小田洋一郎 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】被係止部の係止溝部からガイド溝部への移動を操作性良く行うことができる係合構造および什器を提供する。【解決手段】溝部64は、第1方向に延びるガイド溝部641と、ガイド溝部641から第1方向に交差する第2方向に突出する係止溝部642と、を有し、天板3は、脚部(支持構造体)設けられた第2ピン73(被係止部)がガイド溝部641に挿入されてガイド溝部641に沿って移動可...

    係合構造および什器

  2. 【課題】天板取付部の内部に設けられた係止部の露出を防止することができる天板付き什器を提供する。【解決手段】カバー部32は、第1姿勢となると塞がれ第2姿勢となると開口するカバー下方開口部325(開口部)と、カバー下方開口部325と隣接し天板取付部6を覆う第1カバー下板部326(被覆部)と、を有し、回動機構は、脚部2に一端が第2軸部54回りに回動可能に支持されたリンク部7...

    天板付き什器

  3. 技術 什器

    【課題】脚部などの支持体に天板などの回動体が回動可能に支持された什器において、回動体が常に安定した状態で支持体に支持されるとともに、回動体の回動作業を容易に行うことができる什器を提供する。【解決手段】脚部2(支持体)は、第1姿勢となった天板(回動体)に下側から当接する当接面522を有し、回動機構4は、脚部2に一端が回動可能に支持されたリンク部7と、天板に形成されリンク...

    什器

  4. 技術 什器

    【課題】可動状態から制動状態への切り換え時に、床面との間に擦れが生じるのを抑制でき、かつ、構成部材の負荷の増大を招くことなく制動状態を安定して維持することができる什器を提供する。【解決手段】什器は、什器本体と、第1制動切換機構と、第2制動切換機構と、制動操作部と、動作伝達機構と、を備えている。第1制動切換機構と第2制動切換機構は、下方に突出して床面に接地する制動ブロッ...

    什器