小川雄一 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 作業機械

    【課題・解決手段】作業機3を駆動する油圧シリンダ20と、油圧ポンプ21の吐出管路を油圧シリンダ20のボトム油室、ロッド油室及びタンクに切り換えて接続するコントロールバルブ22と、コントロールバルブ22を駆動するパイロット圧を出力するパイロットポンプ23と、油圧ポンプ21及びパイロットポンプ23を駆動するエンジン24と、油圧シリンダ20からの戻り圧油を蓄えるアキュムレー...

    作業機械

  2. 【課題】テラヘルツ波を用いた細胞評価において細胞内の水に関する情報をより多く検出し得る技術を提供する。【解決手段】本発明では、テラヘルツ波を用いた細胞評価用の媒質が、無極性の液体を含んでなる。

    テラヘルツ波を用いた細胞評価用の媒質

  3. 【課題・解決手段】ポンプ出力切換装置の異常の状態にかかわらず、ポンプ出力切換装置の異常を検知することができる作業機械の油圧制御システムを提供する。油圧ショベルの油圧制御システムは、パイロットポンプ17とパイロット弁20の間の油路25Aに接続されたアキュムレータ21と、ポンプ出力切換装置であるアンロード弁27と、パイロット弁20に供給される圧油の圧力を検出する圧力センサ...

    作業機械の油圧制御システム

  4. 【課題】 アキュムレータの劣化状態を早期に検出または予測し、オペレータに対して適切な対応を行うことを促すようにする。【解決手段】 コントローラ45のアキュムレータ劣化判定処理部47は、リセットスイッチ44からのリセット信号によりアキュムレータ29の使用し始めからの経過時間txを計測する経過時間計測部47Aと、蓄圧側圧力センサ39からの検出信号によりアキュムレータ2...

    作業機械の圧油エネルギ回収装置

  5. 【課題】簡便で迅速な試料調製を行える試料調製装置及び試料調製方法を提供する。【解決手段】試料調製装置は、検出対象物に特異的に結合する物質で修飾されたビーズと前記検出対象物とを含む試料を所定の反応時間にわたって撹拌することと、前記検出対象物が結合したビーズと前記検出対象物が結合していないビーズとを含む試料を洗浄することと、洗浄後の前記検出対象物が結合したビーズと前記検出...

    試料調製装置及び試料調製方法

  6. 【課題】精度よく被測定物を検出することができる検出センサーを提供する。【解決手段】検出センサーには、電磁波が照射される。検出センサーは、検出センサーへの被測定物の付加によって変化する電磁波の反射率又は透過率の周波数特性に基づく被測定物の検出に用いられる。検出センサーは、空気よりも大きい屈折率を有する材料で形成された空隙のない膜と、空隙のない膜に密着して導体で形成された...

    検出センサーおよび検出装置

  7. 【課題】精度よく被検出物を検出することができる検出装置及び検出方法を提供する。【解決手段】センサにおける電磁波の透過率又は反射率に基づいてサンプルに含まれる被検出物又はサンプルから抽出した特定の被検出物の有無を検出する検出装置は、照射部と、検出部と、制御部と、を備える。制御部は、照射部及び検出部を用いて、サンプルから抽出した特定の被検出物が添加されていないセンサの電磁...

    検出装置及び検出方法

  8. 【課題】精度よく被検出物を検出することができるセンサ、検出装置及び検出システムを提供する。【解決手段】実施形態によれば、電磁波の反射率又は透過率の変化によって被検出物を検出する検出装置によって前記電磁波を照射されるセンサは、第1の周期構造体と、第2の周期構造体と、を備える。第1の周期構造体は、反射率又は透過率の周波数特性において第1のピークに寄与する。第2の周期構造体...

    センサ、検出装置及び検出システム

  9. 【課題】 テラヘルツ波を用いて角層の水分量を測定する方法を提供する。【解決手段】 本発明に係る角層の水分量計測方法は、テラヘルツ波出射面であるプリズム表面に皮膚表面を接触させ、周波数が0.1THz以上3.0THz以下のテラヘルツ波を照射して吸収係数を求める工程を有する計測方法であって、屈折率が2.0以上、好ましくは2.5以上、さらに望ましくは3.0以上のプリズムを...

    テラヘルツ波を用いた皮膚角層水分量の計測方法