山口隆弘 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】ソレノイドを大型化することなく、シャッタ動作の応答性を高くすることができるパチンコ玉用転動通路のシャッタ構造を提供する。【解決手段】パチンコ玉用転動通路3と、転動通路3を開閉するシャッタ部材4と、シャッタ部材4を閉位置に向けて付勢するばね部材35と、シャッタ部材4を閉位置から開位置に移動させるソレノイド5とを備える。ばね部材35は、長さが相対的に長い第1の圧縮...

    パチンコ玉用転動通路のシャッタ構造

  2. 【課題】パチンコ玉が蓄積されてシャッタ部材にこれが開く方向に負荷が加えられたとしてもシャッタ部材が開いてしまうことがないパチンコ玉用転動通路のシャッタ構造を提供する。【解決手段】パチンコ玉6が転動する第1および第2の転動通路3a,3bを有する。第1および第2の転動通路3a,3bの側壁に設けられたガイド溝18,19と、ガイド溝18,19に沿って第1および第2の転動通路3...

    パチンコ玉用転動通路のシャッタ構造

  3. 【課題】媒体通路を開閉するシャッタ部材が応答性よく動作するにもかかわらず、シャッタ部材と媒体通路の側壁との間に円形媒体が挟まれることがないようにする。【解決手段】円形媒体2の媒体通路3と、媒体通路3を開閉する揺動式のシャッタ部材21と、シャッタ部材21を付勢する第3のねじりコイルばね32(複数のねじりコイルばね)とを備える。シャッタ部材21が開位置に保持される開状態と...

    円形媒体処理装置のシャッタ

  4. 【課題】ねじりコイルばねの破損防止や取付面の傷付き防止を図りながら、ねじりコイルばねを有するレバー組立体の取付作業を簡素化でき、このレバー組立体を媒体通路の壁に容易に取付けることが可能な円形媒体処理装置用レバーの取付構造を提供する。【解決手段】媒体通路3の壁の一部となるフラッパ5(壁部材)と、揺動する押圧レバー15(レバー)と、押圧レバー15を付勢するねじりコイルばね...

    円形媒体処理装置用レバーの取付構造

  5. 【課題】投入口の下方に設置される円形媒体処理装置の設置方向を投入口に制約を受けることがないようにする。【解決手段】円形媒体2が立てた落下姿勢で落下して入る受入口11と、落下姿勢にある円形媒体2の径方向とは交差する方向に延びる落下口12とを備える。受入口11に入った円形媒体2が立った状態で落下口12に向かうように円形媒体2の姿勢を変える方向転換部6を備える。方向転換部6...

    円形媒体の落下方向転換ユニット