岡田英樹 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】電気特性に優れる電子写真感光体を提供する。【解決手段】電子写真感光体は、導電性基体と、感光層とを備える。感光層は、下記一般式(1)で表される化合物を含有する。一般式(1)中、R1及びR2は、各々独立に、炭素原子数1以上12以下のアルキル基、炭素原子数6以上14以下のアリール基、炭素原子数7以上12以下のアラルキル基、又は炭素原子数3以上10以下のシクロアルキル基を表す。

    電子写真感光体

  2. 【課題】感光体の電気特性を向上させるキノン誘導体を提供する。【解決手段】下記一般式(1)で表されるキノン誘導体。

    キノン誘導体及び電子写真感光体

  3. 【課題】電子写真感光体の白点現象の発生を抑制するナフトキノン誘導体を提供する。【解決手段】ナフトキノン誘導体は、一般式(1)で表される。一般式(1)中、R11及びR12は、各々独立に、炭素原子数1以上8以下のアルキル基、置換基を有してもよい炭素原子数6以上14以下のアリール基、置換基を有してもよい炭素原子数7以上20以下のアラルキル基、及び置換基を有してもよい炭素原子...

    ナフトキノン誘導体及び電子写真感光体

  4. 【課題】電子写真感光体の感光層に含有された場合に、形成画像における白点の発生を抑制する化合物を提供する。【解決手段】式(1)で表される化合物。(R1はハロゲン原子を1つ以上有するC1〜8のアルキル基、ハロゲン原子を1つ以上有するC3〜10のシクロアルキル基、ハロゲン原子を1つ以上有しC1〜6のアルキル基を有してもよい炭素原子数6〜14以下のアリール基、ハロゲン原子を1...

    マロノニトリル誘導体及び電子写真感光体

  5. 【課題】形成画像における白点の発生を抑制可能な電子写真感光体を提供する。【解決手段】電荷発生剤と電子輸送剤とを含有する単層型感光層を備え、電子輸送剤は、下記一般式(1)で表される化合物を含み、感光層と炭酸カルシウムとを摩擦させたときの炭酸カルシウムの帯電量は、7.0μC/g以上である。

    電子写真感光体、プロセスカートリッジ及び画像形成装置

  6. 【課題】導電性基体と感光層とを備える電子写真感光体において、白点現象の発生を抑制する新規ナフタレンテトラカルボジイミド誘導体の提供。【解決手段】下式(1)で示されるナフタレンテトラカルボジイミド誘導体。[R1及びR2は各々独立に、C1〜6のアルキル基とフェニルカルボニル基との何れかを有してもよいC6〜14のアリール基、C7〜20のアラルキル基、C1〜8のアルキル基又は...

    ナフタレンテトラカルボジイミド誘導体及び電子写真感光体

  7. 【課題】白点現象の発生を抑制する電子写真感光体を提供する。【解決手段】電子写真感光体は、導電性基体と感光層とを備える。感光層は、電荷発生剤と、電子輸送剤と、正孔輸送剤と、バインダー樹脂とを含有する単層型感光層である。電子輸送剤は、一般式(1)で表されるナフタレンテトラカルボジイミド誘導体を含む。感光層と炭酸カルシウムとを摩擦させたときの炭酸カルシウムの帯電量は、7μC...

    電子写真感光体、プロセスカートリッジ、及び画像形成装置

  8. 【課題】EGFR阻害剤への適応性をより的確に判定するために、BRAF突然変異の新規なEGFR阻害剤治療効果予測マーカーを開発すること。【解決手段】本発明のEGFR阻害剤の治療効果を予測するヒトBRAFの突然変異を検出する方法は、患者の生体サンプルを用いて、配列番号1のヒトBRAFタンパク質のアミノ酸配列において、G469、L485、Q524、L525、D594及びV6...

    BRAF変異検出によるEGFR阻害剤の効果予測

  9. 【課題】白点現象の発生を抑制する電子写真感光体を提供する。【解決手段】電子写真感光体は、導電性基体と感光層とを備える。感光層は、電荷発生剤と、電子輸送剤と、正孔輸送剤と、バインダー樹脂とを含有する単層型感光層である。電子輸送剤は、一般式(1)で表されるキノン誘導体を含む。感光層と炭酸カルシウムとを摩擦させたときの前記炭酸カルシウムの帯電量は、7μC/g以上である。一般...

    電子写真感光体、プロセスカートリッジ、及び画像形成装置

  10. 【課題】電気的特性と耐摩耗性との両立が可能な積層型電子写真感光体を提供する。【解決手段】積層型電子写真感光体は、感光層を備える。感光層は、電荷発生層と、電荷輸送層とを備える。電荷発生層は、電荷発生剤を有する。電荷輸送層は、正孔輸送剤及びバインダー樹脂を有する。電荷発生剤は、CuKα特性X線回折スペクトルにおいて、ブラッグ角2θ±0.2°=27.2°に主ピークを有するチ...

