小根田育冶 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】油揚げの奥にまで寿司飯を行き渡らせることのできるいなり寿司製造装置を得る。【解決手段】寿司飯受台9の前の寿司飯挿入位置に油揚げQを搬送するターンテーブル2と、寿司飯挿入位置に搬送された油揚げQ先端の切口部を開口状態で保持するチャック7,7と、チャック7,7により切口部が開口した状態の油揚げQの内部に寿司飯受台9上の寿司飯Rを挿入する挿入棒11と、寿司飯Rの挿入...

    いなり寿司製造装置

  2. 【課題】1回の量目ボタンの操作により、開閉カップの容量を上回る重量の米飯を容器に供給できる米飯供給装置を得る。【解決手段】容器Sに供給される米飯の重量を設定する量目ボタン16を備え、米飯を落下排出する本体部1から落下する米飯の経路を開閉可能な開閉カップ25と、開閉カップ25に蓄積される米飯の重量を計測するロードセル41と、米飯の重量計測時には米飯が蓄積される閉鎖位置に...

    米飯供給装置

  3. 【課題】センサを用いることなく、容器への米飯供給において発生する米飯の無駄をなくすことができる米飯供給装置を得る。【解決手段】ホッパ22内の米飯Rが供給される容器Cが設置される容器設置部41aと、容器設置部41aに設置された容器Cおよび当該容器Cに供給される米飯Rの重量を計測するロードセル41と、ロードセル41の計量値に応じて米飯Rを容器Cへ供給する制御を実行する制御...

    米飯供給装置

  4. 【課題】ターンテーブルに形成された成形孔内の成形下型の有無にかかわらず米飯の成形を行える米飯成形装置の提供。【解決手段】水平方向に間欠回転するターンテーブル4と、ターンテーブル4の周方向に所定の間隔を空けて形成された複数の成形孔MHと、成形孔MH内に収容され、ターンテーブル4の間欠回転動作に追従して成形孔MH内で昇降しながら移動する成形下型6Lと、成形孔MHに米飯を投...

    米飯成形装置

  5. 【課題】ホッパ内の米飯の残量を表示できる、米飯供給装置の提供。【解決手段】米飯が貯留されるホッパ20と、予め設定された重量の米飯を容器に供給する開閉カップ23および計量器24と、装置底面に取り付けられた複数の脚部29にそれぞれ設けられるとともに相互に結線された歪みゲージを備えた複数の歪みゲージユニットからなり、装置重量を計測する装置重量計測手段と、装置重量計測手段の計...

    米飯供給装置

  6. 【課題】ホッパ内の熱や蒸気の漏出を抑制しつつ開閉カップに蓄積される米飯の重量を正確に計測できる米飯供給装置の提供。【解決手段】下方に回動可能に本体部1に取り付けられた第1のカップ片23aおよび第2のカップ片23bで構成され、解しローラから落下する米飯の経路を開閉する開閉カップ23と、開閉カップに蓄積される米飯の重量を計測する計量器と、開閉カップの動作を制御する制御部と...

    米飯供給装置

  7. 【課題】ホッパ内の米飯の乾きを抑制できる米飯供給装置の提供。【解決手段】米飯が貯留されるホッパと、上下方向に配置されるとともに相互に独立して温度設定が可能な上段ヒータ32b−1および下段ヒータ32b−2が設けられ、ホッパを収容する保温容器、米飯重量計測器に計測される米飯の残量に応じてこれらのヒータ32b−1,32b−2の温度を個別に変更する制御を実行する制御部30とを...

    米飯供給装置

  8. 【課題】食材処理装置において、上蓋を開けたときに、上蓋の裏面に結露した水滴を米飯に満遍なく滴下させる。【解決手段】上方に開いた開口部13が形成され、米飯Rを貯留するホッパ20を備えた本体部1と、開口部13を覆うように本体部1に回動可能に取り付けられ、ホッパ20に米飯Rを投入する際に開閉操作される上蓋14とを有し、上蓋14の裏面は、上蓋14の回動軸Jと平行になって直線状...

    食材処理装置

  9. 【課題】米飯供給装置において、アイドルタイムが長くなったときの米飯の固着や、米飯の残量が少なくなったときの米飯の搬送効率の低下を防止する。【解決手段】ホッパ内の米飯を搬送する搬送スクリュ21と、ホッパ内の米飯を撹拌しながら搬送スクリュへ送る撹拌羽根25と、ホッパ内の米飯の残量を計測する米飯重量計測器30と、搬送スクリュから送られた所定量の米飯を容器に供給するシャッタ2...

    米飯供給装置

  10. 【課題】結露した水滴を用いてホッパ内を密閉する。【解決手段】上方に開いた開口部13が形成され、米飯を貯留するホッパ20と、本体部1に取り付けられ、開口部13を開閉する上蓋14と、ホッパ20のフランジ20fにおいて全周にわたって形成された環状溝20aと、上蓋14に形成され、環状溝20aに嵌まり込む環状突起14aとを有する食材処理装置である。これにより、環状溝20aに溜ま...

