小池祐輔 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~6件を表示(6件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】多点計測性を維持しつつ流体内の温度計測精度を向上することができる温度計測装置及びその計測方法を提供する。【解決手段】感温部10aとこの感温部10aの両端部に形成された被支持部10bを有する光ファイバ10と、光を出力する光源2と、感温部10aで発生した反射光を処理する処理手段4とを備え、流体温度を計測可能な温度計測装置1において、感温部10aが、速度を有する流体...

    温度計測装置及びその計測方法

  2. 【課題】ヒートパイプシステムのサイクルが不安定化しないようにする。【解決手段】空調装置1は、内燃機関2で発生する排気ガスを排出する排気管3と、排気ガスの熱を回収するヒートパイプシステム4と、を備える。ヒートパイプシステム4は、排気管3に取り付けられて、排気ガスとの熱交換で作動媒体R4を蒸発させる蒸発器44と、蒸発器44で蒸発した作動媒体R4を液化させる凝縮器43と、凝...

    車両用の空調装置

  3. 【課題】ヒートパイプシステムの運転再開時の始動性を高める。【解決手段】空調装置1は、内燃機関2で発生する排気ガスを排出する排気管3と、排気ガスの熱を回収するヒートパイプシステム4と、を備える。ヒートパイプシステム4は、排気ガスとの熱交換で作動媒体R4を蒸発させる蒸発器44と、蒸発器44で蒸発した作動媒体R4を液化させる凝縮器43と、を有する。凝縮器43で液化した作動媒...

    車両用の空調装置

  4. 【課題】ヒートパイプシステムの運転再開時の始動性を高める。【解決手段】空調装置1は、内燃機関2で発生する排気ガスを排出する排気管3と、排気ガスの熱を回収するヒートパイプシステム4と、を備える。ヒートパイプシステム4は、排気管3に取り付けられて、排気ガスとの熱交換で作動媒体R4を蒸発させる蒸発器44と、蒸発器44で蒸発した作動媒体R4を液化させる凝縮器43と、凝縮器43...

    車両用の空調装置

  5. 【課題】ヒートパイプシステムの凝縮器を小型化する。【解決手段】空調装置1のヒートパイプシステム4は、排気管3を通流する排気ガスとの熱交換で作動媒体R4を蒸発させる蒸発器44と、蒸発器44で蒸発した作動媒体R4を液化させる凝縮器43と、凝縮器43で液化した作動媒体R4を蒸発器44に送る液配管42と、蒸発器44で蒸発した作動媒体R4を凝縮器43に送るガス配管41と、液配管...

    車両用の空調装置

  6. 【課題】排熱非回収時において、ガス配管の凝縮器への接続部近傍に作動媒体の凝縮が発生しても、サイクルが不安定化しないようにする。【解決手段】車両用の空調装置1は、内燃機関2で発生する排気ガスを排出する排気管3と、排気ガスの熱を回収するヒートパイプシステム4と、を備える。ヒートパイプシステム4は、排気管3に取り付けられて、排気ガスとの熱交換で作動媒体R4を蒸発させる蒸発器...

    車両用の空調装置