    積層型電子写真感光体、積層型電子写真感光体の製造方法、プロセスカートリッジ、及び画像形成装置

  11. 【課題】電子写真感光体の電気特性を向上させる化合物の提供。【解決手段】一般式(1)で表されるトリアリールアミンヒドラゾン化合物。(R1〜R6は、各々独立して、ハロゲン原子、置換/非置換のC1−6のアルキル基、置換/非置換のC1−6のアルコキシ基又は置換/非置換のC6−14のアリール基;aは1−3以下の整数;b〜gは各々独立に0〜5の整数)。

    トリアリールアミンヒドラゾン化合物及び電子写真感光体

  12. 【課題】電子写真感光体の電気特性を向上させる化合物の提供提供。【解決手段】式(1)又は特定の構造で表されるトリアリールアミンヒドラゾン誘導体。(R1及びR2は、ハロゲン、アルキル基、アルコキシ基、又はアリール基。

    トリアリールアミンヒドラゾン誘導体及び電子写真感光体

  13. 【課題】電子写真感光体の電気特性を向上させる化合物を提供する。【解決手段】式(1)で表されるトリアリールアミンヒドラゾン化合物。(R1〜R6は各々独立にハロゲン、置換/非置換のC1〜6のアルキル基、C1〜6のアルコキシ基又は置換/非置換のC6〜14のアリール基;aは1〜3以下の整数;b及びcは各々独立に0又は1;d、e、f、g、h及びiは各々独立に0〜5の整数)。

    トリアリールアミンヒドラゾン化合物及び電子写真感光体

  14. 【課題】信頼性に優れた特定タンパク質の検出方法を提供する。【解決手段】試料中の特定タンパク質を検出する方法であって、前記特定タンパク質の部分ペプチドを抗原ペプチドとして生産された抗ペプチド抗体を用いた免疫測定法により、前記特定タンパク質を検出する免疫測定工程と、前記特定タンパク質のペプチド断片であって、前記抗原ペプチドを構成するアミノ酸配列の少なくとも4アミノ酸残基と...

    タンパク質の検出方法

  15. 【課題】結晶化の抑制及び電気特性を両立可能な電子写真感光体を提供する。【解決手段】電子写真感光体は、感光層を備える。感光層は、下記一般式(1)で表される化合物を含有する。一般式(1)中、R1は、ハロゲン原子、炭素原子数1以上6以下のアルキル基、又は炭素原子数1以上6以下のアルコキシ基を表す。R2及びR3は、各々独立に、炭素原子数1以上10以下のアルキル基を有してもよい...

    電子写真感光体

  16. 【課題】電子写真感光体の電気特性を向上させるナフタレンジカルボイミド誘導体の提供。【解決手段】式(1)等で表されるナフタレンジカルボイミド誘導体。(R1及びR2は各々独立に、C6−14のアリール基を有してもよいC1−10のアルキル基、C1−10のアルキル基を有してもよいC6−14のアリール基、C3−10のシクロアルキル基、又はC1−6のアルコキシ基;mは0−4の整数;...

    ナフタレンジカルボイミド誘導体及び電子写真感光体

  17. 【課題】電気特性に優れる電子写真感光体を提供する。【解決手段】電子写真感光体は、感光層を備える。感光層は、下記一般式(1)で表される化合物を含有する。一般式(1)中、R1は、アリール基を有してもよい炭素原子数1以上6以下のアルキル基、アルキル基を有してもよい炭素原子数6以上14以下のアリール基、又は炭素原子数3以上10以下のシクロアルキル基を表す。R2及びR3は、各々...

    電子写真感光体

  18. 【課題】電子写真感光体の電気特性を向上させるナフトキノン誘導体の提供。【解決手段】下記式(1−1)で表される化合物を代表例とするピラゾール骨格、イミダゾール骨格、又はピロール骨格をも有するナフトキノン誘導体の使用。

    ナフトキノン誘導体及び電子写真感光体

  19. 【課題】耐摩耗性及び電気特性の両立可能な積層型電子写真感光体を提供する。【解決手段】積層型電子写真感光体は、感光層を備える。感光層は、電荷発生層と、電荷輸送層とを備える。電荷発生層は、電荷発生剤を含有する。電荷輸送層は、正孔輸送剤及びバインダー樹脂を含有する。正孔輸送剤は、一般式(1)で表されるトリアリールアミン誘導体などのトリアリールアミン誘導体のうちの1種以上を含...

    積層型電子写真感光体、及び画像形成装置

  20. 【課題】電子写真感光体の電気特性を向上させるトリアリールアミン誘導体の提供。【解決手段】式(1)で表されるトリアリールアミン誘導体。

    トリアリールアミン誘導体及び電子写真感光体

  1. 1
  2. 2