    食材処理装置

  11. 【課題】いなり寿司製造時の油揚げの予備開口において、油揚げをより伸ばすことができるようにする。【解決手段】寿司飯を寿司飯受台上に供給する寿司飯供給機構部と、寿司飯受台の前の寿司飯挿入位置に油揚げを搬送するターンテーブルと、寿司飯挿入位置に搬送された油揚げの切口部を開口状態で保持するチャックと、切口部が開口した状態の油揚げの内部に寿司飯受台上の寿司飯を挿入する挿入棒と、...

    いなり寿司製造装置および油揚げ予備開口方法

  12. 【課題】シート状の米飯の幅を調整することができるローラユニットを得る。【解決手段】相互に所定の間隔を空けて配置された第1のローラ対5aと、第1のローラ対5aの下方において相互に所定の間隔を空けて配置され、第1のローラ対5aと協働して米飯Rをシート状にして送り出す第2のローラ対5bと、第1のローラ対5aおよび第2のローラ対5bの回転軸に沿って移動可能に設けられ、これらの...

    ローラユニットおよび巻き寿司製造装置

  13. 【課題】決められた量の具材を効率よくシート状の米飯に供給できる巻き寿司製造装置を得る。【解決手段】米飯が貯留されるホッパ1と、ホッパ1から所定量の米飯を供給する米飯供給部2,4,6と、米飯供給部2,4,6から供給されたシート状の米飯Rを受容する成形プレート8と、装置の総重量を計測するロードセルと、成形プレート8においてシート状の米飯Rに具材が供給されたことでのロードセ...

    米飯処理装置

  14. 【課題】決められた重量の米飯を確実に容器に供給できる食材供給装置を得る。【解決手段】米飯が貯留されるホッパ22と、ホッパ22内の米飯が供給される容器Sが設置される容器設置部40と、容器設置部40に設置された容器Sのコードを光学的に読み取る読取センサ42と、ホッパ22内の米飯を搬送する搬送スクリュ23と、搬送スクリュ23に搬送された米飯を解すように取り崩す解しローラ24...

    食材供給装置

  15. 【課題】米飯成形装置における米飯塊の成形処理の高速化を図る。【解決手段】米飯塊Rの導入位置と米飯塊Rの成形位置との間を往復移動可能且つ移動方向の交差方向に相互に分離結合可能に設けられた移動枠体21と、移動枠体21が導入位置のときに搬送枠部21b−1が直上に位置し、移動枠体21が成形位置のときに導入枠部21aが直上に位置するように設けられた成形孔22aと、成形孔22aに...

    米飯成形装置

  16. 【課題】米粒の結着を抑制しつつシート状米飯を折り曲げることができるようにする。【解決手段】シート状米飯Rを搬送する搬送コンベア32と、搬送コンベア32の搬送経路上に設けられ、搬送コンベア32に搬送されているシート状米飯Rの搬送方向の前方を掬い上げて当該シート状米飯Rの前半部を後半部の上に倒して折り返す折返し部36とで構成する。これにより、シート状米飯が加圧することなく...

    米飯折返し装置、おむすび製造装置およびおむすび製造方法

  17. 【課題】食感を損なうことなく補助計量飯を主計量飯の上に補充できるようにする。【解決手段】相互に対向配置されるとともに上下方向に複数段設置されたローラ対8aa,8ab,8acで構成され、不足重量分の米飯を下方へと送り出す米飯供給部8aと、米飯供給部8aから送られた米飯を解す解しローラ8bと、解しローラ8bの下方にスライド移動可能に設置され、解しローラ8bで解された補助計...

    米飯補充装置、米飯生成装置およびおむすび成形装置

  18. 【課題】ターンテーブルの回転を不安定にすることなく小型化を図ることのできる寿司玉成形装置を得る。【解決手段】寿司飯を上方より下方へ圧縮しながら供給する圧縮供給部と、圧縮供給部によって供給される寿司飯を設定重量ごとに分割するシャッタと、シャッタで分割された寿司飯を圧縮して寿司玉を成形する成形部と、成形部で成形された寿司玉を載せて所定の高さに持ち上げる持上型F1とを有し、...

    寿司玉成形装置

  19. 【課題】装置の高さを抑制して小型化を図ることのできる寿司玉製造装置を得る。【解決手段】寿司飯を上方より下方へ圧縮しながら供給する圧縮供給部30と、圧縮供給部30によって供給される寿司飯を設定重量ごとに分割するシャッタと、シャッタで分割された寿司飯が投入される複数の成形孔41aが所定の間隔を空けて周方向に形成されて間欠的に回転するターンテーブル41、成形孔41aに連通し...

    寿司玉成形装置

  20. 【課題】複数の形状の容器を安定的且つ簡便に搬送できる容器搬送装置を得る。【解決手段】駆動ローラS1および従動ローラS2を備え、相互に接近離間可能に設けられた一対のローラユニット24a,24bと、一対のローラユニット24a,24bに掛け渡されて相互に対向配置され、容器に形成されたフランジの下面で当該容器を支持しながら搬送する一対の無端状の容器搬送ベルト25a,25bとを有する。

    容器搬送装置およびそれを用いた容器処理機構

  1. 1
  2. 2