小泉幸雄 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】起伏ロープの張力を増加させるための部材を容易に配置でき、かつ、メンテナンスの費用および手間を抑制できるようにする。【解決手段】ブーム15を起伏させるブーム起伏装置20は、マスト30(起伏部材)と、連結部材20Cと、特定シーブS1と、起伏ロープ55と、起伏ウインチ60と、移動装置70と、を備える。特定シーブS1は、マスト先端部30tに設けられる。移動装置70は、...

    起伏ロープの張力増加装置、および起伏ロープの張力増加方法

  2. 【課題】前側ブロックと後側ブロックとを容易に着脱でき、かつ、前側ブロックと後側ブロックとの結合力を確保できるようにする。【解決手段】上部旋回体20は、前側ブロック30と、前側ブロック30の後側X2部分に着脱可能である後側ブロック50と、を備える。前側ブロック30の前側結合部33は、前側ブロック30の後側X2部分の、上側Z1部分から下側Z2部分にわたって設けられる。後側...

    作業機械の上部旋回体

  3. 【課題】本発明は、クローラユニットの間隔の拡縮が容易に行えるとともに、クローラフレームに損傷を与えにくく、かつ重量及び製造コストを低減できる建設機械の走行体の提を課題とする。【解決手段】本発明の建設機械の走行体は、一対のクローラユニットの各クローラフレームの貫通孔間に架け渡される一対のアクスルが、アクスル本体と、このアクスル本体の両端に、上記クローラフレームの車幅方向...

    建設機械の走行体

  4. 技術 建設機械

    【課題】本発明は、下部走行体の前方及び後方の装着スペースを確保すると共に格納時に車幅の増加が抑止でき、かつガード部材のたるみや、重量増加及び製造コストの上昇が抑止できる立ち入り防止装置の提供を目的とする。【解決手段】本発明の建設機械は、立ち入り防止装置が、その先端部が平面視でクローラから車幅方向外側に突出しない格納位置及びクローラから車幅方向に突出する展開位置間を移動...

    建設機械

  5. 【課題】簡易な構造で、緩み止め効果の高い緩み止めナットを提供すること。【解決手段】ナット1は、ナット本体2の軸方向の端面に固定された係止部材3を備える。係止部材3は、ナット本体2の軸方向の端面に固定される環状の基部4と、基部4から立ち上がる係止爪部5と、を有している。ボルト20に螺合した状態で、被締結部材のボルト挿入孔39aの角部に、係止爪部5の外面が押し付けられるこ...

    緩み止めナット、およびボルト・ナットの締結構造

  6. 【課題】安全性および作業効率を向上させることが可能な手摺装置を提供する。【解決手段】ブームの上に、ブームの長手方向に互いに間隔をあけて立てて設けられた複数の支柱2と、各支柱2に対して間隔をあけて、水平方向に配置された手摺り棒3と、支柱2ごとに設けられ、支柱2と手摺り棒3とを連結する連結部材6と、手摺り棒3に係合し、手摺り棒3の軸方向に移動自在な金具11と、を有する。金...

    手摺装置及びこれを備えた作業機械

  7. 【課題】表示情報によって作業者の視界が継続的に遮られることを抑止しながら、作業者に必要な情報を表示することが可能な情報表示装置およびこれを備えた作業機械、情報表示方法を提供する。【解決手段】情報表示装置は、表示情報決定部と、プロジェクタ60と、表示情報制御部83と、を備える。表示情報決定部は、クレーンの作業情報を含む投影用画像を生成する。プロジェクタ60は、表示情報決...

    作業機械の情報表示装置およびこれを備えた作業機械、情報表示方法

  8. 【課題】本発明は、分解及び組立てが容易なクレーン及びクレーン分解方法を提供することを課題とする。【解決手段】クレーンは、下部走行体1と、上記下部走行体上に搭載される上部旋回体2と、上記上部旋回体に起伏可能に取り付けられ、吊りロープRhが掛け渡されるブーム3と、上記ブームを起伏させる起伏機構4とを備え、上記起伏機構が、上記上部旋回体に着脱可能に取り付けられるガントリ12...

    クレーン及びクレーン分解方法

  9. 【課題】見た目が安定した状態でジブの係留を行うことができるとともに、ジブを安定的に係留することが可能なジブ係留方法およびジブ係留装置を提供する。【解決手段】折り畳まれた状態のジブ15をタワー14に係留する係留ステップを有する。係留ステップは、タワー14を鉛直方向に対して前方に傾斜した姿勢にして、ジブ15を垂下させる垂下ステップと、タワー14に設けられた係止装置2を、移...

    ジブ係留方法およびジブ係留装置

  10. 【課題】本発明は、ジャッキアップ量が大きい建設機械を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係る建設機械は、ベースフレームを有する下部走行体と、上記ベースフレーム上に旋回可能に配設される上部旋回体と、上記ベースフレームに配設される複数のジャッキアップ装置とを備える建設機械であって、上記ジャッキアップ装置が、上記ベースフレームに鉛直に取り付けられるシリンダ及びこの...

    建設機械及び建設機械のジャッキアップ方法

  11. 【課題】本発明は、装置の外径が小さくジャッキアップ量が大きいジャッキアップ装置を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係るジャッキアップ装置は、多段油圧シリンダ機構を有するジャッキアップ装置であって、外側の油圧シリンダ機構が複動シリンダ機構であり、最中心の油圧シリンダ機構が単動シリンダ機構であることを特徴とする。複動シリンダ機構が、外シリンダ内の上記内シリンダ...

    ジャッキアップ装置及び建設機械