小林大 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】人間が受ける定常刺激と所定の条件から過渡状態の目標加加速度を設定することによって、車両の挙動から感じるショックや物足りなさを抑制すること。【解決手段】ドライバによって操作されたアクセルのアクセル開度に応じて、車両の加減速を生じさせる駆動力を制御する駆動力制御装置であって、アクセル開度から目標駆動力を算出して目標加速度を推定し、目標加速度に基づいてドライバが受け...

    駆動力制御装置

  2. 【課題】着火性の低い運転領域における着火性向上。【解決手段】内燃機関システムの、EGR通路に、NOxを酸化できるNOx酸化触媒を設置する。制御装置は、排気中の酸素濃度を増量させる増量要求を検知した場合に、排気中のNO濃度を推定し、目標酸素濃度を設定し、排気の酸素濃度が目標酸素濃度となるように制御する。ここで設定される目標酸素濃度は、推定された排気中のNO濃度に応じて算...

    内燃機関システム

  3. 【課題】NOx吸蔵還元機能を有する触媒を備える内燃機関において、触媒の機能回復のための燃焼制御を行う際に、触媒に吸蔵されているNOxが触媒後方に染み出すことを抑制する。【解決手段】NOx吸蔵還元機能を有するNSR触媒と、NSR触媒に吸蔵された吸蔵NOx量を推定するNOx量推定手段と、所定の実行条件が成立した場合にNSR触媒に吸蔵された吸蔵NOxを還元する還元制御を行う...

    内燃機関の排気浄化システム

  4. 【課題】低負荷でのリッチ燃焼運転における着火性を向上させる。【解決手段】内燃機関のEGR通路にNOx吸蔵触媒を設置する。制御装置は、第1空燃比による運転と、第1空燃比及び理論空燃比よりリッチな第2空燃比による運転とを切り替え可能に構成される。更に、制御装置は、第1空燃比から第2空燃比への切り替えの要求の際、NOx吸蔵触媒から放出されるNOx量に応じて、今回の燃焼サイク...

    内燃機関システム

  5. 技術 内燃機関

    【課題】EGR通路からのEGRガス導入により、必要な量のNOxを気筒に供給する。【解決手段】本発明の内燃機関は、排気通路と吸気通路とを接続するEGR通路と、EGR弁と、EGRクーラと、NOx吸着触媒とを備える。NOx吸着触媒は、EGR通路に配置される。EGR弁は吸気通路に流入する排気の流量を調節するためのバルブであって、NOx吸着触媒よりも下流側のEGR通路に設置され...

    内燃機関