小田巻俊孝 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】細菌集団中の標的細菌のDNAを選択的に増幅する方法を提供する。【解決手段】細菌集団のDNAを鋳型として、標的細菌と非標的細菌のDNAの標的領域を増幅可能な第1のオリゴヌクレオチドと第2のオリゴヌクレオチドをプライマーセットとして用いて、非標的細菌のDNAの標的領域の内部配列に特異的にハイブリダイズする第3のオリゴヌクレオチドの存在下で、鎖置換活性を有しないDN...

  2. 【課題・解決手段】本発明は、フゾバクテリウム属細菌の粘膜細胞への吸着抑制用組成物の提供、並びに、粘膜細胞の炎症に起因する、潰瘍性大腸炎、大腸がん、食道がん、早産、及び歯周病からなる群から選択される疾患又は症状の予防又は治療のための、医薬組成物及び飲食品組成物の提供を課題とし、ビフィドバクテリウム属細菌を有効成分とする、フゾバクテリウム属細菌の粘膜細胞への吸着抑制用組成...

  3. 【課題・解決手段】幅広い年齢層で有益に利用可能な善玉菌及びこれを含む組成物を提供すること。ビフィドバクテリウム・ロンガム・サブスピーシーズ・ロンガム NITE BP−02564、及び/又は、ビフィドバクテリウム・ロンガム・サブスピーシーズ・ロンガムNITE BP−02565;シアル酸の資化能を有するビフィドバクテリウム・ロンガム・サブスピーシーズ・ロンガムに分類...

  4. 【課題・解決手段】幅広い年齢層で有益に利用可能な善玉菌及びこれを含む組成物を提供すること。ビフィドバクテリウム・ロンガム・サブスピーシーズ・ロンガム NITE BP−02568、及び/又は、ビフィドバクテリウム・ロンガム・サブスピーシーズ・ロンガム NITE BP−02569;2’−フコシルラクトースの資化能を有するビフィドバクテリウム・ロンガム・サブスピーシ...

  5. 【課題】 インドール−3−乳酸又はその誘導体をより安全に提供すること。【解決手段】インドール乳酸化合物の生産能力を有するビフィドバクテリウム属細菌を用いることによってインドール乳酸化合物を製造することを含む、インドール乳酸化合物の製造方法;インドール乳酸化合物の生産能力を有するビフィドバクテリウム属細菌を用いる、インドール乳酸化合物を含む組成物の製造方法。

  6. 【課題】酪酸菌を増殖させるプレバイオティクスを提供する。【解決手段】ユリ科アロエ属植物の抽出物、又はロフェノール化合物及びシクロラノスタン化合物からなる群から選択される1又は複数の化合物を含有する、酪酸菌用プレバイオティクス組成物。

    酪酸菌用プレバイオティクス組成物

  7. 【課題】酪酸菌を増殖させるプレバイオティクスを提供する。【解決手段】以下の食品素材群から選択される一種以上を含有する、酪酸菌用プレバイオティクス組成物。(食品素材:ごま、アーモンド、抹茶、プルーン、キウイ、ケール、アボカド、にんじん、純ココア、おから)。

    酪酸菌用プレバイオティクス組成物

  8. 【課題】ヒト腸管内と類似する条件でプレバイオティクスを評価・探索する方法を提供する。【解決手段】 被験試料から分子量700以下の糖類を除去する前処理工程、 前記前処理工程後の試料を含有する培地中で腸内細菌を中和培養する培養工程、及び 前記培養工程後の培地中の細菌叢の構成を解析する解析工程を含む、プレバイオティクスのスクリーニング方法。

    プレバイオティクスのスクリーニング方法

  9. 【課題】特定のSNP(一塩基多型)を有する対象に対して腸内細菌叢の改善に適した栄養素又は食品を選択する方法を提供すること。【解決手段】ヒトのゲノムのSNP(一塩基多型)と、腸内細菌叢と、摂取栄養素又は摂取食品との関係を調べ、特定のSNPについて相関性が認められる腸内細菌と摂取栄養素又は摂取食品との組み合わせを選択する、該SNPを有する対象に対して腸内細菌叢の改善に適し...

    腸内細菌叢の改善に適した栄養素又は食品を選択する方法