小林宏 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、接合対象物の複数の接合箇所に対し、効率的、かつ精度良く超音波接合できる超音波接合方法を提供することを目的とする。そして、本発明である超音波接合方法は、ステップS2において、接合対象物の上方に3つの超音波接合用ヘッド部(61〜63)を配置する。この際、3つの超音波接合用ヘッド部(61〜63)における初期高さh1〜h3は互いに異なる高さに設定さ...

    超音波接合方法

  2. 【課題】優れた耐熱性を有する熱伝導性組成物を提供する。【解決手段】熱伝導性充填剤と、基油と、を含有し、基油は重合平均分子量が5000以上10000以下のパーフルオロポリオキセタンである熱伝導性組成物である。熱伝導性充填剤の含有量は、熱伝導性組成物100質量%に対し40質量%以上70質量%以下の割合であることが好ましく、基油の含有量は、当該熱伝導性組成物100質量%に対...

  3. 【課題・解決手段】従来の技術に係るタングステン酸化物や複合タングステン酸化物を含む近赤外線微粒子分散体、近赤外線吸収体および近赤外線吸収用合わせ構造体よりも高い近赤外線吸収性を発揮出来る、近赤外線吸収材料微粒子分散体、近赤外線吸収体および近赤外線吸収用合わせ構造体を提供する。アクリル樹脂中に、六方晶の結晶構造を含む複合タングステン酸化物微粒子と、シラン化合物とが、含ま...

    近赤外線吸収材料微粒子分散体、近赤外線吸収体、近赤外線吸収物積層体および近赤外線吸収用合わせ構造体

  4. 【課題・解決手段】従来の技術に係るタングステン酸化物や複合タングステン酸化物を含む近赤外線微粒子分散体、近赤外線吸収物積層体および近赤外線吸収用合わせ構造体よりも高い近赤外線吸収性を発揮出来る、近赤外線吸収材料微粒子分散体、近赤外線吸収物積層体および近赤外線吸収用合わせ構造体を提供する。ポリプロピレン樹脂中に、六方晶の結晶構造を含む複合タングステン酸化物微粒子と、無水...

  5. 【課題】耐ポンプアウト性に優れる熱伝導性組成物を提供する。【解決手段】熱伝導性充填剤と、基油と、分散剤とを少なくとも含有する、耐ポンプアウト性を有する熱伝導性組成物であって、熱伝導性組成物を基材に100μmの厚さとなるように塗布し、250℃、4時間の加熱処理を行ったとき、該加熱処理前の大気中における示差熱分析での蒸発開始温度T1と、該加熱処理後の大気中における示差熱分...

  6. 技術 作業台車

    【課題】荷物の移動と上げ下ろしを簡便かつ迅速に行える作業台車を提供する。【解決手段】作業台車10に、下端に車輪36を有する台車部12と、台車部12に配置されると共に上端に荷物を載置可能な第1載置部60と第2載置部62とを備え、台車部12に対して昇降可能な荷台部40と、台車部12の外側に設けられると共に作業者の体重がかけられるように形成された踏込部120と、一端部が荷台...

    作業台車