小林剛 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】 成形体の表面状態を調整するための技法を提供すること目的とする。【解決手段】 本発明は、熱硬化性樹脂の硬化のために用いられる金型と、前記硬化において前記熱硬化性樹脂と前記金型との間に配置される離型フィルムとの組合せに関する。前記離型フィルムは、熱可塑性樹脂から形成されている基材層と、前記基材層の2つの面のうち前記硬化において熱硬化性樹脂側に配置される面に積...

    金型と離型フィルムとの組合せ、離型フィルム、金型、及び成形体の製造方法

  2. 【課題】成形体の表面状態を調整するための技法を提供する。【解決手段】本発明は、熱硬化性樹脂15の硬化のために用いられる金型12、13と、前記硬化において前記熱硬化性樹脂と前記金型との間に配置される離型フィルム11との組合せに関する。前記離型フィルムは、熱可塑性樹脂から形成されている基材層と、前記基材層の2つの面のうち前記硬化において熱硬化性樹脂側に配置される面に積層さ...

    金型と離型フィルムとの組合せ、離型フィルム、金型、及び成形体の製造方法

  3. 【課題】様々な使用環境下においても、安定して高効率の紫外線照射処理を実現する。【解決手段】紫外線照射装置10において、軸流ファン20を管状流路30と同軸的に配置し、流体を供給する。そして、エキシマランプ40の配置された領域FAにおいて、場所によって流速(方向および速さ)が大きく異なる複雑な流れ(非一様乱流)が支配的な流れ場が生じている領域に、エキシマランプ40を配置する。

    紫外線照射装置およびオゾン発生器

  4. 【課題・解決手段】[課題]確実に物品の外装を滅菌することができる菌処理機構および菌処理方法を提供する。[解決手段]菌処理を行う空間を有する菌処理部と、菌処理部に菌処理を行うための放射線を照射する放射線照射部と、菌処理部に給気を行うための給気ダクトと、給気ダクトの初期除染時に除染処理流体を給気ダクトに供給する除染処理流体供給部と、菌処理部内の分子を排気する排気ダクトとを備える。

    菌処理機構および菌処理方法

  5. 技術 格納容器

    【課題】格納の際に被格納物が傷つくことを抑制するとともに、複数の格納ウェルにおける被格納物の格納効率を向上させることができる格納容器を提供すること。【解決手段】格納容器は、被格納物を格納する格納ウェルが所定の基板表面に複数形成された基板からなる。前記格納ウェルは、前記基板表面に開口する開口部を形成し、前記開口部の内壁に、前記基板表面から前記格納ウェルの深さ方向下側に傾...

    格納容器

  6. 【課題】運用性が良好であって、エアマットの動作の影響を軽減することのできる生体情報測定システムを提供する。【解決手段】生体情報測定システム100は、エアの給排気による膨張又は収縮で上下動するエアマット12と、エアマット12上の患者に電波を照射し、その反射波を利用して生体の動きを検出する電波センサー20と、電波センサー20から出力された検出信号から、エアマット12上の患...

    生体情報測定システム

  7. 【課題】より精度よく簡単に、対象者の健康状態を判定することを可能とする。【解決手段】健康状態判定システムにおいて、管理装置20の制御部21は、対象者のバイタル値を測定する測定装置10により一日以上測定されたバイタル値から、対象者の一日分の概日リズムを示すモデル情報を生成し、モデル情報の生成後に測定装置10により測定されるバイタル値と、モデル情報とを比較して、その比較結...

    健康状態判定システム、健康状態判定方法及びプログラム

  8. 【課題】盛り付けられた料理から油又は水を減らすことができる料理載置台を提供する。【解決手段】料理載置台10は、料理を盛り付け可能な面積を有し、平面視における内側領域21が隆起した本体部11を備え、皿1に載置されて使用されるように構成されている。料理載置台10では、本体部11の上面において内側領域21から外側に延びる下り斜面22には、本体部11に盛り付けられた料理から流...

    料理載置台

  9. 【課題】ポリスチレン系発泡粒子の生産性が良好な、新規の発泡性ポリスチレン系樹脂粒子およびその製造方法、並びに当該発泡性ポリスチレン系樹脂粒子の利用を提供すること。【解決手段】基材樹脂および発泡剤を含有する発泡性ポリスチレン系樹脂粒子であって、平均粒径および重量平均分子量(Mw)が特定の範囲内であり、特定量のステアリン酸マグネシウムをさらに含有する発泡性ポリスチレン系樹...

  10. 【課題】形状を複雑化することなく、被加熱物をムラなく加熱する発熱体を提供する。【解決手段】発熱管120には、カーボン粉粒体170Mと、カーボン粉粒体170Mに不活性な希ガスとが封入される。発熱管120は半円状に形成され、カーボン粉粒体170Mが全体的に充填されている。

    発熱体、発熱体の製造方法、および加熱装置

  11. 【課題】高速で昇温し、高い発熱温度を維持する発熱体を提供する。【解決手段】マイクロ波加熱装置10は、気密性のある石英製の発熱管20と、発熱管20を格納する反射容器40と、反射容器40内にマイクロ波を発振するマイクロ波発振機50とを備え、発熱管20の管内には、カーボン粉粒体70Mからなるカーボン発熱材70が充填されるとともに、希ガスが封入されている。そして、発熱管20の...

    発熱体、発熱体の製造方法、および加熱装置

  12. 【課題】マイクロ波加熱装置において、発熱体の温度を精密にコントロールしながら短時間で被加熱物を加熱、昇温する。【解決手段】マイクロ波加熱装置100は、反射容器40内にマイクロ波を発振するマイクロ波発振機150を備え、発熱管20の管内には、カーボン粉粒体70Mからなるカーボン発熱材70が充填されるとともに、希ガスが封入される。そして、マイクロ波発振機150の電力を制御す...

    加熱装置および発熱体の加熱方法

  13. 【課題】短時間で均一に昇温する発熱体を提供する。【解決手段】マイクロ波加熱装置は、気密性のある石英製の発熱管20と、発熱管20を格納する反射容器40と、反射容器40内にマイクロ波を発振するマイクロ波発振機50とを備え、発熱管20の管内には、カーボン粉粒体70Mからなるカーボン発熱材70が含まれるとともに、温室効果ガスが封入されている。

    発熱体、加熱装置および発熱体の製造方法

  14. 【課題】照射領域を抽出できる画像処理技術を提供すること。【解決手段】放射線撮影された画像内の照射野領域を抽出する画像処理装置は、画像内の照射野候補領域を推論処理に基づいて取得する推論部と、照射野候補領域に対する輪郭抽出処理に基づいて照射野領域の輪郭を抽出する輪郭抽出部と、輪郭に基づいて照射野領域を抽出する領域抽出部と、を備える。

    画像処理装置、画像処理方法、及びプログラム

  15. 【課題】飽和画素値を補正するための専用の画像を撮影することを不要とする。【解決手段】画像処理装置は、放射線撮影装置が撮影した放射線画像を当該撮影後に当該放射線撮影装置が撮影したオフセット画像を用いて補正した補正後放射線画像と、当該放射線画像に対応する補正前放射線画像とを取得し、補正後放射線画像と補正前放射線画像に基づいて補正後放射線画像から残像成分を抽出して残像画像を...

    画像処理装置、放射線撮影装置及びそれらの制御方法、放射線撮影システム