ環境に置かれた供試体を使用することで精度の高い管理を行うことが可能な樹脂材料の経時変化の管理方法を提供する。【解決手段】構造物の表面に吹き付けられた樹脂材料の経時変化の管理方法で、吹付け施工領域と同じプライマーが塗布された側壁に、複数の穴が形成された供試体用型枠を設置する工程S2,S3と、供試体用型枠の穴に吹付け施工領域に吹き付け...

    樹脂材料の経時変化の管理方法及び供試体用型枠

  5. 【課題】樹脂材料を吹き付けることによって作製された供試体を使用して性能試験を施工前に行うことで、品質を安定化させることが可能な樹脂材料の品質管理方法を提供する。【解決手段】構造物の表面に吹き付けられる樹脂材料の品質管理方法である。そして、性能試験用の供試体を作製するために、複数の穴が形成された供試体用型枠を設置する工程(ステップS1)と、供試体用型枠の穴に、構造物の表...

    樹脂材料の品質管理方法及び供試体用型枠