山本幸治 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】ステッピングモーターのHブリッジ回路に使用されるスイッチング素子のショートや、モーター巻線のレアショートなどの故障した部品を特定することが出来る故障診断装置を提供する。【解決手段】本発明では、バイポーラ型ステッピングモーターを用いたステッピングモーター駆動装置において、故障が発生した際に、スローディケイモードにおいてPWM信号を入力してモーター巻線に流れる電流...

    モーター駆動装置及び故障診断方法

  2. 【課題】画像の読み取り不良が生じることを抑制する。【解決手段】画像読取装置は、搬送ローラにより原稿を画像読取部の読取位置へ搬送する。画像読取装置は、搬送ローラを駆動するモータ509と、モータ509をベクトル制御と定電流制御とのいずれかで駆動制御するモータ制御装置261と、原稿の紙種を判断し、モータ制御装置261に、該紙種に応じてベクトル制御と定電流制御とのいずれかで第...

    画像読取装置

  3. 【課題・解決手段】高硬度かつ靱性に優れる鋼は、質量%で、C:0.40〜1.00%、Si:0.10〜2.00%、Mn:0.10〜1.00%、P:0.030%以下、S:0.030%以下、Cr:1.10〜3.20%、Al:0.010〜0.10%、V:0.15〜0.50%を含有し、さらに、Ni:2.50%以下、Mo:1.00%以下の1種または2種以上を含有し、(C+V)量が質...

  4. 【課題】 原稿の表面で搬送ローラがスリップすると、原稿の搬送速度が予め設定されている搬送速度よりも遅くなり、読み取られた画像が副走査方向に伸びてしまう可能性がある。【解決手段】 原稿の先端が搬送ローラ7のニップ部に突入する際に増大する偏差Δθに基づいて、原稿の搬送が制御される。具体的には、CPU251aは、最大値Δθmaxが閾値Δθth以上である場合、最大値Δθm...

    原稿読取装置及び画像形成装置

  5. 【課題】 モータが脱調してジャムが生じた状態でシートの搬送が継続されると、前記搬送ローラの上流から当該搬送ローラまで搬送されたシートが、滞留しているシートに接触し、シートにダメージを与えてしまう可能性がある。【解決手段】 偏差Δθが閾値Δθth以上になると、モータM1を回転速度V1よりも遅い回転速度V2で回転させる。この結果、モータの出力トルクをより大きくすること...

    原稿読取装置及び画像形成装置

  6. 【課題】内燃機関の運転状態を適切に設定して制動トルクを発生できる内燃機関の制御装置を提供する。【解決手段】内燃機関を制御することにより駆動輪に制動トルクを作用させるエンジンブレーキの要求の有無を判断し、エンジンブレーキの要求がある場合には、駆動輪に作用させる制動トルクの要求を満たすようにエンジンブレーキを発生させた場合に、内燃機関の排気を浄化する触媒装置の触媒温度が所...

    内燃機関の制御装置

  7. 【課題】内燃機関の燃焼が不安定になること、および燃費が悪化することを抑制しつつ、エンジンブレーキ力を適切に制御することができる内燃機関の制御装置を提供する。【解決手段】車両に要求される制動トルクが第1所定トルク以上の場合に、混合気を圧縮する圧縮工程で点火装置により混合気を点火するとともに、要求される制動トルクが大きいほど、点火装置により混合気を点火するタイミングを早く...

    内燃機関の制御装置