小熊賢司 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】列車の走行が標準運転曲線に従わない場合には、列車の回生ブレーキ動作までの時間が不明となり、回生ブレーキ動作を待つ列車の発車待ち時間が不明となり列車運行に影響が出る。【解決手段】第二の列車が第一の列車の回生ブレーキ動作開始位置から所定距離以内に存在し且つ第一の列車の回生ブレーキ動作開始時刻から所定時間差以内で駅を出発することを満足させる第一の列車を基に算出した第...

    運行管理装置

  2. 【課題】短時間で電車運行に伴う迷走電流を計算する。【解決手段】上記課題を解決するために、代表的な本発明の迷走電流推定システムの一つは、レールおよびレール周辺の構造物や大地に関する抵抗パラメータを入力して少なくともレール方向と深さ方向に展開された格子状抵抗を作成する大地モデル作成部と、格子状抵抗と等価な等価抵抗を作成する等価抵抗作成部と、変電所および電車の回路要素と等価...

    迷走電流推定システム、迷走電流推定方法、および迷走電流推定プログラム

  3. 【課題】電力網に蓄電装置が接続され、その電力網に接続された電力供給設備から電力が供給されて走行する列車に対して、情報を送信する鉄道システムにおいて、電力網に接続された電力供給を担う電力供給設備が動作不能になった場合であっても、列車が駅間に停車することを防止し、乗客サービスを向上する鉄道システムを提供する。【解決手段】鉄道システムは、路線上の予め定められた区間に存在する...

    鉄道システム

  4. 【課題】一部の変電所や列車に測定機能あるいは情報伝送機能がない状態であっても、電力設備の故障判定を実施可能にする地絡故障判定システムを提供する。【解決手段】地絡故障判定システムにおいて、電力設備管理装置1は、電力設備装置3が送り出した送出電流を示す情報と列車2が受け取った受取電流を示す情報とを取得し、送出電流累積値と受取電流累積値とを一定時間ごとに初期化しながら算出す...

    地絡故障判定システム及び地絡故障判定方法