山口彰宏 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 【構成】α,α’−ジクロロキシレンを加水分解して、キシリレングリコール類を製造する方法において、強塩基により、pH計を装備した反応器内で、反応系内のpHを9.5以下に保ちつつ、水と反応させることを特徴とするキシリレングリコール類の製造方法。【効果】蛍光黄色副生成物が低減されたキシリレングリコール類及び/又はそのオリゴマーを、高価な弱塩基を使用することなく、安価な強塩基...

  2. 【課題】ポリアミド、ポリイミド、ポリアミドイミド、ビスマレイミドおよびエポキシ樹脂の原料として有用であり、特に、可撓性や成形加工性を十分に満足し、極めて優れた耐熱性ポリイミドの原料として有用な芳香族ジアミノ化合物を提供する。【解決手段】一般式(3)【化1】(式中、Lは酸素原子、カルボニル基、イソプロピリデン基またはヘキサフルオロイソプロピリデン基を表わし、Xは、【化2...

    芳香族ジアミノ化合物

  3. 【課題】ポリアミド、ポリイミド、ポリアミドイミド、ビスマレイミドおよびエポキシ樹脂の原料として有用であり、特に、フッ素を含有し、無色透明性、低誘電性等に優れた熱可塑性ポリイミドの製造に有用な新規な芳香族ジアミノ化合物を提供する。【解決手段】一般式(3)【化1】(式中、Xは直接結合、酸素原子または硫黄原子を表わし、R1、R2、R3およびR4はそれぞれ独立して水素原子また...

    芳香族ジアミノ化合物

  4. 【課題】ポリアミド、ポリイミド、ポリアミドイミド、ビスマレイミドおよびエポキシ樹脂の原料として有用であり、特に、フッ素を含有し、無色透明性、低誘電性等に優れた熱可塑性ポリイミドの製造に有用な新規な芳香族ジアミノ化合物を提供する。【解決手段】一般式(3)【化1】(式中、トリフルオロメチル基の置換位置はピリジン核の3または4位であり、アミノ基の置換位置はエーテル結合に対し...

    芳香族ジアミノ化合物