小林博 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】物性値が大きく異なる2つの基材の組み合わせであっても、基材の材料の組み合わせや、基材の大きさや形状の組み合わせに拘わらず、安価な原料を用い、簡単な処理によって、2つの基材を強固に接合する接合方法を見出す。【解決策】異なる材料からなる2つの基材の双方に、隙間バメないしは中間バメで嵌合する嵌合部を、押し込まれる基材の嵌合部の長さが、押し込む基材の嵌合部の長さより長...

    異なる材料からなる2つの基材の嵌合部を接合する基材の接合方法

    • 公開日:2019/12/26
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-217535号
  2. 【課題】第一に、安価な費用で絶縁膜が製造できる、第二に、絶縁膜の表面積と形状とが自在に変えられる、第三に、圧着によって導体の表面に絶縁層が形成できる、第四に、3μm前後の厚みの絶縁層が形成できる、第五に、絶縁抵抗が1018Ωに及ぶ値を持つ、これらの要件を満たす絶縁膜を製造する技術を提供する。【解決手段】容器の底面全体に絶縁膜を製造する方法であって、熱分解で酸化アルミニ...

    容器の底面に該底面の形状からなる絶縁性扁平紛の扁平面同士が重なり合った該扁平粉の集まりの絶縁膜の製造方法

    • 公開日:2019/11/28
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-204687号
  3. 【課題】第一に、導電性膜に絶縁性の物質が存在しない。第二に、固体の導電性フィラーを原料に用いない。第三に、安価な費用で導電性膜が製造できる。第四に、部品や基材への導電性膜の形成が、熱処理やエッチング処理やメッキ処理を伴わない。【解決策】強磁性の金属を熱分解で析出する金属化合物をアルコールに分散し、このアルコール分散液に導電性扁平粉の集まりを混合し、この混合物を混合機内...

    アスペクト比と形状との各々が自在に変えられる導電性膜の製造方法

    • 公開日:2019/11/21
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-200867号
  4. 【課題】厚みと表面積と形状との各々が自在に変えられるグラフェン接合体の製造方法を見出す。【解決策】グラフェンの扁平面同士が、金属化合物のアルコール分散液を介して、重なり合ったグラフェンの集まりを、容器の底面に形成する。この後、金属化合物を熱分解すると、グラフェンの扁平面に、磁性を有する金属微粒子の集まりが析出し、グラフェンの扁平面同士が、金属微粒子同士の磁気吸着で接近...

    厚みと表面積と形状との各々が自在に変えられるグラフェン接合体の製造方法

    • 公開日:2019/10/24
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-182726号
  5. 【課題】グラフェンの集まりから、1個1個のグラフェンを取り出す方法の提供。【解決手段】融点が10℃以上の有機化合物をメタノールに溶解させ、メタノール粘度の30〜40倍の溶解液を作成する第一の工程、溶解液にグラフェンの集まりを混合して懸濁液を作成する第二の工程、懸濁液をホモジナイザー装置に供給し、グラフェンの集まりを個々のグラフェンに分離させるとともに、溶解液で覆われた...

    グラフェンの集まりから一個一個のグラフェンを取り出す方法

    • 公開日:2019/10/17
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-178050号
  6. 【課題】基材ないしは部品を、扁平粉の扁平面同士が重なり合った接合層によって接合する方法の提供。【解決手段】熱分解で金属を析出する金属化合物をアルコールに分散し、このアルコール分散液に有機化合物を混合し、さらに、この混合液に扁平粉を混合して懸濁液を作成する。この後、基材ないしは部品の一方の接合面に、懸濁液を滴下ないしは塗布し、接合面に3方向の振動を繰り返し加える。この後...

    基材ないしは部品の接合面を金属の扁平粉の扁平面同士が重なり合った接合層で接合する方法

    • 公開日:2019/08/22
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-137882号
  7. 【課題】第一に、熱処理後に抵抗値が増大する。第二に、金属粉末の分散性が悪い。第三に、金属粉末を焼結すると、金属粉末が収縮する。第四に、金属粉末同士が凝集する。第五に、安価な原料を用い、安価な費用で導電性被膜が形成できる形成方法である。【解決手段】熱分解で金属を析出する金属化合物をアルコールに分散し、このアルコール分散液に有機化合物を混合して混合液を作成し、この混合液に...

    導電性の扁平粉の扁平面同士が重なり合った導電性被膜の形成方法

    • 公開日:2019/08/01
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-129046号
  8. 【課題】500MHzから10GHzに至る周波数の電磁ノイズを吸収し、シートの表面が絶縁性であり、ミクロンレベルの厚みのシートを、安価に製造する。【解決手段】硬磁性で絶縁性である第二の金属酸化物に酸化される第一の金属酸化物からなる微粒子2が、熱分解で析出する有機金属化合物をアルコールに分散し、複素透磁率の虚部の周波数特性が互いに異なる複数種類の合金からなる軟磁性の扁平粉...

