山田勉 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】プレキャストコンクリート部材を所定の接合位置まで移動する際の移動方向の自由度を高める。プレキャストコンクリートをできる限り薄くする。コストを削減する。【解決手段】プレキャストコンクリートからなるアーチ型覆工体2を現場打ちコンクリートからなるインバートコンクリート4に接合するコンクリート部材の接合構造である。アーチ型覆工体2の接合面6に一端を臨ませてシース管30...

    コンクリート部材の接合構造

  2. 【課題】覆工体としてプレキャストコンクリート部材を用いて、省力的、安全かつ迅速な施工を可能とし、覆工コンクリートの品質上の不具合をなくすトンネル覆工体の施工方法を提供する。【解決手段】アーチ型覆工体2の両脚部下端に形成した増厚部17の下端に第1水平面部11を形成し、インバートコンクリート4の前記第1水平面部11に対向する部分に所定の空間18を空けて第2水平面部8を形成...

    トンネル覆工体の施工方法

  3. 【課題】既存の制御装置に、通信のリアルタイム性に影響を与えずにDoS攻撃を検知または回避するセキュリティ機能を追加する。【解決手段】ネットワークから制御装置に送信する通信フレームを中継する通信制御装置Tは、通信フレームのIFGを測定するIFG測定部201と、通信フレームのデータをストアすることなくスキャンし、スキャンデータと通信フレームの配列のデータを取得する通信フレ...

    通信制御装置および通信制御方法

  4. 【課題】印刷媒体の逆送り機能により、どの程度印刷媒体を節約できたかをユーザーに報知可能な報知制御装置、印刷装置、報知制御装置の制御方法およびそのプログラムを提供する。【解決手段】本発明の報知制御装置を適用したテープ印刷装置Aは、テープを送りながら印刷する印刷動作の前に、テープの逆送り動作を行うことが可能な印刷部10と、テープの前端から印刷開始位置までのテープの長手方向...

    報知制御装置、印刷装置、報知制御装置の制御方法およびそのプログラム