宮川直久 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】コスト低減と軽量化をおこない、ドアフレームへの取付けが容易であり、ドアフレームへの追従性と脱落防止に優れた自動車用ガラスランの製造方法を提供する。【解決手段】ガラスラン本体は、基体2と該基体の外周に被覆体3と突出部4とによって形成され、ポリプロピレン樹脂の該基体2は、底壁部7の両端にヒンジ部10を設けて一対の側壁部8が押出し成形された後に、該基体2には複数の切...

    自動車用ガラスランの製造方法

  2. 【課題】芯材の周囲の被覆体および保持部が熱可塑性エラストマーからなる押出し成形品をフランジに装着し、保持部の保持力が大きくなる押出し成形品を提供する。【解決手段】芯材を有する押出し成形品において、成形品本体1は長手方向に断面略U字形の芯材3と熱可塑性エラストマーの被覆体2によって形成され、該被覆体2には該芯材3の側部7、7の内側には各々突出した保持部4、4が形成され、...

    芯材を有する押出し成形品

  3. 【課題】芯材の周囲の被覆体および保持部が熱可塑性エラストマーからなる押出し成形品をフランジに装着し、保持部の保持力が大きくなる芯材を有する押出し成形品を提供する。【解決手段】成形品本体1は長手方向に断面略U字形の合成樹脂または金属からなる芯材3と熱可塑性エラストマーからなる被覆体2によって形成され、該被覆体2には保持部4、4が該芯材3の側部7、7の内側に形成され、該フ...

    芯材を有する押出し成形品

  4. 【課題】 コスト低減と軽量化を行い、ドアフレームへの取付けが容易であり、ドアフレームへの追従性と脱落防止に優れた自動車用ガラスランの製造方法を提供する。【解決手段】 ガラスランは、断面略U字形の基体と、該基体の外周に被覆体と滑り止め部とによって形成され、ポリプロピレン樹脂の該基体は、底壁部の両端にヒンジ部と側壁部とが断面略U字形に押出し成形された後に、該基体には複...

    自動車用ガラスランの製造方法