島田毅昭 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~13件を表示(13件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】 ライナ本体と樹脂被覆層との接着性を向上させることができる圧力容器用ライナの製造方法を提供する。【解決手段】 圧力容器用ライナの製造方法は、筒状の胴および胴の両端開口を閉鎖する鏡板よりなり、かつ一方の鏡板に口金取付部を有するアルミニウム製ライナ本体と、ライナ本体における少なくとも胴の外周面を覆う樹脂被覆層とを備えた圧力容器用ライナを製造する方法である。この...

    圧力容器用ライナの製造方法

  2. 【課題】 停止状態の車両の始動に先立って車両状態の検査を行う場合であっても、車両を速やかに始動させることが可能な車両用始動制御方法を提供する。【解決手段】 水素吸蔵の有無に応じて変化する特性により水素の検出を行う水素検出センサと、前記水素検出センサの起動および停止を指示するスイッチと、を備えた車両用始動制御方法であって、前記スイッチにより前記水素検出センサを起動し...

    車両用始動制御方法

  3. 【課題】 簡易な構成で、水素供給システムの温度を所定温度T1以上に維持しつつ、遮断弁や減圧弁などの制御バルブによって、水素の流通を好適に制御できる水素システムを提供する。【解決手段】 タンク本体2Aと燃料電池との間で、内部に弁体および弁座を内蔵して水素の流通を制御するタンクバルブ2Bおよび調圧器3を備え、弁体と弁座とが弾性的に密着することでタンクバルブ2Bが閉じら...

    水素供給システム

  4. 【課題】 重量および製造コストを低く抑えることができ、しかも減圧器の下流側のデバイスを確実に保護できる高圧ガス供給システムを提供する。【解決手段】 容器主止弁3を備えた高圧容器2と、容器主止弁3の下流側に設けられる減圧器10と、この減圧器10の下流側に設けられる遮断弁20とを備える。容器主止弁3から減圧器10までのガス流路Raの容積をV1とし、減圧器10から遮断弁...

    高圧ガス供給システム

  5. 【課題】 本発明では、主として、パイプの肉厚を厚くする構造よりも、容器全体の軽量化を図ることができる水素貯蔵容器を提供することを目的とする。【解決手段】 水素タンク10は、両端が開放された筒状の胴部11と、この胴部11の両端に設けられる一対の鏡部12,13とからなるタンク部Tと、このタンク部T内に収容される水素吸蔵合金MHに対して熱量の受け渡しを行う冷却水が通る流...

    水素貯蔵容器

  6. 【課題】 無駄なスペースを生じさせることなく設置することができ、圧力容器として用いた場合の軽量化を図ることができる圧力容器ライナを提供する。【解決手段】 圧力容器用ライナ1は、筒状の胴2と、胴2の両端開口を閉鎖する鏡板とよりなる。圧力容器用ライナ1は、胴2を構成する第1ライナ構成部材4と、第1ライナ構成部材4の両端部に接合されかつ鏡板を構成する第2ライナ構成部材と...

    圧力容器用ライナ

  7. 【課題】燃料電池の内部温度を目標温度まで上昇させるために必要な熱量を、燃料電池の内部が過剰に加熱されることを防止して加熱手段から燃料電池に供給することができる燃料電池の起動方法及び燃料電池発電システムを提供する。【解決手段】氷点下環境における燃料電池の起動時に、コントロールユニットは、STEP1でヒータにより加熱した冷媒をポンプによって循環通路内に循環させて燃料電池を...

    燃料電池の起動方法及び燃料電池システム

  8. 技術 圧力容器

    【課題】 無駄なスペースを生じさせることなく設置することができ、しかも大容量化を図ることができる圧力容器を提供する。【解決手段】 両端が開口した円筒状ライナ3およびライナ3の周壁外周面を覆う繊維強化樹脂層4よりなる複数の容器構成体2を並べて一体化することにより構成された圧力容器1である。容器構成体2のライナ3の両端部に跨って外方に膨出したドーム状連通部材6を固定す...

    圧力容器

  9. 技術 圧力容器

    【課題】 無駄なスペースを生じさせることなく設置することができ、しかも大容量化を図ることができる圧力容器を提供する。【解決手段】 両端が開口した円筒状ライナ3およびライナ3の周壁外周面を覆う繊維強化樹脂層4よりなる複数の容器構成体2を並べて一体化することにより構成された圧力容器1である。容器構成体2のライナ3の両端部に跨って外方に膨出したドーム状連通部材6を固定す...

    圧力容器

  10. 技術 圧力容器

    【課題】 無駄なスペースを生じさせることなく設置することができ、しかも大容量化を図ることができる圧力容器を提供する。【解決手段】 両端が開口した非円筒状ライナ3A、3Bおよびライナ3A、3Bの周壁外周面を覆う繊維強化樹脂層4よりなる複数の容器構成体2を並べて一体化することにより構成された圧力容器1である。容器構成体2のライナ3A、3Bの両端部に跨って外方に膨出した...

    圧力容器

  11. 技術 圧力容器

    【課題】 補強繊維をライナの長さ方向への巻き付けを簡単に行うことができる圧力容器を提供する。【解決手段】 筒状ライナ3およびライナ3の周壁外周面にその周方向に巻き付けられた補強繊維を有しかつライナ3の周壁外周面を覆う第1の繊維強化樹脂層4よりなる容器構成体2と、すべての容器構成体2の長さ方向に巻き付けられた補強繊維を有する第2の繊維強化樹脂層20とを備えた圧力容器...

    圧力容器

  12. 【課題】 燃料電池に供給される反応ガス中から不純物を効果的に除去することができる燃料電池用ガス浄化ユニットを提供する。【解決手段】 燃料電池1に反応ガスを供給する反応ガス供給流路7に配設される燃料電池用ガス浄化ユニットである。前記反応ガス供給流路7には、前記反応ガス中の有機成分を分解する触媒13と、前記触媒13の下流側に設けられるフィルタ12とを備える。

    燃料電池用ガス浄化ユニット

  13. 【課題】 長さ方向の力に対する耐圧強度が増大した圧力容器用ライナを提供する。【解決手段】 圧力容器用ライナ1は、両端が開口した筒状部6および筒状部6内に設けられかつ筒状部6内を両端が開口した複数の空間8に仕切る補強壁7とを有する第1ライナ構成部材4と、一端が開口するとともに他端が閉鎖された筒状部9および筒状部9内に設けられかつ筒状部9内を一端が開口した複数の空間1...

    圧力容器用ライナおよびその製造方法