    異方性希土類磁石の製造方法

    • 公開日:2019/07/11
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-114664号
  9. 【課題】第一に、油潤滑が適用できない高荷重や過酷な環境でも使用できる。第二に、潤滑被膜の寿命が長い。第三に、相手の摺接面の摩耗も少なくなる。第四に、潤滑被膜が摺接面に結合する。第五に、摺接面の大きさ、形状、材質に係わらず、潤滑被膜が形成できる。第六に、潤滑被膜の要求仕様に応じて、潤滑被膜の構成が変えられる。第七に、安価である。これら条件を満たす潤滑被膜の形成手法の提供...

    潤滑作用を有する粉体同士が重なり合った粉体の集まりからなる潤滑被膜の形成方法

    • 公開日:2019/07/11
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-112532号
  10. 【課題】安価な原料を用い、500MHzから10GHzに至る周波数の電磁ノイズを吸収し、表面が絶縁性で、ミクロンレベルの厚みのシートの製造方法を提供する。【解決手段】硬磁性で絶縁性である第二の金属酸化物に酸化される第一の金属酸化物からなる微粒子が、熱分解で析出する有機金属化合物をアルコールに分散し、複素透磁率の虚部の周波数特性が互いに異なる複数種類の合金からなる軟磁性の...

    電磁ノイズを吸収するシートを連続して製造する製造方法

    • 公開日:2019/06/13
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-091830号
  11. 【課題】焼鈍処理が不要な圧粉磁心の製造方法を提供する。【解決手段】金属酸化物の微粒子が熱分解で析出する有機金属化合物をアルコールに分散し、この分散液に粉粒体の集まりを混合して懸濁液を作成し、この後、加熱機能と加振機能とを併設した混合機に懸濁液を充填し、懸濁液を回転及び揺動させた後に、上下左右に振動させ、有機金属化合物が熱分解する温度に昇温する、この後、懸濁液の集まりを...

    焼鈍処理が不要な圧粉磁心の製造方法

    • 公開日:2019/06/06
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-087621号
  12. 【課題】化学添加物を使用することがなく安全であり、安価で製造できるとともに、保存期間が長く、そのままの状態で手軽に頭から骨まで食べられる稚鮎の魚醤漬け焼き干しの製造方法を提供する。【解決手段】養殖された稚鮎を解体して内臓部分を除去して本体部分とし、本体部分を、鮎を原材料とする魚醤粕に5分間〜20分間浸漬し、180℃〜200℃の比較的高温で表面に焦げ目ができる程度の表面...

    稚鮎の魚醤漬け焼き干しの製造方法

  13. 【課題】導線が単線や撚り線や平角線であっても、平角線の導体厚、導体幅、また、コイルの巻回部の間隔の大きさの如何に関わらず、全ての電線について、従来の性能より優れ、さらに、安価な製法で連続して絶縁電線を製造する製造方法を提供する。【解決手段】アルコールで希釈された有機化合物に酸化第一鉄の微粒子が分散された懸濁液に、導体(裸銅単線1)を浸漬して通過させ、この後、室温から有...

    マグヘマイト微粒子の集まりで導体が絶縁化された絶縁電線を連続して製造する製造方法

    • 公開日:2019/04/25
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-067683号
  14. 【課題】磁気焼鈍が不要で、安価な手段で磁性粉を絶縁し、簡単な処理の連続で製造可能なうえ、形状と大きさに制約がなく、磁束密度と機械的強度と絶縁性が増大する圧粉磁心の製造方法を提供する。【解決手段】圧粉磁心の原料である金属ないしは合金からなる磁性粉に、熱分解で絶縁性の金属酸化物を析出する有機金属化合物を吸着させる。次に、磁性粉の集まりを金型に充填し、金型を昇温して有機金属...

    焼鈍処理が不要な圧粉磁心の製造方法

    • 公開日:2019/03/14
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-041068号
  15. 【課題】磁石の原料である合金微粒子の集まりを金型に充填し、一定の磁場を同一方向に印加して圧縮した成形体が、合金微粒子の磁区が磁場方向に配向し、合金の密度に近い密度を持つ。この成形体に、合金微粒子の磁化を飽和させる磁界を印加すると、異方性希土類磁石が製造できる。さらに、この異方性希土類磁石は、従来の異方性希土類磁石に近い保磁力と最大エネルギー積を持ち、渦電流が発生せず、...

    異方性希土類磁石の製造方法

    • 公開日:2019/02/21
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-029503号